「協力隊パワハラ訴訟和解 町が50万円支払い、三重」
(2019年3月25日 産経新聞)

町職員のパワハラで仕事ができなくなったとして、三重県南伊勢町の地域おこし協力隊員だった京都市の30代の女性が町に約310万円の損害賠償を求めた訴訟について、津地裁で和解が成立した。

訴状によると、女性は隊員に任命され町の臨時職員になった2016(平成28)年7月、町指定の住宅が築40年程度と古かったため入居しなかったところ、町職員らは代わりの住宅を確保しないなどの嫌がらせを繰り返したという。

そのため、女性は心身のストレスなどが原因となり、同年11月に休職したとしている。

女性は記者会見で、「一定の決着ができて肩の荷が下りた。町は反省して同じようなことがないようにしてほしい」と話した。

原告側によると、町が和解金50万円を支払うという。

関連サイト

これは、酷い!パワハラ自殺で5790万円

パワハラ基本情報(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
インスタ成り済ましと発信者情報開示
時事トピック
「米FBに情報開示命じる インスタ成り済まし」 (2019年3月7日 産経新聞) 九州地方でインターネット関連会社を経営する30代の男性が、...
自転車のひき逃げ事故
時事トピック
「転倒事故誘発し逃走 容疑で自転車の男を逮捕」(2018年12月6日 産経新聞) 大阪府警曽根崎署は、大阪市北区の派遣社員の男(32)を重過...
本番に強くなる方法とは?
マインド
世の中には「ここぞ」という場面で自分の力を100%出し切れる「本番に強い」と言われる人がいます。 逆に、本番になると緊張してしまい、本来の力...
断固たる拒絶にあったら?
交渉
交渉は、利害が異なるもの同士が諸条件をすり合わせ、何らかの合意を目指すものであり、対立点があっても粘り強く進める必要があります。 しかし、交...
速読は必要か?
心構え
ビジネスパーソンの悩みとしてよく聞かれることに「読みたい本がたくさんあるが、時間がなくて読めない」というものがあります。 どうしたら速く本が...
パワハラ訴訟で和解
時事トピック
「協力隊パワハラ訴訟和解 町が50万円支払い、三重」 (2019年3月25日 産経新聞) 町職員のパワハラで仕事ができなくなったとして、三重...
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...
口べたの交渉術
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...