寿司

「この世では、大きいことはできません。
 小さなことを、大きな愛でするだけです。」  マザー・テレサ

ある外国人がはじめてニギリ寿司を食べたときの話です。

日本人が喜んで食べる食物なので、
どんな味がするのかと期待していたのですが、
口に入れてがっかりしたそうです。

なんて味気ない食べ物だ、と感じたのです。

しかし幸い、近くにいた人がニギリ寿司には
醤油をつけて食べるものだと教えてくれました。

そのとおりに食べてみると、さっきとは打って変わって、
なんとおいしいこと。

それ以来、彼はニギリ寿司はもちろん、
醤油の大ファンになりました。

ところで塩も、
醤油のように料理の味付けには欠かせないものです。

塩の役目は、防腐や浄化もありますが、
まずは料理に味つけること。

わずかな塩が、その料理全体がおいしく味つけます。

その点は、醤油と同じなのですが、
塩は醤油のように目立つことがなく、
料理のなかに入れればとけて見えなくなります。

それでも、塩は自分の役目をきちんと果たしているのです。

塩や醤油がわずかの量で料理全体の味を変えるように、
私たちのわずかな言葉や行いが
一日の生活すべてを変えるということもあります。

朝、誰かにほめられた一言がうれしくて、
その日はすっと気持ちよく働ける。

誰かから言われた「ありがとう」という一言がうれして、
また明日もがんばろうというエネルギーがわいてくる。

 
たった一言でさえ、私たちを元気にするものです。

きっとよくなるヒント

ほんの小さなことで元気になれる。

[br num=”1″]

『元気がでる魔法の口ぐせ』が電子書籍になりました!
http://p.tl/e_XO 

『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』好評発売中
http://www.t-nakai.com/seibi.html

Facebook「友だちに伝えたい心得」の「いいね」が、11400人。(感謝です)
http://www.facebook.com/kokoroe90

編集後記

マザー・テレサの言葉

「わたしたちのすることは
大海のたった一滴の水に
すぎないかもしれません。

でも、その一滴の水があつまって
大海となるのです」

                            

読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんありますように。

Vol.927

人間関係の関連記事
  • 『ぐりとぐら』に学ぶ
  • 人と自分は違って当たり前
  • 笑顔がうれしい
  • 生まれてきたことを肯定する 続き
  • 生まれてきたことを肯定する
  • 一秒で幸せになれる言葉
おすすめの記事
優しい言葉で説得する方法
交渉
交渉は、利害が対立する人同士が、それぞれの主張を通すために行うものです。 そのため、交渉の経験があまりない人は、当事者同士で激しい言葉の応酬...
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...
必殺の勉強法
成功体験
皆様の中には、資格試験にチャレンジしようと、毎日の勉強をされている方がいると思います。 そこで気になるのが「勉強法」についてです。 効率的な...
面接要領?
交渉
今、私の法律事務所で弁護士の採用活動をしており、先週、司法修習生(弁護士のタマゴ)の面接を行いました。 弁護士にも就職活動がある、ということ...
交渉
室町時代に「大和猿楽」の演者として活躍、父の観阿弥とともに、能楽の完成者として知られる世阿弥。 その思想を記した『風姿花伝』は、長く能楽論、...
公平にしないと・・・
交渉
弁護士は、様々な法的な問題について依頼を受けますが、その一つに、離婚問題があります。 弁護士に相談に来るケースでは、相当に話がもつれている案...
わずかなものでも全体を活性化する
人間関係
「この世では、大きいことはできません。  小さなことを、大きな愛でするだけです。」  マザー・テレサ ある外国人がはじめてニギリ寿司を食べた...
本題に入る前に
交渉
交渉では、様々な条件について、双方とも自分が納得できる、なるべく有利な合意に持ち込むことを目指して行われます。 そして、その駆け引きは、具体...