「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信)

自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用について、警察庁は罰則を強化するとともに反則金の限度額を引き上げる道交法改正試案を発表した。

現在、「5万円以下の罰金」の罰則を「6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に変更し、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、現在の「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」とする。

反則金の限度額については、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円に引き上げる。
なお、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、反則金の対象から外し、刑事手続きのみとする。

運転中の携帯電話の使用は交通反則通告制度により、一定期間内に反則金を納めれば刑事手続きの対象とはならない。

警察庁によると、ほとんどの場合は反則金が支払われているという。

しかし、携帯電話の使用などに起因する交通事故件数は2017(平成29)年に2832件となり、2012(平成24)年の1935件の約1.5倍に増加している。

愛知県では2016(平成28)年に、スマートフォンのゲームをしながら運転していたトラックに小学生がはねられ死亡した事故があったが、遺族らの要望もあり、罰則強化が必要と判断したという。

警察庁は、来年の通常国会に提出し、来年中の施行を目指すとしている。

関連サイト

「交通事故を弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点│交通事故弁護士SOS」

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
脳によって説得方法を変える
話し方
上司に企画や意見を通す際、あるいは部下に指示を出して動かす際に必要となるのが、説得力。 多くのビジネスパーソンが「説得力のある話し方」を身に...
夢をかなえる質問
話し方
いよいよ私の最新作の本の予約が開始されました。 「夢をかなえる質問」(PHP研究所) https://www.amazon.co.jp/dp...
問題に出会っても大丈夫
その他
これまでとは違う新しいことにチャレンジするとき、必ず障害が立ちはだかります。 でも、障害を前にしても恐れることはありません。 恐れず立ち向か...
生まれてきたことを肯定する
人間関係
満男「人間は何のために生きてんのかな」 寅 「難しいこと聞くな、お前は。 ・・・何と言うかな、あー生まれてきてよかった。    そう思うこと...
交渉
室町時代に「大和猿楽」の演者として活躍、父の観阿弥とともに、能楽の完成者として知られる世阿弥。 その思想を記した『風姿花伝』は、長く能楽論、...
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
第三者に代理を頼むとき
交渉
交渉には、その結果に利害がある当事者がいます。 しかし、実際に交渉の席に着き、話し合いを行う人は、当事者以外の第三者であることが少なくありま...