「死亡事故飲酒ひき逃げ容疑22歳男と同乗者計3人逮捕」(2018年11月26日毎日新聞)

酒を飲んでひき逃げし、男性会社員(31)を死亡させたとして、警視庁西新井署は乗用車を運転していた東京都北区の会社員の男(22)を自動車運転処罰法違反(過失致死)と道路交通法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで逮捕した。

さらに同署は、容疑者の男に運転を依頼し同乗したとして、高校時代の同級生である会社員の男(22)とアルバイトの男(23)を道交法違反(酒気帯び運転の同乗)の疑いで逮捕した。

同署によると、事故があったのは2018年11月25日午前0時40分頃。
足立区の都道で、横断中の男性をはねた後に救護せず、搬送先の病院で死亡させた疑い。

現場は見通しの良い片側2車線の直線で、信号や横断歩道はなかった。

関連サイト

交通死亡事故慰謝料自動計算機(示談金の解説付)

平成29年における交通死亡事故の特徴等について(警察庁交通局)

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
交渉におけるしゃべりすぎの弊害
交渉
交渉において、起こりがちな失敗の一つが「しゃべりすぎ」。 自分に不利になるようなこと、しかもその場で言う必要のないことを口にしてしまい、交渉...
違法ダウンロード、罰則拡大へ
時事トピック
「違法ダウンロード、罰則拡大へ 文化庁、漫画や小説も対象」(2018年12月7日共同通信) インターネット上で違法に配信されたと知りながら、...
あおり運転の摘発1万件超
時事トピック
「あおり関連の摘発1万件超 カーナビ、スマホ注視微減」 (2019年2月14日 日本経済新聞) 2018(平成30)年に、道路交通法違反の「...
挫折から立ち直る方法?
成功体験
仕事をしていると、「もうダメだ、絶望的だ」と、将来を悲観してしまうような挫折を味わうことがあります。 ここから立ち直り、再スタートを切れれば...
面接要領?
交渉
今、私の法律事務所で弁護士の採用活動をしており、先週、司法修習生(弁護士のタマゴ)の面接を行いました。 弁護士にも就職活動がある、ということ...
目標設定における期限
マインド
仕事などで、目標を立てるとき、数値など明確な指標により設定することのほかに、「○年で」「○歳までに」といった年限を切ることが勧められます。 ...
夢をはっきりと紙に書く。
その他
「明確な目標や願望を持たない人に、成功はあり得ない。」 ナポレオン・ヒル 夢を紙に書くと現実になる、と多くの成功者が言います。 皆さん、実体...