人間関係

相手に対する要求水準を

最初から低めに設定しておくことは、

人間関係をスムーズにする

いちばんの方策だ。

by斎藤茂太

相手に100%を求めると、ストレスがたまります。

相手も、自分もです。

100%を要求して、いつも100%の結果を出せる人って、
そういないのです。

小学1年生のテストで、初めの頃は100点は取れるけれど、
学年が上がるにつれて、だんだん取れなくなってきます。

それは、その子ががんばっていないからでなく、
ダメだからでもありません。

ただ単に内容がだんだん難しくなってくるからです。

中学・高校生になると、
100点を取れなくなるのが普通です。

すごくがんばっている子でも間違えます。
できないことがあるのです。

そういうものです。

先生だって間違えます。

国語がよくできる先生でも
数学はさっぱりできません。

数学がよくできる先生でも、
英語はしゃべれません。

でも、それでいいのです。

自分もいつも100%を要求されたら、
きついものです。

人にも、あれもこれもと
多くを求めすぎないのが得策です。

人には50%くらいでいんじゃないかな。

できるときもあるし、できないときもある。

してくれるときもあるし、してくれないときもある。

70%だったら、もっと感謝できる。

そう思っていると、すこし気が楽になりませんか。

きっとよくなるヒント

人に多くを要求し過ぎない。

【出典】絵本『モタさんの言葉』斎藤茂太(文) 松本春野(絵)

『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』好評発売中
http://www.t-nakai.com/seibi.html

『男の子って、どうしたら勉強するの?』好評発売中
http://www.t-nakai.com/gakken.html

世界初?・・これまでにない画期的な「男女別学習ドリル」が誕生!
http://www.t-nakai.com/gakken0107.html

Facebook「友だちに伝えたい心得」の「いいね」が、11400人。(感謝です)
http://www.facebook.com/kokoroe90

編集後記

ちいさなテノヒラでも
やなせたかし

ちいさなテノヒラでも しあわせはつかめる

ちいさなこころでも しあわせはあふれる

わたしのゆびをしめらせて

こんなにあめはふるけれど

にぎりしめたてのなかに

ほんのちいさなしあわせがある

私はこの詩が好きです。

読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんありますように。

Vol.923

おすすめの記事