「ドローン、飲酒操縦禁止へ 国交省が航空法改正視野」
(2019年1月22日 産経新聞)

小型無人機「ドローン」の操縦について、飲酒した場合は禁止する方向で国土交通省が検討を始めた。

近年、ドローンの飛行が拡大していることを踏まえ、同省は安全確保策のルール作りを急いでおり、法改正も視野に入れているという。

現行の「航空法」では、旅客機や自家用機などの有人機において、アルコールの影響で正常運航ができない場合の乗務を禁じている。

一方、ドローン操縦で飲酒を規制する規定はないことから、同省は飲酒状態でのドローンの操縦についても同様の規制を図る。

安全対策を強化するため、飛行前の機体点検の義務化や事故発生時の立ち入り検査の実施などについても同様に検討していく考えだという。

2015(平成27)年、首相官邸の屋上でドローンが見つかった事件をきっかけに、現在では住宅密集地や空港周辺などでのドローンの無許可飛行は法令で禁止されている。

関連サイト

「ドローンを飛ばす時の法規制について」

「航空法」(e-Gov)

時事トピックの関連記事
  • あおり運転の摘発1万件超
  • ダブルワークで労災1社分だけ算定は違法?
  • ドローンの飲酒操縦禁止へ
  • 従業員腕切断で労働安全衛生法違反
  • 車の名義貸しにも損害賠償責任
  • 違法ダウンロード、罰則拡大へ
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 アメリカ発の「スムージー」がブームなっていますが、そもそもスムージーとは、製法からして飛び抜けて目新しいもので...
競走馬の逃走、車破損事件
時事トピック
「「馬と衝突」110番競走馬が逃走し車を破損佐賀」(2018年12月13日毎日新聞) 佐賀県鳥栖市の市道で、軽乗用車を運転していた男性(40...
「結論から話せ」は正しいか?
話し方
「話し方」の書籍などを読むと、人を説得したり、わかりやすく話したりするためのテクニックが書いてあります。 話し方の本は、様々な分野で活躍して...
非日常の時間をもつ
人間関係
旅はどんなに私に生々としたもの、 新しいもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。 旅に出さえすると私はいつも本当の私となった 田山...
敵滅んで喜ぶか?
ライバル
三方原の戦いをご存じですか? 徳川家康が、武田信玄にケチョンケチョンに敗北した戦いです。 1572年です。 徳川家康最大の敗北、とも言われて...
いかにズレているか?
話し方
相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。 「この自動車は、あなたの人生を変えま...
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...