「危険運転で懲役11年確定北海道の飲酒死亡事故」(2018年12月12日産経新聞)

2017(平成29)年11月、北海道登別市の道道で乗用車を飲酒運転して赤信号を無視し、歩行者の少年をはねて死なせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた元会社員の被告(40)の裁判員裁判が札幌地裁であった。

弁護側は裁判で「信号は赤への変わり目で、同乗者の指摘で気付いた被告はブレーキを踏んでいた」として、自動車運転処罰法違反の過失致死罪にとどまると主張していた。
しかし、控訴期限の2018年12月11日までに被告側、検察双方が控訴しなかったため、12日に懲役11年が確定した。

判決によると、2017年11月27日夜、被告の男は酒気を帯びた状態で乗用車を運転。
赤信号を殊更に無視して、時速91~97キロで交差点に進入し、横断歩道を渡っていた専門学校生(当時19歳)をはねて死亡させたという。

関連サイト

交通事故の慰謝料の相場と慰謝料を増額させる秘訣

自動車運転処罰法(e-Gov)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
いかにズレているか?
話し方
相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。 「この自動車は、あなたの人生を変えま...
ウサギとカメの真実
心構え
今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。 ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話...
交渉
室町時代に「大和猿楽」の演者として活躍、父の観阿弥とともに、能楽の完成者として知られる世阿弥。 その思想を記した『風姿花伝』は、長く能楽論、...
公園の占用許可緩和を強要容疑
時事トピック
「露天商、代々木公園の占用許可緩和を強要容疑で逮捕」 (2019年1月28日 産経新聞) 警視庁組織犯罪対策3課は、東京都渋谷区の代々木公園...
不機嫌に対処する方法?
未分類
みなさんは、日々の生活の中で「不機嫌」になることはありますか。 また、仕事や日常生活で「この人はいつも不機嫌だな」という人とかかわったことが...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は「酵素ドリンク」を取り上げています。 さて、酵素ドリンクのほとんどがダイエット効果をイメージさせるもので...
『ぐりとぐら』に学ぶ
人間関係
「目の前にいるかわいい子どもたちを 喜ばせたいと思って・・・」 絵本作家なかがわ りえこ この頃、絵本にこっています。 前にも紹介したことが...
教えることの効用
心構え
ビジネスである程度経験を積み、スキルを身に付けると、職場で部下に指導するといった「教える」機会が増えます。 私も、職場ではもちろん、セミナー...