「労災交通事故への補償増額自賠責保険で最高裁」(2018年9月27日産経新聞)

勤務中に交通事故にあい、国の労災保険では補いきれない損害を受けた場合、相手方(加害者)の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)からどれくらいの補償を受けることができるかが争われた訴訟の上告審判決が、2018(平成30)年9月27日、最高裁第1小法廷であった。

最高裁は、「保険会社は従来の運用よりも補償額を増やさなければならない」との初判断を示した。

判決によると、原告はトラックを運転中に乗用車に衝突された神奈川県秦野市の男性(65)で、相手方が事故で死亡し、任意保険にも入っていなかったという。

「労働者災害補償保険法」(労災保険法)では、国が被害者に労災保険を給付した場合、その金額を加害者側に請求できると規定されている。
労災保険を出した国への補填に自賠責保険を充てる必要があるとして、これまで保険会社は被害者への支出を抑える運用をしているが、今後は見直しを迫られる可能性がある。

関連サイト

労災事故の慰謝料の相場と慰謝料増額が見込める場合

労働者災害補償保険法(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 花粉症の原因の1つに体のなかにある「免疫システムのバランスの乱れ」や「免疫反応が敏感かどうか」などがあるとされ...
労災交通事故への補償増額
時事トピック
「労災交通事故への補償増額自賠責保険で最高裁」(2018年9月27日産経新聞) 勤務中に交通事故にあい、国の労災保険では補いきれない損害を受...
仲良しと仕事をする時の注意点
心構え
ビジネスにおいて、人間関係が円滑であることは言うまでもなく重要。 一緒に仕事をする人が、仲が良いに越したことはありません。 しかし反対に、ま...
反論せずに反論する方法
交渉
交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。 反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。 結果、話し合いが完全...
踏み間違い運転死亡事故
時事トピック
「10人死傷暴走、弁護側控訴 福岡、“踏み違え”不服」 (2019年4月1日 産経新聞) 2016(平成28)年、福岡市博多区で暴走したタク...
本を繰り返し読むと・・
マインド
ビジネスに限らず、人生において、良い本を読むことの重要性については、語り尽くされている感があります。 そして、良書は一度読むだけではなく、繰...
目の前の利益に目を奪われる
心構え
ある山羊飼いが、自分の山羊どもを牧場に追って行った。 すると、野山羊が紛れ込んできたが、そのまま夕方、野山羊も一緒に自分の洞穴に追って帰った...