「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信)

自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用について、警察庁は罰則を強化するとともに反則金の限度額を引き上げる道交法改正試案を発表した。

現在、「5万円以下の罰金」の罰則を「6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に変更し、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、現在の「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」とする。

反則金の限度額については、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円に引き上げる。
なお、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、反則金の対象から外し、刑事手続きのみとする。

運転中の携帯電話の使用は交通反則通告制度により、一定期間内に反則金を納めれば刑事手続きの対象とはならない。

警察庁によると、ほとんどの場合は反則金が支払われているという。

しかし、携帯電話の使用などに起因する交通事故件数は2017(平成29)年に2832件となり、2012(平成24)年の1935件の約1.5倍に増加している。

愛知県では2016(平成28)年に、スマートフォンのゲームをしながら運転していたトラックに小学生がはねられ死亡した事故があったが、遺族らの要望もあり、罰則強化が必要と判断したという。

警察庁は、来年の通常国会に提出し、来年中の施行を目指すとしている。

関連サイト

「交通事故を弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点│交通事故弁護士SOS」

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 従業員腕切断で労働安全衛生法違反
  • 車の名義貸しにも損害賠償責任
  • 違法ダウンロード、罰則拡大へ
  • 運転中の携帯、罰則強化
  • 労災休業中の退職勧奨
  • 過労運転の下命
おすすめの記事
ひき逃げ死亡事故
時事トピック
「死亡事故飲酒ひき逃げ容疑22歳男と同乗者計3人逮捕」(2018年11月26日毎日新聞) 酒を飲んでひき逃げし、男性会社員(31)を死亡させ...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
仕事
どんな仕事も、 楽しくやる方法があるのよ。 映画『メリー・ポピンズ』より [br num=”1″] 楽しくやる方法?...
夢をかなえる質問
話し方
いよいよ私の最新作の本の予約が開始されました。 「夢をかなえる質問」(PHP研究所) https://www.amazon.co.jp/dp...
公平にしないと・・・
交渉
弁護士は、様々な法的な問題について依頼を受けますが、その一つに、離婚問題があります。 弁護士に相談に来るケースでは、相当に話がもつれている案...
口べたの交渉術
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は「酵素ドリンク」を取り上げています。 さて、酵素ドリンクのほとんどがダイエット効果をイメージさせるもので...
頭の中で何が起こっているか
マインド
ある時、地方のホテルに泊まった際、こんなことがありました。 最近、私はトレーニングをすることが習慣になっています。 そのホテルには備え付けの...