「ダブルワークでうつ病 “労災1社分だけ算定は違法”と男性が国を提訴」
(2019年1月9日 毎日新聞)

労災保険の休業補償金を1社分だけの賃金に基づいて算定したのは違法だとして、契約社員として2社で働き、長時間労働でうつ病を発症した大阪府の男性(49)が国に給付決定の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。

訴状などによると、経緯は次の通り。

・2014(平成26)年2月、男性はガソリンスタンドの運営会社に契約社員として入社。

・男性は、大阪府内のスタンド2店で週6日勤務。さらに、関連会社の契約社員として同じ店舗で週2日の勤務をするようになった。

・休日はなく、夜から翌朝まで働き、2社分の仕事では150日以上の連続勤務や、1ヵ月で134時間にも及ぶ時間外労働があった。

・同年6月、男性はうつ病を発症。運営会社での長時間労働やパワハラが原因だとして、翌2015年に労災認定を受けた。

・しかし、労働基準監督署で休業補償金の算定基準となったのは運営会社の賃金だけで、関連会社分は認められなかった。

男性は、「ダブルワークは会社に言われて断れなかった。その賃金が補償されないと安心して働けない」、「ダブルワークでは両方の賃金に対して補償すべきだ」と訴えているという。

労災制度では、原則、賃金の8割分が休業補償金として支給されるが、基準となるのは病気やケガの原因となった1社分の賃金だけで、副業分は除外される仕組みになっている。

関連サイト

「弁護士による労働災害SOS」

「労災保険関係」(厚生労働省東京労働局)

時事トピックの関連記事
  • 毎月勤労統計調査の誤りによる労災保険の過少給付
  • 酔って死亡の客を路上に放置
  • ゼブラゾーンでの駐車の危険性
  • セクハラで労災申請
  • 公園の占用許可緩和を強要容疑
  • あおり運転の摘発1万件超
おすすめの記事
ゼブラゾーンでの駐車の危険性
時事トピック
「ゼブラゾーンの駐車、はらむ危険止めやすい心理?追突死も」 (2019年2月14日共同通信) 2018(平成30)年の秋、大阪府で道路のゼブ...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は、巷で注目されている『花粉症に効くお茶』について、調べてみました。 取り上げるお茶は、平成12年度厚生労...
心理を誘導する方法
交渉
雑誌プレジデントの2017年3月20号のタイトルは、「つまらない事ばかり、なぜ考えるか?」というものでした。 なぜか、わかりますか? 興味を...
ほめるか、叱るか
心構え
人を育てる方法は、ビジネスにおいて大きな課題の一つ。 大きく分けて「ほめて育てた方が良い」「厳しく育てた方が良い」という二つの相反する考えが...
仕事と体調
心構え
「体は資本」という言葉がありますが、仕事をする上で、健康が大切であることはだれしもが感じることでしょう。 とくに年齢を重ねてくると、仕事の出...
車の名義貸しにも損害賠償責任
時事トピック
「車の名義貸し“事故時に賠償責任負う”最高裁判断」(2018年12月17日日本経済新聞) 自動車の名義貸しに関わる賠償責任について争われた訴...
『ぐりとぐら』に学ぶ
人間関係
「目の前にいるかわいい子どもたちを 喜ばせたいと思って・・・」 絵本作家なかがわ りえこ この頃、絵本にこっています。 前にも紹介したことが...