「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信)

自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用について、警察庁は罰則を強化するとともに反則金の限度額を引き上げる道交法改正試案を発表した。

現在、「5万円以下の罰金」の罰則を「6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に変更し、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、現在の「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」とする。

反則金の限度額については、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円に引き上げる。
なお、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、反則金の対象から外し、刑事手続きのみとする。

運転中の携帯電話の使用は交通反則通告制度により、一定期間内に反則金を納めれば刑事手続きの対象とはならない。

警察庁によると、ほとんどの場合は反則金が支払われているという。

しかし、携帯電話の使用などに起因する交通事故件数は2017(平成29)年に2832件となり、2012(平成24)年の1935件の約1.5倍に増加している。

愛知県では2016(平成28)年に、スマートフォンのゲームをしながら運転していたトラックに小学生がはねられ死亡した事故があったが、遺族らの要望もあり、罰則強化が必要と判断したという。

警察庁は、来年の通常国会に提出し、来年中の施行を目指すとしている。

関連サイト

「交通事故を弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点│交通事故弁護士SOS」

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 地球温暖化とともに、例年残暑が厳しいですね。 暑さ寒さも彼岸まで、と言われていますがここ数年は9月末まで暑さが...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回のテーマにある「デトックス」という言葉。 これは「体の中にある毒を排出させる」という意味として広く知れ渡っ...
敵が味方になる方法?
交渉
皆さんは「交渉相手はパートナーである」という言葉を聞いてどのような印象を持つでしょうか。 なんとなく「きれいごとを言っているな」と感じるので...
無力感からの脱出
マインド
精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。 博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。 そのうち、ラッ...
簡単に説得力を増す方法
交渉
相手に何かを依頼したい時に、「イエス」という答えを引き出す確率を高める方法があります。 といっても、言い方だとかのテクニックではありません。...
疲れをいやす
その他
疲れちょると思案がどうしても滅入る。 よう寝足ると猛然と自信がわく。 坂本龍馬  頑張れば、誰だって疲れます。 100メートルを全力疾走すれ...
公園の占用許可緩和を強要容疑
時事トピック
「露天商、代々木公園の占用許可緩和を強要容疑で逮捕」 (2019年1月28日 産経新聞) 警視庁組織犯罪対策3課は、東京都渋谷区の代々木公園...