管理栄養士の菊池真由子です。

本格的に暑くなりました。

これほど暑くなるとコールドドリンクが飲みたくなりますよね。

そんななかで

「レモン〇個分のビタミンC(が含まれています)」

と書かれている商品があります。

レモンといえばビタミンCの宝庫、というイメージがあり、たっぷりのビタミンCが含まれている印象をうけます。

確かにレモン果汁にはビタミンCが多く含まれていています。

レモン1個でとれるレモン果汁は大さじ2杯でビタミンCは約15mgです。

1日に推奨されているビタミンCの摂取量は成人で約100mgなので約7個分ですね。

ですので、最低限7個以上入っていると、1日の必要量は補えることになりますが、30個など、大きな数字が踊っています。

それは、実はレモン果汁がほかの果物の果汁に比べてビタミンCが飛び抜けて多いわけでもなく、「たくさん含まれている」というイメージを演出できるからです。

確かに一日にレモン果汁を7個分も食べることが出来ないのでビタミンCの補給には便利ですね。

実はビタミンCが最も多い果汁はアセロラです。

たった果汁10%の飲料(210g)でビタミンCは252mgもあります。

ほかにも

いちご4個で62mg
キウイ1個で55mg
グレープフルーツ1/2個で43mg
バレンシアオレンジ1/2個で40mg
みかん1個で24mg

と、ビタミンCが豊富な果物はたくさんあるのです。

いちごなら約6個、キウイなら2個で1日に必要なビタミンCが補えてしまいますね。

「レモン〇個分のビタミンC」という表記は、日本食品標準成分2010など
(日本で流通している食品の各種成分を網羅した辞書のようなもの)
に準拠して計算されています。

もちろんウソではありません。

ウソを書いてしまうと、健康増進法など法律違反になってしまいます。

レモンの数でビタミンCの量を示しているのは、より多く含まれているかのような誇大なイメージ戦略なのです。

最近では ビタミンC2000mgというように、量で示すような商品が増えてきました。

これは、レモンの数よりもビミタンCの数量で「より多く含まれている」ということを誇示するようになってきています。

果汁で比べられるよりも、数字での比較のほうが解りやすいですよね。

ビタミンCには、様々な働きがあります。

細胞の結合組織であるコラーゲンの合成に働き、血管や皮膚、粘膜、骨を丈夫にします。

しかし、全身は血管で繋がっています。

ビタミンCは不足している部分に優先的に働いてくので、顔などの皮膚に集中的に効果が出るものではありません。

皮膚のコラーゲン合成を促すことで美肌効果を期待される風潮がありますが、期待は薄いかもしれません。

このほかビタミンCには、アンチエイジング作用や抗がん作用、抗ウイルス作用などがあり、老化や風邪から体を守ってくれます。

また、たばこ1本がビタミンC25mgを破壊する、という話があります。

しかし、これは間違いです。

仮に計算どおりであれば、たばこ4本で1日に必要なビタミンCを使い果たしてしまうので喫煙者はそろってビタミンC欠乏症になってしまいます。

しかし、体の中のことは計算どおりにいかないのが常です。

喫煙者の血中ビタミンC濃度が低いのは明らかになっています。

しかし、1日1箱を吸う人に、毎日ビタミンC濃度を1000mgも与え続けても、非喫煙者の水準に及ばなかったという報告があります。

ではサプリメントとしてのビタミンCはどうでしょう?

高濃度のビタミンCを含む飲料も自然界ではありえない食品です。

サプリメント的存在といえます。

ビタミンCをたくさん飲めば、血中濃度は高くなります。

最大の効果を発揮するのは飲んでから3時間後ほどと言われています。

その後はどんどん排泄されていき、血中濃度が下がってしまいます。

そこでポイントとなるのは、効果的にビタミンCを摂るなら、高濃度のビタミンCのサプリメントや飲料を一度に飲むのでなく、1日2~3回程度に分けるということです。

食後のデザートに果物を食べる、あるいは食事と食事の間にビタミンCの多く含まれたドリンクを飲む、寝る前にサプリメントで摂る、といったのが例です。

果物は食べ過ぎると血中中性脂肪値を上げてしまいますが、コンパクトにビタミンCが多い、いちごやキウイ、柑橘類を食べると効率的です。

野菜にもビタミンCが多いもの(ほうれん草、かぼちゃ、さつまいもなど)がありますが、ビタミンCは熱に弱いため、生で食べる果物がおすすめです。

ビタミンCのサプリメントは数多く出回っていますが、血中濃度が下がる時間を3~4倍長持ちさせる商品が登場しました。

まだまだ知られていない商品ですが、保健機能食品(国が設定した安全性や有効性の規格基準を満たした食品)のうちの栄養機能食品の認定を受けています。

この商品は、ビタミンCに関して1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合し、その栄養成分の機能の表示ができるものです。

健康の関連記事
  • 危ないダイエットの見分け方
  • チョコレートで健康に!意外な効果とは
  • なべ料理で体のデトックス
  • なぜか美味しいコンビニおにぎりの謎
  • 超厳しい残暑を乗り切る食事法
  • 今夜もビールを飲みますか?
おすすめの記事
健康
こんにちは 管理栄養士の菊池真由子です。 まだまだ、インフルエンザが大流行。 しかも、インフルエンザから風邪に移行してしまう人が増え、 イン...
自分をコントロールするいい質問とは
マインド
私は昨年出版した『「いい質問」が人を動かす』をはじめ、書籍等で、交渉や上司や同僚との関係、あるいは私生活など、あらゆる局面で、「適切な質問を...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 まず、結論から言うと【花粉症にコーヒーはダメ】です。 花粉症患者にとって、コーヒーがダメな理由は2つあります。...
面接要領?
交渉
今、私の法律事務所で弁護士の採用活動をしており、先週、司法修習生(弁護士のタマゴ)の面接を行いました。 弁護士にも就職活動がある、ということ...
『ぐりとぐら』に学ぶ
人間関係
「目の前にいるかわいい子どもたちを 喜ばせたいと思って・・・」 絵本作家なかがわ りえこ この頃、絵本にこっています。 前にも紹介したことが...
ミスをしても素直だと成長できる
仕事
上司から叱られると、逆ギレしたり、すぐに会社を やめてしまう若者が多いそうです。 馴れていない仕事では、ミスをするのは当たり前。 私たちは、...
仕事と体調
心構え
「体は資本」という言葉がありますが、仕事をする上で、健康が大切であることはだれしもが感じることでしょう。 とくに年齢を重ねてくると、仕事の出...
人と自分は違って当たり前
人間関係
人と比べられる子どもは自分を好きになれません。 自分のやることに自信がもてず、いつも劣等感を抱いて、 どうせ自分はダメなんだと思ってしまいま...