雑誌プレジデントの2017年3月20号のタイトルは、「つまらない事ばかり、なぜ考えるか?」というものでした。

なぜか、わかりますか?
興味を惹かれますね。

なぜ、このタイトルに興味を惹かれるのでしょうか?

過去、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という本がベストセラーになりました。
この本のタイトルも興味を惹かれます。

共通点がありますね。
「なぜ~」
という部分です。

このタイトルの付け方は、私が「誘導質問」と呼んでいるテクニックです。

読者の思考を誘導し、一定の方向への誘導しようとするテクニックです。

「つまらない事ばかり、なぜ考えるか?」と聞かれると、思考は、「あれ?どうしてだろう?」と考えます。

しかし、本当は、「つまらない事を考えることもあれば、考えないこともある。もし、あんたがつまらない事ばかり考えているとしたら、それはなぜか?」となるはずです。

しかし、それでは売れませんね。

「知りたい!」という欲求を起こされるために、タイトルによって強引に思考を誘導しているわけです。

この「誘導質問」のテクニックは、このような販売の場面で有効に機能しますが、他人を説得する場面でも有効に機能します。

不動産の物件に案内して、「気に入った物件がありましたか?」と質問するより、気に入った物件があったように誘導して、「どちらの物件の方が気に入りましたか?」と質問した方が、説得しやすくなります。

これは、質問の思考の強制機能を使ったものです。

質問をされると、私たちは、その質問に答えようとするため、質問の仕方を工夫することによって、自動的に思考の方向性を強制してしまうことができる、ということです。

では、どのように、このテクニックを使って他人を説得していったら良いでしょうか?
また、注意点とは何でしょうか?

さらに、このテクニックを使われたときは、どうしたら良いでしょうか?
今回の本では、他人から気持ちよくYESを引き出す方法と注意点について書き下ろしています。

Amazonで予約が開始されましたので、ぜひ予約をしてください。

「気持ちよくYESを言わせる方法」(文響社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4866510404/

【編集後記】

献血をすると、血液検査の内容を後日送ってくれます。
先日行った献血の結果が先週送られてきました。

見ると、ついに、γGTPが正常値になりました。
アルコールの量が減ったおかげでしょうか。

ますます健康体に近づくよう努力をしたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

日々、知識を磨いていきたいと思います。(*・`д・)ガンバルッス!!
今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!
では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
違法ダウンロード、罰則拡大へ
時事トピック
「違法ダウンロード、罰則拡大へ 文化庁、漫画や小説も対象」(2018年12月7日共同通信) インターネット上で違法に配信されたと知りながら、...
口べただから、うまくいく
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...
危険運転致死罪で懲役11年
時事トピック
「危険運転で懲役11年確定北海道の飲酒死亡事故」(2018年12月12日産経新聞) 2017(平成29)年11月、北海道登別市の道道で乗用車...
必殺の勉強法
成功体験
皆様の中には、資格試験にチャレンジしようと、毎日の勉強をされている方がいると思います。 そこで気になるのが「勉強法」についてです。 効率的な...
我慢が忍耐力を低下させる
心構え
今回も時間の有効な使い方について解説します。 忍耐力についての面白い実験があります。 フロリダ州立大学のバウマイスター教授の意志力・忍耐力の...
失敗を恐れない
その他
全米を感動させた有名な広告文です。 君はこれまで何度も失敗した きっと覚えてはいないだろうが はじめて歩こうとしたあの時 君は転んでしまった...
その人のいいところは?
人間関係
「イヤだなあ」と思う人でも、その人のいい面を探してみましょう。 きっとあるはずです。 人への見方を変えるカンタンな方法があります。 その人の...
言葉はブーメラン
人間関係
悪口、陰口を言っていると、気分が晴れることがあります。 第三者はそれを聞いて、喜ぶことがよくあります。 でも、それは一時的なものです。 悪口...