「教員8割がストレスや悩み過労死白書を閣議決定」(2018年10月30日産経ニュース)

平成30年版の「過労死等防止対策白書」が、2018(平成30)年12月30日、閣議決定された。
白書は過重労働の是正に加え、ストレス対策も重要と指摘した。

厚生労働省などによる調査では、2015(平成27)年までの6年間で、精神疾患で公務災害や労災と認定された事例を分析したほか、教職員約3万5000人、医師や看護師ら約1万人にアンケートを実施した。

過重労働が多いとされ、国の調査重点職種となっている教職員や医療関係者らが精神疾患など「心のストレス」を抱える原因として、保護者への対応や患者からの暴力・暴言が多いことがわかった。
教職員では、分析した23人のうち13人が保護者とのトラブルなどを原因として精神疾患を発症していた。

アンケートでは、80・7%が「業務に関連するストレスや悩みを抱えている」と回答。
ストレスの内容は、「長時間勤務の多さ」(43・4%)、「職場の人間関係」(40・2%)、「保護者・PTAへの対応」(38・3%)の順で多かった。

調査重点業種・職種は、平成30年からはメディアと建設業も加えられ、教職員や医療関係者、外食、IT産業、運転手と合わせて計7種となった。

週の労働時間が60時間以上となる雇用労働者の割合について、国は平成32年までに5%以下とする目標を立てている。
しかし白書によると、平成29年における割合は7・7%で前年と同じだった。

関連リンク

労働災害(労災)で弁護士に依頼した方がいい5つの理由

過労死はどのような場合に、労災認定されるのか?

平成29年版過労死等防止対策白書を公表します(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 毎月勤労統計調査の誤りによる労災保険の過少給付
  • 酔って死亡の客を路上に放置
  • ゼブラゾーンでの駐車の危険性
  • セクハラで労災申請
  • 公園の占用許可緩和を強要容疑
  • あおり運転の摘発1万件超
おすすめの記事
無力感からの脱出
マインド
精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。 博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。 そのうち、ラッ...
生まれてきたことを肯定する
人間関係
満男「人間は何のために生きてんのかな」 寅 「難しいこと聞くな、お前は。 ・・・何と言うかな、あー生まれてきてよかった。    そう思うこと...
仲良しと仕事をする時の注意点
心構え
ビジネスにおいて、人間関係が円滑であることは言うまでもなく重要。 一緒に仕事をする人が、仲が良いに越したことはありません。 しかし反対に、ま...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は「酵素ドリンク」を取り上げています。 さて、酵素ドリンクのほとんどがダイエット効果をイメージさせるもので...
必殺の勉強法
成功体験
皆様の中には、資格試験にチャレンジしようと、毎日の勉強をされている方がいると思います。 そこで気になるのが「勉強法」についてです。 効率的な...
問題に出会っても大丈夫
その他
これまでとは違う新しいことにチャレンジするとき、必ず障害が立ちはだかります。 でも、障害を前にしても恐れることはありません。 恐れず立ち向か...
ゼブラゾーンでの駐車の危険性
時事トピック
「ゼブラゾーンの駐車、はらむ危険止めやすい心理?追突死も」 (2019年2月14日共同通信) 2018(平成30)年の秋、大阪府で道路のゼブ...