相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。

「この自動車は、あなたの人生を変えます」と言って、相手の人生がバラ色になることを考えているとしましょう。
その言葉を聞いた人が、その自動車で事故を起こして人生が転落していることを想像していたらどうでしょうか。

とてもイエスと言ってはもらえないでしょう。
「そんなことあるわけないでしょう!」と思うかもしれませんね。

でも、伝える人の認識と聞く人の認識は、驚くほどズレているものです。
こんな実験があります。

スタンフォード大学心理学部の大学院生は、被験者を「叩き手」と「聞き手」に分けました。
叩き手は、テーブルを叩いてリズムをとります。

たとえば、「ハッピーバースディ」のような有名な曲を、曲を口ずさまずに、その曲のリズムをテーブル叩きによって聞き手に伝えるのです。

聞き手は、テーブルを叩いている音を聞いて、曲名を当てる、という実験です。
120曲行いました。

どの程度当たると予想しますか?
叩き手は、半分は正解するだろう、と予測しました。
結果は、どうだったでしょうか?

結果は、120曲のうち、正解は、わずか3曲でした。
正答率は、2.5%。

伝え手と聞き手の認識がいかにズレているか、を表しています。

私たちは、この実験と同じようなことを普段の会話で行っているかもしれない、ということです。

「ちゃんと話したんだから、わかってくれているはず」と、思っても、違う趣旨の話として伝わっていることがあるのです。

しかし、それでは、正確に情報を伝達できませんし、相手にイエスと言ってもらうこともできません。
相手によく質問して相手の認識を理解し、相手の認識を前提として話をしていかなければなりません。

そして、相手が受け入れやすい提案をしなければなりません。
言いたいことを正しく伝え、相手にイエスと言ってもらいたい、という人は、ぜひ、今月発売する次の本を読んでみてください。

ぜひ、事前にご予約を。
「気持ちよく「はい」がもらえる会話力」(文響社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4866510404/

【編集後記】

たまに会食の場所が「食べ放題」の店の時があります。
私は少食なので、完全に食べ放題負けします。

牛丼や「ミニ牛丼」だし、コース料理は食べきれないほど少食です。
たくさん食べられる人は、人生の楽しみが多いだろうなあ、と羨ましく見守っています。

食べられないものは仕方ないので、一食一食を大切にしていきたいと思います。

日々、知識を磨いていきたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

話し方の関連記事
  • いかにズレているか?
  • 人を動かす4つの質問力
  • 夢をかなえる質問
  • 話してないのに雑談上手?
  • 会話が続くとっておきの方法
  • 話し合いは短い方がいいか?
おすすめの記事
非日常の時間をもつ
人間関係
旅はどんなに私に生々としたもの、 新しいもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。 旅に出さえすると私はいつも本当の私となった 田山...
公平にしないと・・・
交渉
弁護士は、様々な法的な問題について依頼を受けますが、その一つに、離婚問題があります。 弁護士に相談に来るケースでは、相当に話がもつれている案...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 アメリカ発の「スムージー」がブームなっていますが、そもそもスムージーとは、製法からして飛び抜けて目新しいもので...
埋没したコスト?
交渉
埋没コスト、という言葉をご存じでしょうか。 これは、すでに投下してしまって回収不可能なコストのことです。 たとえば、あるコンサートに行こうと...
無力感からの脱出
マインド
精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。 博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。 そのうち、ラッ...
営業秘密の漏洩
時事トピック
「元日産社員、有罪確定へ 企業秘密取得、最高裁」(2018年12月5日 産経新聞) 日産自動車のサーバーに接続して企業秘密を不正に取得したと...
目の前の利益に目を奪われる
心構え
ある山羊飼いが、自分の山羊どもを牧場に追って行った。 すると、野山羊が紛れ込んできたが、そのまま夕方、野山羊も一緒に自分の洞穴に追って帰った...
携帯使い交通事故統計結果
時事トピック
「携帯使い交通事故、依然多く=過去10年で2倍に-警察庁」 (2019年2月14日 時事通信) 警察庁が発表した、平成30年度の道路の交通に...