会話

「話し方」の書籍などを読むと、人を説得したり、わかりやすく話したりするためのテクニックが書いてあります。

話し方の本は、様々な分野で活躍している著者が書いており、経験から導き出した方法論は、非常に参考になります。

その中で、多くの著者に共通する代表的な教えに「結論から話す」というものがあります。

それに類する方法として

「重要なことから順に話す」
「話を3つの要点をまとめ、最初に言う」

などといった方法が、よく紹介されています。

どれも間違いではないと思いますし、正しいやり方の一つだと思います。

しかし私は、必ずしもその方法は万能ではないとも思っています。

というのも、人にはいろいろなタイプがあり、どのような話し方をすれば受け入れられやすいかということも人により異なるからです。

もちろん、ビジネスでも、たとえば企画などのプレゼンをする際、
「○○をすべきです。なぜなら~」
と結論から話すほうが良い場合が多いと思います。

しかし、中には、社会や市場の現状などの分析を長く話してから
「したがって、こうすべきです」
といった、プロセスを前に持っていく話し方のほうが納得する人もいます。

そういう人に対して、最初から結論を提示してしまうと、身構えてしまい、逆に説得しにくくなります。

状況によっても異なります。

テレビショッピングで、
「この腹筋器具は1万円。すぐ買うべきです。なぜなら~」
と進めるでしょうか。

決してそうはしません。

まずお腹が出た人を写し、腹筋器具で運動をしている場面を写し、その結果引き締まった腹筋を写して、視聴者の感情を刺激します。

そして、最後に値段と腹筋器具を買うよう進めるのです。

したがって、全ての場合に「結論から話せ」というのは通用しないのです。

では、相手のタイプをどうやって見極めればよいのでしょうか。

秘訣は、その人が普段ものを説明する時を観察することです。

その人自身が話すときの論理構成で、

「結論→プロセス」

「プロセス→結論」

のどちらの話し方が好みなのか、ある程度知ることができます。

ビジネスの会話だけではなく、雑談での盛り上がり方でも、相手のタイプはわかります。

たとえば、夏休みに行った旅行について雑談をしているとします。

結論から話すタイプの人は、
「いやー、散々な旅行だったよ」

と総括的なことを最初に言い、そのあと「急に雨が降ってきて」「渋滞もひどくて」など、何があったのかを話し始める傾向があります。

プロセスから話すのが好きな人は、雑談でも意識せずに時系列になっているもの。

「朝、飛行機に乗ったとき」
「現地についてから雨が降ってきて」
といったように順番に話を展開し、最後に「さんざんだったよ」とまとめる話し方になります。

こちらも、相手のタイプに沿った話し方をしたほうが、盛り上がりやすくなります。

ただ、頭の良い人は、ビジネスでは結論から話し、雑談ではオチをつけるためにわざと時系列から話す人もいます。

したがって、ビジネスでの話し方に注目すればよいでしょう。

人を説得するため、楽しませるため、といった目的を達成するための会話の技術を磨くことは、唯一無二の「話し方」を身に着けることではありません。

相手のタイプを見極め、それに合わせた話し方をすることが最も大切なのです。

「俺は…引き受けると、言ったんだ…なら、話はそれで終わりだ…」(ゴルゴ13)

【編集後記】

私は今、47歳ですが、最近になって、やっと食欲が出てきました。

これまでは、定食だとご飯半分くらいでようやく食べられるくらい。
牛丼だと「ミニ牛丼」で、「しょぼい」と言われるくらい。

しかし、最近、ようやく定食でご飯普通、牛丼並、でも食べられるようになってきました。

おそらく運動しているからでしょう。
少食だと、エネルギーが足りなくなるのですね。

それでも普通の人と同じくらいの食欲ですが、できれば、このままの食欲で高齢期を迎えたい、と思う今日この頃です。

今週も仕事を頑張ります。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

話し方の関連記事
  • いかにズレているか?
  • 人を動かす4つの質問力
  • 夢をかなえる質問
  • 話してないのに雑談上手?
  • 会話が続くとっておきの方法
  • 話し合いは短い方がいいか?
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 自分では気づかないけれど周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭ですね。 口臭の原因には、胃の不調や虫歯、歯周...
危険運転致死罪で懲役11年
時事トピック
「危険運転で懲役11年確定北海道の飲酒死亡事故」(2018年12月12日産経新聞) 2017(平成29)年11月、北海道登別市の道道で乗用車...
人の指導の悩み
未分類
管理職やチームリーダーに就き、部下を率いるようになると、業務を自分で処理するよりも、人に仕事を任せ、指導する役割が増えます。 この大きな変化...
本番に強くなる方法とは?
マインド
世の中には「ここぞ」という場面で自分の力を100%出し切れる「本番に強い」と言われる人がいます。 逆に、本番になると緊張してしまい、本来の力...
不機嫌に対処する方法?
未分類
みなさんは、日々の生活の中で「不機嫌」になることはありますか。 また、仕事や日常生活で「この人はいつも不機嫌だな」という人とかかわったことが...
問題に出会っても大丈夫
その他
これまでとは違う新しいことにチャレンジするとき、必ず障害が立ちはだかります。 でも、障害を前にしても恐れることはありません。 恐れず立ち向か...
ライバルの存在・・
ライバル
交渉の基本中の基本のテクニックとして、競業他社など、ほかに交渉している相手がいるということをちらつかせながら、良い条件を引き出すという手法が...
断固たる拒絶にあったら?
交渉
交渉は、利害が異なるもの同士が諸条件をすり合わせ、何らかの合意を目指すものであり、対立点があっても粘り強く進める必要があります。 しかし、交...