「自転車を飲酒運転…重傷負わす 埼玉県主査、停職1カ月」
(2019年3月22日 産経新聞)

自転車を飲酒運転したうえに、赤信号であるにもかかわらず進行してバイクを運転していた男性に重傷を負わせたとして、埼玉県は男性主査を停職1ヵ月の懲戒処分とした。

事故が起きたのは、2018(平成30)年7月21日(土)の午後9時頃。
埼玉県人事課によると、男性主査は自転車を飲酒運転し、さいたま市中央区で赤信号を横断して進み、バイクの男性と衝突。
被害者男性は転倒した際に右胸を骨折し、全治35日間の診断を受けた。

当日は、昼頃からビールやハイボールなど約10杯飲んでいたというが、男性主査は当初、飲酒の事実を隠していた。
ところが、同年7月30日になって飲酒の事実を明かしたという。

同課は、以前から男性主査は業務中に二日酔いの症状がみられ、県からアルコール依存症などの専門外来受診を勧められたことがあったしている。

なお、主査は重過失傷害の罪で、さいたま簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、すでに納付しているという。

関連サイト

「交通事故の相場と示談金増額法」

「平成29年度 自転車の交通指導取締り状況」(警察庁)

「自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転~」(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
決断する時間帯の不思議
交渉
1日のうちのどの時間を、どのような作業にあてればいいのか、についての一つの基準を提示します。 コロンビア大学のジョナサン・レヴァブとベングリ...
仕事と体調
心構え
「体は資本」という言葉がありますが、仕事をする上で、健康が大切であることはだれしもが感じることでしょう。 とくに年齢を重ねてくると、仕事の出...
口べたの交渉術
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...
質問すれば、真意を聞ける
心構え
先日、就職雑誌から取材を受けました。 就職雑誌の取材は初めてですね。 弁護士には縁がなさそうな印象だと思います。 取材内容は、質問力について...
思い切り泣いていますか?
その他
「泣きながらパンを食べたことのない者、 夜な夜な涙で枕をぬらしたことのない者には、 人生の本当の味はわからない」 ゲーテ『ヴィルヘルム・マイ...
必殺の勉強法
成功体験
皆様の中には、資格試験にチャレンジしようと、毎日の勉強をされている方がいると思います。 そこで気になるのが「勉強法」についてです。 効率的な...
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
精神疾患で労災認定
時事トピック
「48日間連続勤務、40代男性塾教室長が精神疾患で労災認定」(2018年11月27日産経新聞) 学習塾の40代の男性教室長が48日間連続勤務...