「携帯使い交通事故、依然多く=過去10年で2倍に-警察庁」
(2019年2月14日 時事通信)

警察庁が発表した、平成30年度の道路の交通に関する統計によると、2018(平成30)年の1年間で携帯電話の使用などに起因する交通事故が2790件に上ったことがわかった。

前年比では42件(1.5%)のマイナスだったが、過去10年間では2倍以上に増えており、依然として高水準にあるとしている。

内訳は、カーナビやテレビなどの画面注視中の事故が最多の1698件、スマートフォンの画面操作などが966件、通話中が144件だった。

また、死亡事故は42件、重傷事故が176件で、いずれも過去10年間でもっとも多かった。

関連サイト

交通事故慰謝料自動計算機(後遺障害編)

平成30年における交通死亡事故 の特徴等について(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
交渉におけるちゃぶ台返し
交渉
長い時間をかけた交渉が、様々な条件で合意を見て、いよいよ締結寸前。 しかし、交渉が佳境に入った状況で、何かのきっかけで相手が態度を急変させ、...
ノウハウ本で失敗する方法?
心構え
ノウハウ本で失敗する方法? 自己啓発本や成功ノウハウ本はたくさんありますが、そういったものを読む人の目的はほとんど、自分が成功するためのヒン...
決断する時間帯の不思議
交渉
1日のうちのどの時間を、どのような作業にあてればいいのか、についての一つの基準を提示します。 コロンビア大学のジョナサン・レヴァブとベングリ...
ドローンの飲酒操縦禁止へ
時事トピック
「ドローン、飲酒操縦禁止へ 国交省が航空法改正視野」 (2019年1月22日 産経新聞) 小型無人機「ドローン」の操縦について、飲酒した場合...
優しい言葉で説得する方法
交渉
交渉は、利害が対立する人同士が、それぞれの主張を通すために行うものです。 そのため、交渉の経験があまりない人は、当事者同士で激しい言葉の応酬...