「あおり関連の摘発1万件超 カーナビ、スマホ注視微減」
(2019年2月14日 日本経済新聞)

2018(平成30)年に、道路交通法違反の「車間距離不保持」で摘発された事案が1万1793件あったことが警察庁の集計でわかった。

車間距離不保持は、いわゆる「あおり運転」となり、近年、社会問題化している。
あおり運転は、2017(平成29)年の6139件件からほぼ倍増しており、取り締りを強化した影響と考えられる。

2018年の交通事故の集計では、カーナビやスマートフォンなどを見ていて起きた事故は計2790件と年々増加していたが、前年に比べ42件減少した。
主な内訳を見ると、カーナビやテレビの注視中の事故が約1700件と過半数を占め、スマホや携帯電話を見ていて起きた事故は約970件だった。

その他、飲酒死亡事故は198件で横ばい傾向、また交通事故による死傷者のうち後部座席のシートベルト着用は、一般道で65.6%、高速道で86.0%となっており、前年と比較して大きな変化は見られなかった。

警察庁は2018年1月、全国の警察に対し、悪質で危険な運転行為に法令を駆使して対処するよう指示。
取り締まりが強化されたことで、割り込みや急ブレーキなどの危険運転に刑法を適用したケースが増えている。

関連サイト

「交通事故の示談交渉で被害者が避けておきたい7つのこと」

「平成30年中の交通事故死者数について」(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 毎月勤労統計調査の誤りによる労災保険の過少給付
  • 酔って死亡の客を路上に放置
  • ゼブラゾーンでの駐車の危険性
  • セクハラで労災申請
  • 公園の占用許可緩和を強要容疑
  • あおり運転の摘発1万件超
おすすめの記事
思い切り泣いていますか?
その他
「泣きながらパンを食べたことのない者、 夜な夜な涙で枕をぬらしたことのない者には、 人生の本当の味はわからない」 ゲーテ『ヴィルヘルム・マイ...
反論せずに反論する方法
交渉
交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。 反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。 結果、話し合いが完全...
マインド
資格取得、英語の習得、あるいはダイエット、筋トレ等々、人は様々な目標を持ち、そのための行動を始めます。 そして、その多くは挫折します。 この...
障害はマイナスではありません。
その他
ひとつの幸せのドアが閉じる時、 もうひとつのドアが開く。 しかし、よく私たちは 閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気付かない。 b...
ミスをしても素直だと成長できる
仕事
上司から叱られると、逆ギレしたり、すぐに会社を やめてしまう若者が多いそうです。 馴れていない仕事では、ミスをするのは当たり前。 私たちは、...
夢をはっきりと紙に書く。
その他
「明確な目標や願望を持たない人に、成功はあり得ない。」 ナポレオン・ヒル 夢を紙に書くと現実になる、と多くの成功者が言います。 皆さん、実体...
違法ダウンロード、罰則拡大へ
時事トピック
「違法ダウンロード、罰則拡大へ 文化庁、漫画や小説も対象」(2018年12月7日共同通信) インターネット上で違法に配信されたと知りながら、...