「勤務間休息は「8~12時間」に厚労省検討委が報告書」(2018年12月5日朝日新聞)

厚生労働省の有識者検討会は、仕事を終えてから次に働き始めるまでに一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル制度」について、休息時間を「8~12時間」と例示するなどした報告書をまとめた。

勤務間インターバル制度は長時間労働の防止が狙いで、「過労死防止の切り札」とも言われる。
2018(平成30)年6月に成立した「働き方改革関連法」に、2019年4月から企業に導入の努力義務を課すことが盛り込まれた。

企業の導入割合は、今年1月の時点ではまだ1・8%で、政府は2020年までに10%以上にする目標を掲げている。

法律には、何時間の休息時間を確保する必要があるのかといった具体的な数字は明記されていないため、導入する企業は就業規則などで休息時間を何時間にするか決める必要がある。

今回の報告書は、企業が導入する際の手順や具体例、留意点等を示すもので、企業が参考にするものだとしている。

報告書では、休息時間については労働者の睡眠時間や通勤時間などに考慮することが重要だと指摘したうえで、「8、9、10、11、12時間など一律に時間を定める」「職種によって時間を定める」「義務とする時間と努力義務とする時間を分けて設定する」といった方法を例示した。

報告書では他に、同制度の導入は「仕事の進め方や配分にも影響を与える可能性がある」と指摘。
経営者らトップが意義を明確に示したうえで、「労使で十分に制度のあり方を協議し、試行期間を設けたうえで導入すること」を勧めている。

なお、「11時間は必要」と訴えてきた過労死遺族らからは「不十分」との指摘が出ているという。

関連サイト

過労死は、どのような場合に労災認定されるか?

勤務間インターバル制度(厚生労働省)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
続けるための1つの方法
マインド
資格試験や語学、あるいはダイエット等の成功の絶対条件は「継続」。 しかし、わかってはいても、「どうしても続かない」という悩みを持っている方は...
直感の重要性
マインド
今回取り上げるのは、俳優としてのみならず、武道家・格闘家、思想家として、死後40年を過ぎても衰えぬ影響力を持つブルース・リー。 彼の代表作『...
ライバルの存在・・
ライバル
交渉の基本中の基本のテクニックとして、競業他社など、ほかに交渉している相手がいるということをちらつかせながら、良い条件を引き出すという手法が...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 厚生労働省(平成16年度版 労働衛生白書)によると 食中毒事件を原因施設別に見ると、家庭を原因とする食中毒の割...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
公園の占用許可緩和を強要容疑
時事トピック
「露天商、代々木公園の占用許可緩和を強要容疑で逮捕」 (2019年1月28日 産経新聞) 警視庁組織犯罪対策3課は、東京都渋谷区の代々木公園...
従業員腕切断で労働安全衛生法違反
時事トピック
「サバ加工機に腕挟まれ重傷水産加工業者を書類送検」 銚子労働基準監督署は、魚の加工用機械を停止しないまま内部を掃除させ、従業員の男性(46)...