「自転車を飲酒運転…重傷負わす 埼玉県主査、停職1カ月」
(2019年3月22日 産経新聞)

自転車を飲酒運転したうえに、赤信号であるにもかかわらず進行してバイクを運転していた男性に重傷を負わせたとして、埼玉県は男性主査を停職1ヵ月の懲戒処分とした。

事故が起きたのは、2018(平成30)年7月21日(土)の午後9時頃。
埼玉県人事課によると、男性主査は自転車を飲酒運転し、さいたま市中央区で赤信号を横断して進み、バイクの男性と衝突。
被害者男性は転倒した際に右胸を骨折し、全治35日間の診断を受けた。

当日は、昼頃からビールやハイボールなど約10杯飲んでいたというが、男性主査は当初、飲酒の事実を隠していた。
ところが、同年7月30日になって飲酒の事実を明かしたという。

同課は、以前から男性主査は業務中に二日酔いの症状がみられ、県からアルコール依存症などの専門外来受診を勧められたことがあったしている。

なお、主査は重過失傷害の罪で、さいたま簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、すでに納付しているという。

関連サイト

「交通事故の相場と示談金増額法」

「平成29年度 自転車の交通指導取締り状況」(警察庁)

「自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転~」(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
精神疾患で労災認定
時事トピック
「48日間連続勤務、40代男性塾教室長が精神疾患で労災認定」(2018年11月27日産経新聞) 学習塾の40代の男性教室長が48日間連続勤務...
心身ともに元気で
仕事
「願いはするが無理はしない。努力はしても天命に従う。 これが疲れないこつである。」 松下幸之助 現代では、「うつ病」や「うつ状態」の人が多く...
我慢が忍耐力を低下させる
心構え
今回も時間の有効な使い方について解説します。 忍耐力についての面白い実験があります。 フロリダ州立大学のバウマイスター教授の意志力・忍耐力の...
winwinの弊害?
交渉
私が交渉に関する書籍などで繰り返し書いていることで、私の「交渉論」の根本に流れる思想があります。 それは「交渉は勝ち負けではない」ということ...
健康
こんにちは 管理栄養士の菊池真由子です。 まだまだ、インフルエンザが大流行。 しかも、インフルエンザから風邪に移行してしまう人が増え、 イン...
仕事と体調
心構え
「体は資本」という言葉がありますが、仕事をする上で、健康が大切であることはだれしもが感じることでしょう。 とくに年齢を重ねてくると、仕事の出...