「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信)

自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用について、警察庁は罰則を強化するとともに反則金の限度額を引き上げる道交法改正試案を発表した。

現在、「5万円以下の罰金」の罰則を「6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に変更し、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、現在の「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」とする。

反則金の限度額については、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円に引き上げる。
なお、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、反則金の対象から外し、刑事手続きのみとする。

運転中の携帯電話の使用は交通反則通告制度により、一定期間内に反則金を納めれば刑事手続きの対象とはならない。

警察庁によると、ほとんどの場合は反則金が支払われているという。

しかし、携帯電話の使用などに起因する交通事故件数は2017(平成29)年に2832件となり、2012(平成24)年の1935件の約1.5倍に増加している。

愛知県では2016(平成28)年に、スマートフォンのゲームをしながら運転していたトラックに小学生がはねられ死亡した事故があったが、遺族らの要望もあり、罰則強化が必要と判断したという。

警察庁は、来年の通常国会に提出し、来年中の施行を目指すとしている。

関連サイト

「交通事故を弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点│交通事故弁護士SOS」

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 毎月勤労統計調査の誤りによる労災保険の過少給付
  • 酔って死亡の客を路上に放置
  • ゼブラゾーンでの駐車の危険性
  • セクハラで労災申請
  • 公園の占用許可緩和を強要容疑
  • あおり運転の摘発1万件超
おすすめの記事
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
交渉を整理するには?
交渉
交渉には、話し合うべき大小様々な争点があります。 争点に一つ一つ合意を積み重ね、パズルのように組み合わせることで全体の合意に至ります。 ここ...
勤務間インターバル制度
時事トピック
「勤務間休息は「8~12時間」に厚労省検討委が報告書」(2018年12月5日朝日新聞) 厚生労働省の有識者検討会は、仕事を終えてから次に働き...
言葉はブーメラン
人間関係
悪口、陰口を言っていると、気分が晴れることがあります。 第三者はそれを聞いて、喜ぶことがよくあります。 でも、それは一時的なものです。 悪口...
人と自分は違って当たり前
人間関係
人と比べられる子どもは自分を好きになれません。 自分のやることに自信がもてず、いつも劣等感を抱いて、 どうせ自分はダメなんだと思ってしまいま...
交渉の権限はどこまでか?
交渉
今回は、交渉における決定権限についてお話します。 交渉の場で、頻繁に使われる「常套句」といえるものがあります。 よく使われる言葉は、使われる...