「危険運転で懲役11年確定北海道の飲酒死亡事故」(2018年12月12日産経新聞)

2017(平成29)年11月、北海道登別市の道道で乗用車を飲酒運転して赤信号を無視し、歩行者の少年をはねて死なせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた元会社員の被告(40)の裁判員裁判が札幌地裁であった。

弁護側は裁判で「信号は赤への変わり目で、同乗者の指摘で気付いた被告はブレーキを踏んでいた」として、自動車運転処罰法違反の過失致死罪にとどまると主張していた。
しかし、控訴期限の2018年12月11日までに被告側、検察双方が控訴しなかったため、12日に懲役11年が確定した。

判決によると、2017年11月27日夜、被告の男は酒気を帯びた状態で乗用車を運転。
赤信号を殊更に無視して、時速91~97キロで交差点に進入し、横断歩道を渡っていた専門学校生(当時19歳)をはねて死亡させたという。

関連サイト

交通事故の慰謝料の相場と慰謝料を増額させる秘訣

自動車運転処罰法(e-Gov)

時事トピックの関連記事
  • 過労運転の下命
  • トラックの下に潜り込んだ少年の死亡事故
  • 平成30年版「過労死等防止対策白書」の内容
  • 競走馬の逃走、車破損事件
  • 危険運転致死罪で懲役11年
  • 労災交通事故への補償増額
おすすめの記事
話してないのに雑談上手?
話し方
アメリカの作家ジャック・ウッドフォードの言葉に次のようなものがあるそうです。 「どんな褒め言葉に惑わされない人間でも、自分の話に心を奪われた...
埋没したコスト?
交渉
埋没コスト、という言葉をご存じでしょうか。 これは、すでに投下してしまって回収不可能なコストのことです。 たとえば、あるコンサートに行こうと...
目標設定における期限
マインド
仕事などで、目標を立てるとき、数値など明確な指標により設定することのほかに、「○年で」「○歳までに」といった年限を切ることが勧められます。 ...
疲れをいやす
その他
疲れちょると思案がどうしても滅入る。 よう寝足ると猛然と自信がわく。 坂本龍馬  頑張れば、誰だって疲れます。 100メートルを全力疾走すれ...
交渉の権限はどこまでか?
交渉
今回は、交渉における決定権限についてお話します。 交渉の場で、頻繁に使われる「常套句」といえるものがあります。 よく使われる言葉は、使われる...
口べただから、うまくいく
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...
なぜ紙に書くか
マインド
さて、今回はあなたに実験をしていただきたいと思います。 実際にやらないと、読む意味は全くありません。 といっても、30秒くらいで終わります。...