成功

ビジネスにおいて、自分が行った仕事の「成功体験」は大きな財産です。

その成功を収めるまでには、様々な苦労があったはずですが、二度目からは余計な紆余曲折をしなくても確率的に成功しやすい方法をとることができます。

また、成功体験を得ることで、精神的に自信もつきます。
ところが、成功体験は時に失敗の原因にもなります。

世の中は激しく変化しているため、一度成功した方法で、後に同じ成功ができるかとういとそうではないからです。

精神的な自信も、おごりや頑迷さに変わることがあります。

成功体験とは「同じことをすると成功しやすい」方法論です。
これはあくまで「しやすい」ということ。

これが成功する「はず」という考え方になると危険です。

ビジネスは常に「今」と「将来」しかありません。

今に無理やり過去を当てはめる発想では変化に対応できませんし、間違いもなかなか認められなくなります。

必要な認識は、新たにビジネスを行う際は、成功体験も含め、すべてのアイデアは仮説にすぎないということです。

うまくいく要素も、いかない要素も改めて検討しなおさなければなりません。

変化への気づき、新しいアイデアは、生活や仕事の中で得られる小さな「直感」であることが結構あります。

私は、ブログ、メルマガ、Twitter、Facebookなどを初期に始めたほうだと思います。

弁護士は比較的WEBメディアの変化への対応が遅い業界だと思いますが、WEBメディアの変化によって業務の様相が大きく変わるのではないか、という直観があったからです。

実際、WEBメディアをはじめたことをきっかけに、弁護士業務だけではなくテレビなどマスメディアからの取材も増えています。

変化への気づきを得るには、思いつきに近いようなアイデアの断片を記録し、後から思い出せるようにしておかなくてはなりません。

私はふと思いついたことを、メモを取ったり、Evernoteを使って記録しています。
そのメモをのちに、アイデアを形にし、行動することを前提にまとめていきます。

もちろんそのアイデアは仮説にすぎません。

ここで大切なことは、そのアイデアが正しいかどうかをテストするノウハウを持つこと。

失敗があり得ることを前提に、やめる時の被害が最小限になるよう、小規模にテストできるような状況に持っていくことが大切だと思います。

現在は、IT技術の発展により、市場の反応を調べたり、小さなビジネスを走らせてみたりといったことがしやすくなりました。

変化への素早い対応、行動のツールが整っていると感じます。
ビジネスでは、いちはやく成功体験をつかむことが大切だと思います。

成功体験をうまく使いながら、さらに新しいアイデアを常に生みだし、変化に敏感に対応することが、継続的な成功を生むことになるのだと思います。。

「唯一生き残るのは、変化できる者である」 (ダーウィン)

【編集後記】

最近、暖かくなったり、寒くなったり、とても気温が不安定です。
こんな時は風邪が流行りますので、気をつけないといけませんね。

花見の時期ですが、防寒には十分注意しましょう。
私も腹巻きをして寝るようにして、風邪をひかないようにしたいと思います。

そして、今週も頑張りましょう。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

成功体験の関連記事
  • 減量終わりました
  • 成功体験と変化
  • 挫折から立ち直る方法?
  • 必殺の勉強法
おすすめの記事
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 さて、今回のテーマは、永遠のキーワードであるダイエットです。 食事でダイエットをする方法はあちこちで紹介されて...
本を繰り返し読むと・・
マインド
ビジネスに限らず、人生において、良い本を読むことの重要性については、語り尽くされている感があります。 そして、良書は一度読むだけではなく、繰...
競走馬の逃走、車破損事件
時事トピック
「「馬と衝突」110番競走馬が逃走し車を破損佐賀」(2018年12月13日毎日新聞) 佐賀県鳥栖市の市道で、軽乗用車を運転していた男性(40...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
過労運転の下命
時事トピック
「社員運転手に過労運転させた容疑2カ月間連続で勤務、死亡事故も運送会社社長を逮捕警視庁」(毎日新聞) 警視庁葛飾署は、社員のトラック運転手に...
何が人を動かすか?
交渉
最近どの業界においても、事業を展開する際の課題となっていることとして「差別化」の難しさがあります。 製品・サービス自体の内容・性能では差をつ...