今回は、時間の使い方についてです。

仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。

やるべきことが、どんどん増えてしまうというのが理由です。

他方、部下を増やすごとに、これまでやってきた仕事を減らし、よりコアな業務に集中している上司もいます。

これは、どのような違いなのでしょうか。

部下を増やすごとに、忙しくなってしまう上司は、部下がやるべき仕事を、引き受けすぎてしまっているという傾向があります。
部下の仕事が不安で、またいちから自分で業務を行ってしまうような場合。

あるいは、部下から相談を受けたときに、
「わかった考えておく」
と言って、自分で引き受け、自分の業務を増やしてしまうような場合。

こうやって、どんどん自分の業務が増えていってしまうのです。

しかし、本来、自分で業務を行うのであれば、部下など不要です。
自分の業務の1部を、部下に担ってもらい、自分でなければできないコアな業務に集中することが本来部下を持つ意味となります。

自分のやるべき業務と、部下のやるべき業務の線引きをすることです。
具体的には、部下ができる業務は部下に任せること。

また、部下から相談を受けたら、調査や検討課題等を部下に指示して再度部下に考えてもらってその報告を受けるようにすること。

その上で、上司は、その可否判断をする、というのが、上司が自分の時間を確保し、効率的に組織を動かし、結果を出すための方法となるでしょう。

【編集後記】

半年で13キロ痩せたのですが、これだけ痩せると、周りの人が驚きます。
結構な確率で、私が病気になったのだと思い、気を遣ってくれます。

確かに、この年で急に痩せたら、そう見えるかもしれませんね。
でも、ご心配なく。

絶好調ですから!
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
ライバルの存在・・
ライバル
交渉の基本中の基本のテクニックとして、競業他社など、ほかに交渉している相手がいるということをちらつかせながら、良い条件を引き出すという手法が...
無力感からの脱出
マインド
精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。 博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。 そのうち、ラッ...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 アメリカ発の「スムージー」がブームなっていますが、そもそもスムージーとは、製法からして飛び抜けて目新しいもので...
本当にメールでいい?
交渉
「交渉」という言葉から、どのような光景を思い浮かべますか? 多くの方が考えるのは、会議室や応接室で、相手と面と向かって話し合いをしている光景...
メンツをとるか、利をとるか?
交渉
交渉では、金銭や納期等をはじめ、様々な条件で駆け引きが行われます。 その諸条件について、双方がいかに歩み寄りできるかによって合意できるか否か...
交渉におけるしゃべりすぎの弊害
交渉
交渉において、起こりがちな失敗の一つが「しゃべりすぎ」。 自分に不利になるようなこと、しかもその場で言う必要のないことを口にしてしまい、交渉...