今回は、時間の使い方についてです。

仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。

やるべきことが、どんどん増えてしまうというのが理由です。

他方、部下を増やすごとに、これまでやってきた仕事を減らし、よりコアな業務に集中している上司もいます。

これは、どのような違いなのでしょうか。

部下を増やすごとに、忙しくなってしまう上司は、部下がやるべき仕事を、引き受けすぎてしまっているという傾向があります。
部下の仕事が不安で、またいちから自分で業務を行ってしまうような場合。

あるいは、部下から相談を受けたときに、
「わかった考えておく」
と言って、自分で引き受け、自分の業務を増やしてしまうような場合。

こうやって、どんどん自分の業務が増えていってしまうのです。

しかし、本来、自分で業務を行うのであれば、部下など不要です。
自分の業務の1部を、部下に担ってもらい、自分でなければできないコアな業務に集中することが本来部下を持つ意味となります。

自分のやるべき業務と、部下のやるべき業務の線引きをすることです。
具体的には、部下ができる業務は部下に任せること。

また、部下から相談を受けたら、調査や検討課題等を部下に指示して再度部下に考えてもらってその報告を受けるようにすること。

その上で、上司は、その可否判断をする、というのが、上司が自分の時間を確保し、効率的に組織を動かし、結果を出すための方法となるでしょう。

【編集後記】

半年で13キロ痩せたのですが、これだけ痩せると、周りの人が驚きます。
結構な確率で、私が病気になったのだと思い、気を遣ってくれます。

確かに、この年で急に痩せたら、そう見えるかもしれませんね。
でも、ご心配なく。

絶好調ですから!
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...
成功体験と変化
成功体験
ビジネスにおいて、自分が行った仕事の「成功体験」は大きな財産です。 その成功を収めるまでには、様々な苦労があったはずですが、二度目からは余計...
人の指導の悩み
未分類
管理職やチームリーダーに就き、部下を率いるようになると、業務を自分で処理するよりも、人に仕事を任せ、指導する役割が増えます。 この大きな変化...
直感の重要性
マインド
今回取り上げるのは、俳優としてのみならず、武道家・格闘家、思想家として、死後40年を過ぎても衰えぬ影響力を持つブルース・リー。 彼の代表作『...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
運転中の携帯、罰則強化
時事トピック
「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信) 自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用につい...
自分の話ばかりする人
未分類
こんにちは。弁護士の谷原誠です。 最近、当メルマガで「雑談」をテーマとして取り上げることが多くなりました。 そのため、お会いする方から、雑談...