成功

ビジネスにおいて、自分が行った仕事の「成功体験」は大きな財産です。

その成功を収めるまでには、様々な苦労があったはずですが、二度目からは余計な紆余曲折をしなくても確率的に成功しやすい方法をとることができます。

また、成功体験を得ることで、精神的に自信もつきます。
ところが、成功体験は時に失敗の原因にもなります。

世の中は激しく変化しているため、一度成功した方法で、後に同じ成功ができるかとういとそうではないからです。

精神的な自信も、おごりや頑迷さに変わることがあります。

成功体験とは「同じことをすると成功しやすい」方法論です。
これはあくまで「しやすい」ということ。

これが成功する「はず」という考え方になると危険です。

ビジネスは常に「今」と「将来」しかありません。

今に無理やり過去を当てはめる発想では変化に対応できませんし、間違いもなかなか認められなくなります。

必要な認識は、新たにビジネスを行う際は、成功体験も含め、すべてのアイデアは仮説にすぎないということです。

うまくいく要素も、いかない要素も改めて検討しなおさなければなりません。

変化への気づき、新しいアイデアは、生活や仕事の中で得られる小さな「直感」であることが結構あります。

私は、ブログ、メルマガ、Twitter、Facebookなどを初期に始めたほうだと思います。

弁護士は比較的WEBメディアの変化への対応が遅い業界だと思いますが、WEBメディアの変化によって業務の様相が大きく変わるのではないか、という直観があったからです。

実際、WEBメディアをはじめたことをきっかけに、弁護士業務だけではなくテレビなどマスメディアからの取材も増えています。

変化への気づきを得るには、思いつきに近いようなアイデアの断片を記録し、後から思い出せるようにしておかなくてはなりません。

私はふと思いついたことを、メモを取ったり、Evernoteを使って記録しています。
そのメモをのちに、アイデアを形にし、行動することを前提にまとめていきます。

もちろんそのアイデアは仮説にすぎません。

ここで大切なことは、そのアイデアが正しいかどうかをテストするノウハウを持つこと。

失敗があり得ることを前提に、やめる時の被害が最小限になるよう、小規模にテストできるような状況に持っていくことが大切だと思います。

現在は、IT技術の発展により、市場の反応を調べたり、小さなビジネスを走らせてみたりといったことがしやすくなりました。

変化への素早い対応、行動のツールが整っていると感じます。
ビジネスでは、いちはやく成功体験をつかむことが大切だと思います。

成功体験をうまく使いながら、さらに新しいアイデアを常に生みだし、変化に敏感に対応することが、継続的な成功を生むことになるのだと思います。。

「唯一生き残るのは、変化できる者である」 (ダーウィン)

【編集後記】

最近、暖かくなったり、寒くなったり、とても気温が不安定です。
こんな時は風邪が流行りますので、気をつけないといけませんね。

花見の時期ですが、防寒には十分注意しましょう。
私も腹巻きをして寝るようにして、風邪をひかないようにしたいと思います。

そして、今週も頑張りましょう。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

成功体験の関連記事
  • 減量終わりました
  • 成功体験と変化
  • 挫折から立ち直る方法?
  • 必殺の勉強法
おすすめの記事
話してないのに雑談上手?
話し方
アメリカの作家ジャック・ウッドフォードの言葉に次のようなものがあるそうです。 「どんな褒め言葉に惑わされない人間でも、自分の話に心を奪われた...
必ず企画を通す方法
交渉
上司や取引先に対して、絶対に通さなくてはならない企画や商談があるとき、あなたはどうしますか? もちろん、練りに練ったプレゼンテーションを、熱...
優しい言葉で説得する方法
交渉
交渉は、利害が対立する人同士が、それぞれの主張を通すために行うものです。 そのため、交渉の経験があまりない人は、当事者同士で激しい言葉の応酬...
新技開発とは?
心構え
私は大学時代、体育会の器械体操部に所属していました。 体操は、昨年のリオ・オリンピックでも日本人選手が大活躍しましたので、最近興味を持ったと...
プレイヤーかマネージャーか
心構え
管理職に昇進し、現場で仕事をするプレーヤーから、プレーヤーを管理するマネージャーへ仕事が大きく変化することがあります。 しかし、とくにスペシ...
減量終わりました
成功体験
先週まで減量をしていました。 半年で約13キロの減量でした。 減量方法は、「食事」と「運動」です。 減量方針としては、 ●仕事に支障がないよ...
目標設定における期限
マインド
仕事などで、目標を立てるとき、数値など明確な指標により設定することのほかに、「○年で」「○歳までに」といった年限を切ることが勧められます。 ...