「車の名義貸し“事故時に賠償責任負う”最高裁判断」(2018年12月17日日本経済新聞)

自動車の名義貸しに関わる賠償責任について争われた訴訟の上告審判決が最高裁であった。

これは、自分名義で車を所有できない生活保護受給者が、他人に名義を借りて車を購入して事故を起こした場合、名義を貸した人に賠償責任があるかどうかが争われたもので、最高裁は「名義貸しは、運転に伴う危険の発生に影響した。監視、監督すべきだった」として、賠償責任を負うとの判断を示した。

賠償請求を受けたのは岡山市の男性。
生活保護を受給していた姉に頼まれて名義を貸していた2014年、岡山県倉敷市の市道で、姉が運転する車が前方の車に追突し、乗っていた男女が首などにケガを負う交通事故を起こしたという。

判決では、「姉は車を所有すると生活保護を受給できなくなると考えていた」と指摘。

また、男性は姉からの依頼を承諾したとして、「賠償責任を負う立場に当たる」と判断し、責任を否定した二審広島高裁岡山支部判決を破棄し、賠償額を算定するよう審理を差し戻した。

車の所有者が他人であるケースは、原則として車の運転が認められていない生活保護受給者などに多いとみられており、他人名義の車を運転中の事故を巡る訴訟も多いという。

実際の裁判では、車の名義人と運転者の関係性など個々の事情ごとに賠償責任が判断されるが、今回の最高裁判決は安易な車の名義貸しに警鐘を鳴らす判決といえる。

関連サイト

交通事故被害で裁判して得する人、損する人

他人名義の車で自動車保険に加入できるの?(イーデザイン損保)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 地球温暖化とともに、例年残暑が厳しいですね。 暑さ寒さも彼岸まで、と言われていますがここ数年は9月末まで暑さが...
酔って死亡の客を路上に放置
時事トピック
「酔って死亡の客を路上に放置容疑 キャバクラ店長ら逮捕」 (2019年2月21日 朝日新聞) 警視庁は、酒に酔って死亡したキャバクラ店の客の...
失敗を恐れない
その他
全米を感動させた有名な広告文です。 君はこれまで何度も失敗した きっと覚えてはいないだろうが はじめて歩こうとしたあの時 君は転んでしまった...
過労運転の下命
時事トピック
「社員運転手に過労運転させた容疑2カ月間連続で勤務、死亡事故も運送会社社長を逮捕警視庁」(毎日新聞) 警視庁葛飾署は、社員のトラック運転手に...
仲良しと仕事をする時の注意点
心構え
ビジネスにおいて、人間関係が円滑であることは言うまでもなく重要。 一緒に仕事をする人が、仲が良いに越したことはありません。 しかし反対に、ま...
非日常の時間をもつ
人間関係
旅はどんなに私に生々としたもの、 新しいもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。 旅に出さえすると私はいつも本当の私となった 田山...
危険運転致死罪で懲役11年
時事トピック
「危険運転で懲役11年確定北海道の飲酒死亡事故」(2018年12月12日産経新聞) 2017(平成29)年11月、北海道登別市の道道で乗用車...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 暑い日が続くと 「お米のご飯がのどをとおりにくくなる」 という現象がおきます。 そこで、外食ではお好み焼きやパ...