寿司

「この世では、大きいことはできません。
 小さなことを、大きな愛でするだけです。」  マザー・テレサ

ある外国人がはじめてニギリ寿司を食べたときの話です。

日本人が喜んで食べる食物なので、
どんな味がするのかと期待していたのですが、
口に入れてがっかりしたそうです。

なんて味気ない食べ物だ、と感じたのです。

しかし幸い、近くにいた人がニギリ寿司には
醤油をつけて食べるものだと教えてくれました。

そのとおりに食べてみると、さっきとは打って変わって、
なんとおいしいこと。

それ以来、彼はニギリ寿司はもちろん、
醤油の大ファンになりました。

ところで塩も、
醤油のように料理の味付けには欠かせないものです。

塩の役目は、防腐や浄化もありますが、
まずは料理に味つけること。

わずかな塩が、その料理全体がおいしく味つけます。

その点は、醤油と同じなのですが、
塩は醤油のように目立つことがなく、
料理のなかに入れればとけて見えなくなります。

それでも、塩は自分の役目をきちんと果たしているのです。

塩や醤油がわずかの量で料理全体の味を変えるように、
私たちのわずかな言葉や行いが
一日の生活すべてを変えるということもあります。

朝、誰かにほめられた一言がうれしくて、
その日はすっと気持ちよく働ける。

誰かから言われた「ありがとう」という一言がうれして、
また明日もがんばろうというエネルギーがわいてくる。

 
たった一言でさえ、私たちを元気にするものです。

きっとよくなるヒント

ほんの小さなことで元気になれる。

[br num=”1″]

『元気がでる魔法の口ぐせ』が電子書籍になりました!
http://p.tl/e_XO 

『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』好評発売中
http://www.t-nakai.com/seibi.html

Facebook「友だちに伝えたい心得」の「いいね」が、11400人。(感謝です)
http://www.facebook.com/kokoroe90

編集後記

マザー・テレサの言葉

「わたしたちのすることは
大海のたった一滴の水に
すぎないかもしれません。

でも、その一滴の水があつまって
大海となるのです」

                            

読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんありますように。

Vol.927

人間関係の関連記事
  • 『ぐりとぐら』に学ぶ
  • 人と自分は違って当たり前
  • 笑顔がうれしい
  • 生まれてきたことを肯定する 続き
  • 生まれてきたことを肯定する
  • 一秒で幸せになれる言葉
おすすめの記事
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
無力感からの脱出
マインド
精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。 博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。 そのうち、ラッ...
我慢が忍耐力を低下させる
心構え
今回も時間の有効な使い方について解説します。 忍耐力についての面白い実験があります。 フロリダ州立大学のバウマイスター教授の意志力・忍耐力の...
交渉におけるしゃべりすぎの弊害
交渉
交渉において、起こりがちな失敗の一つが「しゃべりすぎ」。 自分に不利になるようなこと、しかもその場で言う必要のないことを口にしてしまい、交渉...
口べたの交渉術
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...
教えることの効用
心構え
ビジネスである程度経験を積み、スキルを身に付けると、職場で部下に指導するといった「教える」機会が増えます。 私も、職場ではもちろん、セミナー...
面接要領?
交渉
今、私の法律事務所で弁護士の採用活動をしており、先週、司法修習生(弁護士のタマゴ)の面接を行いました。 弁護士にも就職活動がある、ということ...