「”セクハラでPTSDに“貴金属社員が労災申請」
(2019年2月8日産経新聞)

貴金属会社の工場に勤める女性社員が、上司のセクハラで心的外傷後ストレス障害(PTSD)となり、休職を余儀なくされたとして、神奈川県の平塚労働基準監督署に労災を申請したことが、弁護士と女性が加入する労働組合が東京都内で記者会見したことで明らかになった。

弁護士によると、女性は2011(平成23)年に入社し、2015(平成27)年頃から工場長にパワハラを受けるようになったほか、別の上司から性的関係を求められ、体調を崩したという。

2016年(平成28)年9月に休職し、病院で適応障害の診断を受けたため、会社に対しパワハラとセクハラの調査や異動を求めたところ
、会社は2018(平成30)年3月に、回復した女性を休職前と同じ部署に復帰させたという。

その後、職場の懇談会後にさらに別の上司から性的関係を求められるセクハラを受け、精神的なショックで再び休職せざるを得なくなったとしている。

関連サイト

「労働災害(労災)で適切に後遺障害が認定される人、されない人の違いとは?」

「職場でのハラスメントでお悩みの方へ(セクシャルハラスメント/妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント/パワーハラスメント」(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
ウサギとカメの真実
心構え
今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。 ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話...
winwinの弊害?
交渉
私が交渉に関する書籍などで繰り返し書いていることで、私の「交渉論」の根本に流れる思想があります。 それは「交渉は勝ち負けではない」ということ...
事前準備が足りない・・・
心構え
交渉をする際、最も強力な武器となるのが相手に関する「情報」。 しかし交渉を始める前は、自分の要望はわかっていますが、相手が何を望んでいるかな...
生まれてきたことを肯定する 続き
人間関係
人や物事に感謝できる人は、「自己肯定感」の高い人です。 たとえどんなことがあろうと、どんな状態であろうと、   「自分は生きるに値する人間だ...
続けるための1つの方法
マインド
資格試験や語学、あるいはダイエット等の成功の絶対条件は「継続」。 しかし、わかってはいても、「どうしても続かない」という悩みを持っている方は...
減量終わりました
成功体験
先週まで減量をしていました。 半年で約13キロの減量でした。 減量方法は、「食事」と「運動」です。 減量方針としては、 ●仕事に支障がないよ...
過労運転の下命
時事トピック
「社員運転手に過労運転させた容疑2カ月間連続で勤務、死亡事故も運送会社社長を逮捕警視庁」(毎日新聞) 警視庁葛飾署は、社員のトラック運転手に...