こんにちは! 管理栄養士の菊池真由子です。

今回はドライマウスとドライアイについてです。

ドライマウスとは?

ドライマウスは聞き慣れない用語ですが、

「唾液の分泌量が低下し、唾液の質が変化する病気」と定義されています。
(ドライマウス研究会、鶴見大学歯学部斉藤一郎教授による)

つまり、唾液量が減ってしまって、
口の中が乾き、粘膜が乾燥してしまうのです。

ドライマウスは高齢者に多くみられますが、
決して加齢が原因だけではないとされています。

大きな原因として、薬物の副作用、ストレスのほか、
咀嚼(そしゃく)の筋力低下があるとされています。

つまり、食事をするときの噛む刺激が関係し、
噛む回数を多くすることで唾液の分泌を
促進させることが大事なのです。

噛む回数については個人差が多いのですが、
どんなに「噛む回数が少ない」人でも
冷や奴ときんぴらごぼうでは、明らかに
きんぴらごぼうのほうが噛む回数が多くなります。

おすすめは、
「固い」食べ物である「ごぼう」や「れんこん」、「きのこ」や「山菜」など、
ほかには「刻みキャベツ」や「フランスパン」、「ガム」も噛む回数が多いものです。

ほかにも「1口30回噛む習慣をつける」というものがあります。

ですが、これはなかなか実現が難しいですね。
思いだしたときにでも実践してみてください。

ドライアイとは?

次は、ドライアイについてです。

ドライアイは、
「さまざまな要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う」と定義されています。
(ドライアイ研究会、日本眼科学会による)

原因はコンタクト・レンズの装用など
いくつかあるものの、その中に

「パソコン、スマートフォンなど、 モニターを見つめる作業を長時間行うこと」

というものがあります。つまり、眼精疲労ですね。

そこで、眼の健康=ブルーベリーとしてサプリメントを利用している方も少なくありません。
(ビルベリー、アントシアニンを含む)

しかし、これが大間違いなのです!

消費者庁による「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告があります。

この中で、視力回復、眼精疲労改善について検討されています。

結果は「C」。
根拠となる論文が少なく、質も低いとされています。
(Aが高評価、Fまであり)

つまり、眼に効果的とされるサプリメントの
代表格である「ブルーベリーエキス」は期待が薄い、ということなのです。

ドライアイの解消には
涙の量を多くすることが必須です。

食品では補えない「涙」は、「まばたき」の回数を多くするのが手っ取り早いようです。

無意識の行動なのでコントロールは
難しいかもしれませんが、思いだしたときに、意識して数回繰り返すのがおすすめです。

このように「食品」が大きく影響しているようで
実は関連がみられないような例もこれからご紹介していきますね。

健康の何もかもが
食事でまかないきれるものではない、
ということも覚えておいてください。

健康の関連記事
  • 危ないダイエットの見分け方
  • チョコレートで健康に!意外な効果とは
  • なべ料理で体のデトックス
  • なぜか美味しいコンビニおにぎりの謎
  • 超厳しい残暑を乗り切る食事法
  • 今夜もビールを飲みますか?
おすすめの記事
一流と二流に関するある視点
心構え
最近、書籍、ビジネス雑誌の記事で「一流、二流の違いとは?」といった内容のものをよく目にします。 「二流」というと言葉が強すぎると感じますが、...
いかにズレているか?
話し方
相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。 「この自動車は、あなたの人生を変えま...
反論せずに反論する方法
交渉
交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。 反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。 結果、話し合いが完全...
交渉を整理するには?
交渉
交渉には、話し合うべき大小様々な争点があります。 争点に一つ一つ合意を積み重ね、パズルのように組み合わせることで全体の合意に至ります。 ここ...
目標設定における期限
マインド
仕事などで、目標を立てるとき、数値など明確な指標により設定することのほかに、「○年で」「○歳までに」といった年限を切ることが勧められます。 ...
SNS被害1800人超
時事トピック
「SNS被害1800人超 18歳未満、殺人も」 (2019年3月14日 産経新聞) 2018(平成30)年の1年間に出会い系以外の会員制交流...