「教員8割がストレスや悩み過労死白書を閣議決定」(2018年10月30日産経ニュース)

平成30年版の「過労死等防止対策白書」が、2018(平成30)年12月30日、閣議決定された。
白書は過重労働の是正に加え、ストレス対策も重要と指摘した。

厚生労働省などによる調査では、2015(平成27)年までの6年間で、精神疾患で公務災害や労災と認定された事例を分析したほか、教職員約3万5000人、医師や看護師ら約1万人にアンケートを実施した。

過重労働が多いとされ、国の調査重点職種となっている教職員や医療関係者らが精神疾患など「心のストレス」を抱える原因として、保護者への対応や患者からの暴力・暴言が多いことがわかった。
教職員では、分析した23人のうち13人が保護者とのトラブルなどを原因として精神疾患を発症していた。

アンケートでは、80・7%が「業務に関連するストレスや悩みを抱えている」と回答。
ストレスの内容は、「長時間勤務の多さ」(43・4%)、「職場の人間関係」(40・2%)、「保護者・PTAへの対応」(38・3%)の順で多かった。

調査重点業種・職種は、平成30年からはメディアと建設業も加えられ、教職員や医療関係者、外食、IT産業、運転手と合わせて計7種となった。

週の労働時間が60時間以上となる雇用労働者の割合について、国は平成32年までに5%以下とする目標を立てている。
しかし白書によると、平成29年における割合は7・7%で前年と同じだった。

関連リンク

労働災害(労災)で弁護士に依頼した方がいい5つの理由

過労死はどのような場合に、労災認定されるのか?

平成29年版過労死等防止対策白書を公表します(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 過労運転の下命
  • トラックの下に潜り込んだ少年の死亡事故
  • 平成30年版「過労死等防止対策白書」の内容
  • 競走馬の逃走、車破損事件
  • 危険運転致死罪で懲役11年
  • 労災交通事故への補償増額
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回のテーマにある「デトックス」という言葉。 これは「体の中にある毒を排出させる」という意味として広く知れ渡っ...
デメリットをつぶそう
心構え
今回は、就職活動や転職活動についてです。 といっても、対人コミュニケーションの技術を説明するために例にとるだけです。 全ての方向けの内容です...
競走馬の逃走、車破損事件
時事トピック
「「馬と衝突」110番競走馬が逃走し車を破損佐賀」(2018年12月13日毎日新聞) 佐賀県鳥栖市の市道で、軽乗用車を運転していた男性(40...
なぜ紙に書くか
マインド
さて、今回はあなたに実験をしていただきたいと思います。 実際にやらないと、読む意味は全くありません。 といっても、30秒くらいで終わります。...
ポジティブシンキングの間違い
マインド
こんにちは。 弁護士の谷原誠です。 私はよく人から「ポジティブ・シンキングですね」といわれることがあります。 自分の性格について、あまりその...
夢をかなえる質問
話し方
いよいよ私の最新作の本の予約が開始されました。 「夢をかなえる質問」(PHP研究所) https://www.amazon.co.jp/dp...
ウサギとカメの真実
心構え
今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。 ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話...