「労災交通事故への補償増額自賠責保険で最高裁」(2018年9月27日産経新聞)

勤務中に交通事故にあい、国の労災保険では補いきれない損害を受けた場合、相手方(加害者)の自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)からどれくらいの補償を受けることができるかが争われた訴訟の上告審判決が、2018(平成30)年9月27日、最高裁第1小法廷であった。

最高裁は、「保険会社は従来の運用よりも補償額を増やさなければならない」との初判断を示した。

判決によると、原告はトラックを運転中に乗用車に衝突された神奈川県秦野市の男性(65)で、相手方が事故で死亡し、任意保険にも入っていなかったという。

「労働者災害補償保険法」(労災保険法)では、国が被害者に労災保険を給付した場合、その金額を加害者側に請求できると規定されている。
労災保険を出した国への補填に自賠責保険を充てる必要があるとして、これまで保険会社は被害者への支出を抑える運用をしているが、今後は見直しを迫られる可能性がある。

関連サイト

労災事故の慰謝料の相場と慰謝料増額が見込める場合

労働者災害補償保険法(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
速読は必要か?
心構え
ビジネスパーソンの悩みとしてよく聞かれることに「読みたい本がたくさんあるが、時間がなくて読めない」というものがあります。 どうしたら速く本が...
行動の断捨離はできない?
心構え
ビジネス誌や自己啓発書の定番のテーマの一つに「時間管理」があります。 「時間管理」という言葉の定義ははっきりとしていませんが、すべき仕事の優...
無力感からの脱出
マインド
精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。 博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。 そのうち、ラッ...
勤務間インターバル制度
時事トピック
「勤務間休息は「8~12時間」に厚労省検討委が報告書」(2018年12月5日朝日新聞) 厚生労働省の有識者検討会は、仕事を終えてから次に働き...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
必ず企画を通す方法
交渉
上司や取引先に対して、絶対に通さなくてはならない企画や商談があるとき、あなたはどうしますか? もちろん、練りに練ったプレゼンテーションを、熱...
SNS被害1800人超
時事トピック
「SNS被害1800人超 18歳未満、殺人も」 (2019年3月14日 産経新聞) 2018(平成30)年の1年間に出会い系以外の会員制交流...
本当にメールでいい?
交渉
「交渉」という言葉から、どのような光景を思い浮かべますか? 多くの方が考えるのは、会議室や応接室で、相手と面と向かって話し合いをしている光景...