企画

上司や取引先に対して、絶対に通さなくてはならない企画や商談があるとき、あなたはどうしますか?

もちろん、練りに練ったプレゼンテーションを、熱を入れて行い、何としてでも通す意欲を見せるはずです。

しかし、力を入れたアピールであればあるほど、相手から一言のもとに拒否されたり、厳しい言葉で否定されたりすると、心が折れてしまい、諦めてしまうものです。

そして
「あの人は頭が硬いから」
「最初から何を言われても否定するつもりだったんだろう」
と、責任転嫁してしまうこともよくあります。

そこで、今回紹介するのは「必ず企画を通す方法」です。

そんな都合の良い物があるのか、と思われるでしょうが、あります。

失敗する場合が全くないとはいいませんが、この通りに展開すれば必ず通すことができる方法です。

たとえば、企画を作って上司に持って行き、
「こんなんじゃダメだ」
「話にならん」
と一言のもとに拒否されたとします。

ポイントはそのタイミングで引き下がらないことです。

絶対にその場で
「この企画のどこがダメなのでしょうか」
と意見を聞きます。

「どこがいけませんでしたか」
「どういうすれば良くなるのか教えて下さい」

と、後でではなく、必ずその場で聞き、何らかの答えを引き出します。

そして、意見がもらえたら
「勉強になりました。ありがとうございました!」
と引き下がる。

そして、その後、
「先日のご指摘をもとに、直してきました」
と企画を修正してもっていきます。

その際、
「先日の私の企画に対し、○○というご意見をいただいたので、そのご意見を反映して、作り直してきました!」

と、企画に対して上司がどんな改善意見を言ったのかを必ず思い出させなくてはなりません。

それでも「ダメ」といわれた場合であってもすることは同じです。

やはり引き下がらず、
「前回のご意見に合わせて変えてきたのですが、今回はどうダメでしたか?どこをどう直せば検討の余地が出てきますか?」

とその場で聞きます。

それを繰り返すと、指摘できる欠点がなくなっていき、いつかはOKが出ます。

つまり、最初に改善点を聞き、直して持っていく流れを作った時点で、いつかは企画が通る方向でセットされた状態になるのです。

人はつじつまがあわないことはしたくないもの。

話が進んだときに
「とにかくダメなものはダメなんだ、何をやってもダメなんだ」
と、流れを断ち切り、すべてをひっくり返す言葉は言いにくいものです。

無論、最終的には当初考えていたものとは違うものになってしまうかもしれませんので、無制限に相手の言うことに従えないことがあるかもしれませんが、何らかの形で企画を通すことができることは確かです。

これは社内の企画のほか、営業などでも応用できる方法です。

「どこがダメなのでしょう?」
「どう改善すれば、前向きに検討していただけるでしょうか?」
と食い下がることです。

ぜひ試してみてください。

「わたしは、決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ」(トーマス・エジソン)

【編集後記】

風呂の湯船に浸かって何をするか、人によって様々ですね。

先日読んだ著者は、風呂に浸かりながら瞑想をする、と書いていました。
その時にアイデアが浮かぶので、風呂にもメモを置いているそうです。

確かに、濡れてもOKなメモ帳がありますね。

私は読書をしています。
読む本は様々。
でも、決めているわけではありません。

考え事をしたい時は、湯船に浸かって考え事をします。
身体はリラックスしているので、意外に良いアイデアを思いついたりします。

風呂で疲れを癒やし、次の日の仕事に備えましょう。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
説得の武器~好意
交渉
相手に何かを頼み、あるいは説得して、「イエス」を引き出すのに苦労することがあります。 他人から「イエス」を引き出すのに、最も確実な方法は、そ...
優しい言葉で説得する方法
交渉
交渉は、利害が対立する人同士が、それぞれの主張を通すために行うものです。 そのため、交渉の経験があまりない人は、当事者同士で激しい言葉の応酬...
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
心理を誘導する方法
交渉
雑誌プレジデントの2017年3月20号のタイトルは、「つまらない事ばかり、なぜ考えるか?」というものでした。 なぜか、わかりますか? 興味を...
本当にメールでいい?
交渉
「交渉」という言葉から、どのような光景を思い浮かべますか? 多くの方が考えるのは、会議室や応接室で、相手と面と向かって話し合いをしている光景...
完璧主義をやめよう
心構え
皆さんは「完璧主義者」と聞いて、どのようなイメージを持ちますか? ビジネスにおいて、完璧主義者と言われている人は、自分が行う仕事の完遂された...