褒め方

私を含め、人は、他人から褒められると、嬉しいものです。

ですから、相手の良いところを見つけたら、積極的に褒めた方がよいですね。

しかし、人を褒めることは簡単なようで難しく、苦手意識を持っている人が意外に多いものです。

今回は褒め方にスポットを当てて、ノウハウを考えてみましょう。

褒め方は難しく考えることはありません。
まずはわかりやすいものから、ステップアップして考えるのがコツです。

まず思いつくのは姿かたち、ファッションなどの外見を褒めるのがステップ1です。

次に所属する会社、学歴等の属性、あるいは性格等の内面を褒めるのがステップ2です。

相手のことを知ることで、次第に深い部分を褒めることができます。

もう少し高度なものとなると、「○○に見えるのに○○なんですね」
と、見た目と内面のギャップを褒めるという方法があります。

外見や内面を直接褒めるよりもこちらのほうが高度であり、相手にも喜ばれます。

「私のことをよく見ていてくれる。よくわかってくれている」と感じてもらえます。

「褒めるのが苦手」だという人の中には
「わざとらしくなってしまいそう」
「本心ではないと思われ逆に不快感を与えてしまうのではないか」

といった不安から躊躇してしまう、という人がいます。

しかし、実はそんなことはほとんどありません。
たしかに、相手から褒められて

「社交辞令だな」
「本心じゃないな」

と感じることはあります。

しかし、そう思ったとしても、よほど的外れではないかぎり、嫌な気持ちにはならないものです。

少なくとも、私はそうです。

褒める際に最も大切なのは躊躇しないことです。

しかし、わざとらしさがどうしても気になるという人のために良い方法を一つお教えします。

それは裁判や交渉で弁護士が使う「誘導尋問」を応用する褒め方です。

誘導尋問とは、実際に聞きたい答えを引き出すため、一見関係ない質問をすることです。

たとえば
「あなたはお茶を飲んだとき右手で持ちましたか、左手で持ちましたか」
という質問をしたとします。

聞かれた方は「どっちだっけ」と考えますが、実はその時、本当に聞きたいのは手のことではなく、「お茶を飲んだこと」自体だったりします。

右か左を答えると、お茶を飲んだことは認めたことになるわけです。

さて、この理論を応用したほめ方は例えば次のようなものです。

「そのバッグは、すごくカッコいいですね。そろそろバッグを買い換えようと思っているのですが、そういうバッグが欲しいです。どこのブランドか、教えていただけますか?」

と質問してみるのです。

わざとらしくないですね。
どこにポイントが有るか、もうおわかりだと思います。

「どこのブランドか、教えていただけますか?」

という質問の形にはなっていますが、その前提として、相手が趣味の良いバッグを持っている、またその人がセンスがいい、というメッセージが隠れています。

ブランドを聞かれたのに、なぜか嬉しく感じます。
これならあまりわざとらしさは感じないのではないでしょうか。

つまり、質問をすると、相手は、その質問に答えようとします。
その質問に頭を支配されてしまうわけです。

そこで、その質問の前提に、褒め言葉を入れておくことによって、わざとらしさを薄めてしまうわけです。

褒め上手は雑談上手です。
褒めることに躊躇せず、いろいろな方向から、様々な手法で雑談を相手を褒めてみたいものです。

「人間は誰でもほめられることが好きなものだ」(リンカーン)

【編集後記】

今週は、弁護士会で弁護士対象のセミナー講師をします。

でも、法律ではなく、弁護士がセミナーをする方法についてお話をさせていただきます。

若い弁護士は、セミナー講師の依頼がどこから来て、どうやってセミナーのコンテンツを作っていくか、どうすればセミナー講師になれるのか、わからないということなので、そのような内容をお話させていただく予定です。

ということで、レジュメを作らなくてはっ!
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

話し方の関連記事
  • いかにズレているか?
  • 人を動かす4つの質問力
  • 夢をかなえる質問
  • 話してないのに雑談上手?
  • 会話が続くとっておきの方法
  • 話し合いは短い方がいいか?
おすすめの記事
反論せずに反論する方法
交渉
交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。 反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。 結果、話し合いが完全...
速読は必要か?
心構え
ビジネスパーソンの悩みとしてよく聞かれることに「読みたい本がたくさんあるが、時間がなくて読めない」というものがあります。 どうしたら速く本が...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 厚生労働省(平成16年度版 労働衛生白書)によると 食中毒事件を原因施設別に見ると、家庭を原因とする食中毒の割...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回のテーマにある「デトックス」という言葉。 これは「体の中にある毒を排出させる」という意味として広く知れ渡っ...
行動の断捨離はできない?
心構え
ビジネス誌や自己啓発書の定番のテーマの一つに「時間管理」があります。 「時間管理」という言葉の定義ははっきりとしていませんが、すべき仕事の優...
第三者に代理を頼むとき
交渉
交渉には、その結果に利害がある当事者がいます。 しかし、実際に交渉の席に着き、話し合いを行う人は、当事者以外の第三者であることが少なくありま...
精神疾患で労災認定
時事トピック
「48日間連続勤務、40代男性塾教室長が精神疾患で労災認定」(2018年11月27日産経新聞) 学習塾の40代の男性教室長が48日間連続勤務...
障害はマイナスではありません。
その他
ひとつの幸せのドアが閉じる時、 もうひとつのドアが開く。 しかし、よく私たちは 閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気付かない。 b...