「携帯使い交通事故、依然多く=過去10年で2倍に-警察庁」
(2019年2月14日 時事通信)

警察庁が発表した、平成30年度の道路の交通に関する統計によると、2018(平成30)年の1年間で携帯電話の使用などに起因する交通事故が2790件に上ったことがわかった。

前年比では42件(1.5%)のマイナスだったが、過去10年間では2倍以上に増えており、依然として高水準にあるとしている。

内訳は、カーナビやテレビなどの画面注視中の事故が最多の1698件、スマートフォンの画面操作などが966件、通話中が144件だった。

また、死亡事故は42件、重傷事故が176件で、いずれも過去10年間でもっとも多かった。

関連サイト

交通事故慰謝料自動計算機(後遺障害編)

平成30年における交通死亡事故 の特徴等について(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
なぜ紙に書くか
マインド
さて、今回はあなたに実験をしていただきたいと思います。 実際にやらないと、読む意味は全くありません。 といっても、30秒くらいで終わります。...
人と自分は違って当たり前
人間関係
人と比べられる子どもは自分を好きになれません。 自分のやることに自信がもてず、いつも劣等感を抱いて、 どうせ自分はダメなんだと思ってしまいま...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は「酵素ドリンク」を取り上げています。 さて、酵素ドリンクのほとんどがダイエット効果をイメージさせるもので...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 地球温暖化とともに、例年残暑が厳しいですね。 暑さ寒さも彼岸まで、と言われていますがここ数年は9月末まで暑さが...
抽象的か、具体的か?どっち?
心構え
皆様は、それぞれの職業で、技術や業務の習得のための勉強をしていることと思います。 新入社員の時や、仕事の内容が変わった時、毎日の仕事をこなす...
問題に出会っても大丈夫
その他
これまでとは違う新しいことにチャレンジするとき、必ず障害が立ちはだかります。 でも、障害を前にしても恐れることはありません。 恐れず立ち向か...