マイナス

イライラやマイナス感情が続くのは、それらを引き
起こす原因や人のことを考えてしまうからです。

つい、考えてしまうのはしかたがありません。
でも気づいたら、それらを考えるのはストップしましょう。

その方法を3つご紹介します。

1、物理的に離れる

たとえば、嫌なことがあった場所には極力行かない。

その思い出となる写真や品物を、目にふれさせない。

怒りが生じる原因となるものから物理的・感覚的に離れるのです。

2、別のことをしてみる

暇にしていると、嫌なことを思い出して
怒りが湧いてくることもあるでしょう。

そこで、暇をもてあそばないように、
常に何かをしている状態をつくります。

たとえば、趣味にたっぷり時間をとってみる。
スポーツで思いっきり身体を動かして、心身ともに
リフレッシュする。

前向きな友人と会って話をするのも元気が出ます。

3、考えすぎない

どうしても、何度も何度も頭の中で同じこと考えてしまうのであれば、
誰か信頼できる人に話を聞いてもらうといいでしょう。

たまっている怒りを吐き出して、ガス抜きするのです。

モヤモヤしていたものを全部出してしまうと、
頭も心もとてもすっきりします。

    

きっとよくなるヒント

                      
ネガティブな考えをストップする。

【出典】中井俊已著『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』
  

世界初?・・これまでにない画期的な「男女別学習ドリル」が誕生!
http://www.t-nakai.com/gakken0107.html

Facebook「友だちに伝えたい心得」の「いいね」が、11400人。(感謝です)
http://www.facebook.com/kokoroe90

編集後記

講演のために、長崎に来ています。

「前向き・肯定的・感謝の心で元気に生きる」

というテーマでお話します。

とても楽しみです。

                        

読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんありますように。

Vol.919

その他の関連記事
  • 失敗を恐れない
  • 今できないことも未来のあなたにはできる
  • 夢をはっきりと紙に書く。
  • 夢を思い描くと実現に近づく
  • 思い切り泣いていますか?
  • 疲れをいやす
おすすめの記事
簡単に説得力を増す方法
交渉
相手に何かを依頼したい時に、「イエス」という答えを引き出す確率を高める方法があります。 といっても、言い方だとかのテクニックではありません。...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 自分では気づかないけれど周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭ですね。 口臭の原因には、胃の不調や虫歯、歯周...
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は「酵素ドリンク」を取り上げています。 さて、酵素ドリンクのほとんどがダイエット効果をイメージさせるもので...
ミスをしても素直だと成長できる
仕事
上司から叱られると、逆ギレしたり、すぐに会社を やめてしまう若者が多いそうです。 馴れていない仕事では、ミスをするのは当たり前。 私たちは、...