「ドローン、飲酒操縦禁止へ 国交省が航空法改正視野」
(2019年1月22日 産経新聞)

小型無人機「ドローン」の操縦について、飲酒した場合は禁止する方向で国土交通省が検討を始めた。

近年、ドローンの飛行が拡大していることを踏まえ、同省は安全確保策のルール作りを急いでおり、法改正も視野に入れているという。

現行の「航空法」では、旅客機や自家用機などの有人機において、アルコールの影響で正常運航ができない場合の乗務を禁じている。

一方、ドローン操縦で飲酒を規制する規定はないことから、同省は飲酒状態でのドローンの操縦についても同様の規制を図る。

安全対策を強化するため、飛行前の機体点検の義務化や事故発生時の立ち入り検査の実施などについても同様に検討していく考えだという。

2015(平成27)年、首相官邸の屋上でドローンが見つかった事件をきっかけに、現在では住宅密集地や空港周辺などでのドローンの無許可飛行は法令で禁止されている。

関連サイト

「ドローンを飛ばす時の法規制について」

「航空法」(e-Gov)

時事トピックの関連記事
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
  • 自転車の飲酒運転で罰金30万円
  • 毎月勤労統計調査の誤りによる労災保険の過少給付
  • 酔って死亡の客を路上に放置
  • ゼブラゾーンでの駐車の危険性
  • セクハラで労災申請
おすすめの記事
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
断固たる拒絶にあったら?
交渉
交渉は、利害が異なるもの同士が諸条件をすり合わせ、何らかの合意を目指すものであり、対立点があっても粘り強く進める必要があります。 しかし、交...
労災休業中の退職勧奨
時事トピック
「労災休業中に勤務先が退職勧奨高齢者「使いつぶし広がる」」(2018年12月20日共同通信) 清掃作業中に階段から転落し、大ケガを負った千葉...
運転中の携帯、罰則強化
時事トピック
「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信) 自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用につい...
笑顔がうれしい
人間関係
笑うとストレスも発散されることが 医学的に証明されています。 心のモヤモヤやイライラが 笑いで吹っ飛んでしまいます。 あなたが笑うのはどんな...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 自分では気づかないけれど周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭ですね。 口臭の原因には、胃の不調や虫歯、歯周...