「転倒事故誘発し逃走 容疑で自転車の男を逮捕」(2018年12月6日 産経新聞)

大阪府警曽根崎署は、大阪市北区の派遣社員の男(32)を重過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は、自転車で走行中に対向してきた自転車の男性とぶつかりそうになり、転倒事故を誘発したのに逃走したもの。

事故が起きたのは、2018年11月12日午前7時50分頃。
容疑者の男が同区市道を自転車で走行中、安全確認をせずに歩道から車道に移動したところ、自転車で対向してきた同市の会社員男性(39)の転倒を誘発した。
男は被害者男性に頭の骨を折るなどの重傷を負わせたにもかかわらず、現場から逃走したという。

男性は路面で頭を打つなどしたとみられ、路上でうずくまっているところを通行人の女性が発見し、119番通報した。
同署は当初、自己転倒とみていたが、付近の防犯カメラに別の自転車が走行する様子が写っており、男を割り出した。
男は「ぶつかりそうになり、相手がこけた。文句を言われるのが嫌だった」と容疑を認めているという。

道路交通法 第72条(交通事故の場合の措置)

1.交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者は……(以下省略)

刑法 第211条(業務上過失致死傷等)

1.業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。

関連ブログ

衝突しない自転車事故でひき逃げが適用
     

時事トピックの関連記事
  • 携帯使い交通事故統計結果
  • パワハラ訴訟で和解
  • 踏み間違い運転死亡事故
  • SNS被害1800人超
  • 米国民、自動運転車への信頼低く
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
おすすめの記事
誰を説得する?
マインド
電気メーカーに勤める金子さんは、就業時間終了まであと少し、というところで、上司から残業を頼まれました。 聞くと、大切な取引先に明日持って行き...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回のテーマにある「デトックス」という言葉。 これは「体の中にある毒を排出させる」という意味として広く知れ渡っ...
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
人の指導の悩み
未分類
管理職やチームリーダーに就き、部下を率いるようになると、業務を自分で処理するよりも、人に仕事を任せ、指導する役割が増えます。 この大きな変化...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 まず、結論から言うと【花粉症にコーヒーはダメ】です。 花粉症患者にとって、コーヒーがダメな理由は2つあります。...
運転中の携帯、罰則強化
時事トピック
「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信) 自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用につい...
交渉の権限はどこまでか?
交渉
今回は、交渉における決定権限についてお話します。 交渉の場で、頻繁に使われる「常套句」といえるものがあります。 よく使われる言葉は、使われる...
健康
こんにちは 管理栄養士の菊池真由子です。 『食べても食べても太らない法』が文庫本、図解本と続き、更にシリーズ化されることになりました!! 詳...