「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信)

自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用について、警察庁は罰則を強化するとともに反則金の限度額を引き上げる道交法改正試案を発表した。

現在、「5万円以下の罰金」の罰則を「6ヵ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に変更し、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、現在の「3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」とする。

反則金の限度額については、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円に引き上げる。
なお、事故を起こしかねない危険を生じさせた場合は、反則金の対象から外し、刑事手続きのみとする。

運転中の携帯電話の使用は交通反則通告制度により、一定期間内に反則金を納めれば刑事手続きの対象とはならない。

警察庁によると、ほとんどの場合は反則金が支払われているという。

しかし、携帯電話の使用などに起因する交通事故件数は2017(平成29)年に2832件となり、2012(平成24)年の1935件の約1.5倍に増加している。

愛知県では2016(平成28)年に、スマートフォンのゲームをしながら運転していたトラックに小学生がはねられ死亡した事故があったが、遺族らの要望もあり、罰則強化が必要と判断したという。

警察庁は、来年の通常国会に提出し、来年中の施行を目指すとしている。

関連サイト

「交通事故を弁護士に相談すべき7つの理由と2つの注意点│交通事故弁護士SOS」

やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用(警察庁)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
仕事と体調
心構え
「体は資本」という言葉がありますが、仕事をする上で、健康が大切であることはだれしもが感じることでしょう。 とくに年齢を重ねてくると、仕事の出...
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
敵が味方になる方法?
交渉
皆さんは「交渉相手はパートナーである」という言葉を聞いてどのような印象を持つでしょうか。 なんとなく「きれいごとを言っているな」と感じるので...
ノウハウ本で失敗する方法?
心構え
ノウハウ本で失敗する方法? 自己啓発本や成功ノウハウ本はたくさんありますが、そういったものを読む人の目的はほとんど、自分が成功するためのヒン...
イチローはなぜ筋トレしない?
心構え
今回は、おなじみ、メジャーリーガーのイチロー選手のお話をします。 イチロー選手は、42歳となった今もトップ選手であり続けています。 バッティ...
精神疾患で労災認定
時事トピック
「48日間連続勤務、40代男性塾教室長が精神疾患で労災認定」(2018年11月27日産経新聞) 学習塾の40代の男性教室長が48日間連続勤務...
埋没したコスト?
交渉
埋没コスト、という言葉をご存じでしょうか。 これは、すでに投下してしまって回収不可能なコストのことです。 たとえば、あるコンサートに行こうと...
続けるための1つの方法
マインド
資格試験や語学、あるいはダイエット等の成功の絶対条件は「継続」。 しかし、わかってはいても、「どうしても続かない」という悩みを持っている方は...