「自転車を飲酒運転…重傷負わす 埼玉県主査、停職1カ月」
(2019年3月22日 産経新聞)

自転車を飲酒運転したうえに、赤信号であるにもかかわらず進行してバイクを運転していた男性に重傷を負わせたとして、埼玉県は男性主査を停職1ヵ月の懲戒処分とした。

事故が起きたのは、2018(平成30)年7月21日(土)の午後9時頃。
埼玉県人事課によると、男性主査は自転車を飲酒運転し、さいたま市中央区で赤信号を横断して進み、バイクの男性と衝突。
被害者男性は転倒した際に右胸を骨折し、全治35日間の診断を受けた。

当日は、昼頃からビールやハイボールなど約10杯飲んでいたというが、男性主査は当初、飲酒の事実を隠していた。
ところが、同年7月30日になって飲酒の事実を明かしたという。

同課は、以前から男性主査は業務中に二日酔いの症状がみられ、県からアルコール依存症などの専門外来受診を勧められたことがあったしている。

なお、主査は重過失傷害の罪で、さいたま簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、すでに納付しているという。

関連サイト

「交通事故の相場と示談金増額法」

「平成29年度 自転車の交通指導取締り状況」(警察庁)

「自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転~」(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
  • 自転車の飲酒運転で罰金30万円
  • 毎月勤労統計調査の誤りによる労災保険の過少給付
  • 酔って死亡の客を路上に放置
  • ゼブラゾーンでの駐車の危険性
  • セクハラで労災申請
おすすめの記事
動きで怒りを制御する方法
マインド
今回は、怒りのコントロールについてです。 怒りを感じた時、怒りを発散するため、サンドバッグを叩いたり、思いっきり怒鳴ってみたり、という方法は...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 自分では気づかないけれど周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭ですね。 口臭の原因には、胃の不調や虫歯、歯周...
教えることの効用
心構え
ビジネスである程度経験を積み、スキルを身に付けると、職場で部下に指導するといった「教える」機会が増えます。 私も、職場ではもちろん、セミナー...
winwinの弊害?
交渉
私が交渉に関する書籍などで繰り返し書いていることで、私の「交渉論」の根本に流れる思想があります。 それは「交渉は勝ち負けではない」ということ...
必ず企画を通す方法
交渉
上司や取引先に対して、絶対に通さなくてはならない企画や商談があるとき、あなたはどうしますか? もちろん、練りに練ったプレゼンテーションを、熱...