「転倒事故誘発し逃走 容疑で自転車の男を逮捕」(2018年12月6日 産経新聞)

大阪府警曽根崎署は、大阪市北区の派遣社員の男(32)を重過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は、自転車で走行中に対向してきた自転車の男性とぶつかりそうになり、転倒事故を誘発したのに逃走したもの。

事故が起きたのは、2018年11月12日午前7時50分頃。
容疑者の男が同区市道を自転車で走行中、安全確認をせずに歩道から車道に移動したところ、自転車で対向してきた同市の会社員男性(39)の転倒を誘発した。
男は被害者男性に頭の骨を折るなどの重傷を負わせたにもかかわらず、現場から逃走したという。

男性は路面で頭を打つなどしたとみられ、路上でうずくまっているところを通行人の女性が発見し、119番通報した。
同署は当初、自己転倒とみていたが、付近の防犯カメラに別の自転車が走行する様子が写っており、男を割り出した。
男は「ぶつかりそうになり、相手がこけた。文句を言われるのが嫌だった」と容疑を認めているという。

道路交通法 第72条(交通事故の場合の措置)

1.交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者は……(以下省略)

刑法 第211条(業務上過失致死傷等)

1.業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も、同様とする。

関連ブログ

衝突しない自転車事故でひき逃げが適用
     

時事トピックの関連記事
  • インスタ成り済ましと発信者情報開示
  • 自転車の飲酒運転で罰金30万円
  • 毎月勤労統計調査の誤りによる労災保険の過少給付
  • 酔って死亡の客を路上に放置
  • ゼブラゾーンでの駐車の危険性
  • セクハラで労災申請
おすすめの記事
新技開発とは?
心構え
私は大学時代、体育会の器械体操部に所属していました。 体操は、昨年のリオ・オリンピックでも日本人選手が大活躍しましたので、最近興味を持ったと...
脳によって説得方法を変える
話し方
上司に企画や意見を通す際、あるいは部下に指示を出して動かす際に必要となるのが、説得力。 多くのビジネスパーソンが「説得力のある話し方」を身に...
危険運転致死罪で懲役11年
時事トピック
「危険運転で懲役11年確定北海道の飲酒死亡事故」(2018年12月12日産経新聞) 2017(平成29)年11月、北海道登別市の道道で乗用車...
褒め方のススメ
話し方
私を含め、人は、他人から褒められると、嬉しいものです。 ですから、相手の良いところを見つけたら、積極的に褒めた方がよいですね。 しかし、人を...
減量終わりました
成功体験
先週まで減量をしていました。 半年で約13キロの減量でした。 減量方法は、「食事」と「運動」です。 減量方針としては、 ●仕事に支障がないよ...
メンツをとるか、利をとるか?
交渉
交渉では、金銭や納期等をはじめ、様々な条件で駆け引きが行われます。 その諸条件について、双方がいかに歩み寄りできるかによって合意できるか否か...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
ほめるか、叱るか
心構え
人を育てる方法は、ビジネスにおいて大きな課題の一つ。 大きく分けて「ほめて育てた方が良い」「厳しく育てた方が良い」という二つの相反する考えが...