「ダブルワークでうつ病 “労災1社分だけ算定は違法”と男性が国を提訴」
(2019年1月9日 毎日新聞)

労災保険の休業補償金を1社分だけの賃金に基づいて算定したのは違法だとして、契約社員として2社で働き、長時間労働でうつ病を発症した大阪府の男性(49)が国に給付決定の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。

訴状などによると、経緯は次の通り。

・2014(平成26)年2月、男性はガソリンスタンドの運営会社に契約社員として入社。

・男性は、大阪府内のスタンド2店で週6日勤務。さらに、関連会社の契約社員として同じ店舗で週2日の勤務をするようになった。

・休日はなく、夜から翌朝まで働き、2社分の仕事では150日以上の連続勤務や、1ヵ月で134時間にも及ぶ時間外労働があった。

・同年6月、男性はうつ病を発症。運営会社での長時間労働やパワハラが原因だとして、翌2015年に労災認定を受けた。

・しかし、労働基準監督署で休業補償金の算定基準となったのは運営会社の賃金だけで、関連会社分は認められなかった。

男性は、「ダブルワークは会社に言われて断れなかった。その賃金が補償されないと安心して働けない」、「ダブルワークでは両方の賃金に対して補償すべきだ」と訴えているという。

労災制度では、原則、賃金の8割分が休業補償金として支給されるが、基準となるのは病気やケガの原因となった1社分の賃金だけで、副業分は除外される仕組みになっている。

関連サイト

「弁護士による労働災害SOS」

「労災保険関係」(厚生労働省東京労働局)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
埋没したコスト?
交渉
埋没コスト、という言葉をご存じでしょうか。 これは、すでに投下してしまって回収不可能なコストのことです。 たとえば、あるコンサートに行こうと...
なぜ運の良い人の近くに?
心構え
先日、ある人に「どうして社長についていこうと思ったのですか?」と質問したところ、「社長は運がいいから」と帰ってきました。 なるほど、ビジネス...
生まれてきたことを肯定する 続き
人間関係
人や物事に感謝できる人は、「自己肯定感」の高い人です。 たとえどんなことがあろうと、どんな状態であろうと、   「自分は生きるに値する人間だ...
健康
こんにちは! 管理栄養士の菊池真由子です。 気温が下がってくるとグラタンやシチューのような濃厚な味が美味しく感じられるようになります。 ピザ...
褒め方のススメ
話し方
私を含め、人は、他人から褒められると、嬉しいものです。 ですから、相手の良いところを見つけたら、積極的に褒めた方がよいですね。 しかし、人を...
従業員腕切断で労働安全衛生法違反
時事トピック
「サバ加工機に腕挟まれ重傷水産加工業者を書類送検」 銚子労働基準監督署は、魚の加工用機械を停止しないまま内部を掃除させ、従業員の男性(46)...