「教員8割がストレスや悩み過労死白書を閣議決定」(2018年10月30日産経ニュース)

平成30年版の「過労死等防止対策白書」が、2018(平成30)年12月30日、閣議決定された。
白書は過重労働の是正に加え、ストレス対策も重要と指摘した。

厚生労働省などによる調査では、2015(平成27)年までの6年間で、精神疾患で公務災害や労災と認定された事例を分析したほか、教職員約3万5000人、医師や看護師ら約1万人にアンケートを実施した。

過重労働が多いとされ、国の調査重点職種となっている教職員や医療関係者らが精神疾患など「心のストレス」を抱える原因として、保護者への対応や患者からの暴力・暴言が多いことがわかった。
教職員では、分析した23人のうち13人が保護者とのトラブルなどを原因として精神疾患を発症していた。

アンケートでは、80・7%が「業務に関連するストレスや悩みを抱えている」と回答。
ストレスの内容は、「長時間勤務の多さ」(43・4%)、「職場の人間関係」(40・2%)、「保護者・PTAへの対応」(38・3%)の順で多かった。

調査重点業種・職種は、平成30年からはメディアと建設業も加えられ、教職員や医療関係者、外食、IT産業、運転手と合わせて計7種となった。

週の労働時間が60時間以上となる雇用労働者の割合について、国は平成32年までに5%以下とする目標を立てている。
しかし白書によると、平成29年における割合は7・7%で前年と同じだった。

関連リンク

労働災害(労災)で弁護士に依頼した方がいい5つの理由

過労死はどのような場合に、労災認定されるのか?

平成29年版過労死等防止対策白書を公表します(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
抽象的か、具体的か?どっち?
心構え
皆様は、それぞれの職業で、技術や業務の習得のための勉強をしていることと思います。 新入社員の時や、仕事の内容が変わった時、毎日の仕事をこなす...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
交渉におけるちゃぶ台返し
交渉
長い時間をかけた交渉が、様々な条件で合意を見て、いよいよ締結寸前。 しかし、交渉が佳境に入った状況で、何かのきっかけで相手が態度を急変させ、...
生まれてきたことを肯定する 続き
人間関係
人や物事に感謝できる人は、「自己肯定感」の高い人です。 たとえどんなことがあろうと、どんな状態であろうと、   「自分は生きるに値する人間だ...
笑顔がうれしい
人間関係
笑うとストレスも発散されることが 医学的に証明されています。 心のモヤモヤやイライラが 笑いで吹っ飛んでしまいます。 あなたが笑うのはどんな...
交渉を整理するには?
交渉
交渉には、話し合うべき大小様々な争点があります。 争点に一つ一つ合意を積み重ね、パズルのように組み合わせることで全体の合意に至ります。 ここ...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回のテーマにある「デトックス」という言葉。 これは「体の中にある毒を排出させる」という意味として広く知れ渡っ...