「転倒事故誘発し逃走 容疑で自転車の男を逮捕」(2018年12月6日 産経新聞)

大阪府警曽根崎署は、大阪市北区の派遣社員の男(32)を重過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は、自転車で走行中に対向してきた自転車の男性とぶつかりそうになり、転倒事故を誘発したのに逃走したもの。

事故が起きたのは、2018年11月12日午前7時50分頃。
容疑者の男が同区市道を自転車で走行中、安全確認をせずに歩道から車道に移動したところ、自転車で対向してきた同市の会社員男性(39)の転倒を誘発した。
男は被害者男性に頭の骨を折るなどの重傷を負わせたにもかかわらず、現場から逃走したという。

男性は路面で頭を打つなどしたとみられ、路上でうずくまっているところを通行人の女性が発見し、119番通報した。
同署は当初、自己転倒とみていたが、付近の防犯カメラに別の自転車が走行する様子が写っており、男を割り出した。
男は「ぶつかりそうになり、相手がこけた。文句を言われるのが嫌だった」と容疑を認めているという。

道路交通法 第72条(交通事故の場合の措置)

1.交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者は……(以下省略)

刑法 第211条(業務上過失致死傷等)

1.業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。

関連ブログ

衝突しない自転車事故でひき逃げが適用
     

時事トピックの関連記事
  • 過労運転の下命
  • トラックの下に潜り込んだ少年の死亡事故
  • 平成30年版「過労死等防止対策白書」の内容
  • 競走馬の逃走、車破損事件
  • 危険運転致死罪で懲役11年
  • 労災交通事故への補償増額
おすすめの記事
交通事故の被害に遭ったら
未分類
今回は、交通事故の被害に遭った時のことをお話します。 交通事故の被害に遭うと、加害者が任意保険に入っている場合には、保険会社が出てきて、治療...
思い切り泣いていますか?
その他
「泣きながらパンを食べたことのない者、 夜な夜な涙で枕をぬらしたことのない者には、 人生の本当の味はわからない」 ゲーテ『ヴィルヘルム・マイ...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
続けるための1つの方法
マインド
資格試験や語学、あるいはダイエット等の成功の絶対条件は「継続」。 しかし、わかってはいても、「どうしても続かない」という悩みを持っている方は...
なりたい自分になるには?
マインド
ビジネスの世界でよく使われる格言に「立場が人を作る」という言葉があります。 たとえば、こんなケースです。 今までは若干頼りないところがあった...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 花粉症の原因の1つに体のなかにある「免疫システムのバランスの乱れ」や「免疫反応が敏感かどうか」などがあるとされ...
いかにズレているか?
話し方
相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。 「この自動車は、あなたの人生を変えま...