先週まで減量をしていました。
半年で約13キロの減量でした。

減量方法は、「食事」と「運動」です。

減量方針としては、
●仕事に支障がないようにする
●筋トレを続ける
●なるべく筋肉を落とさない(脂肪を落とす)
●お酒は飲んでいい

の4点です。

仕事に打ち込むビジネスパーソンにとって、仕事を犠牲にして取り組むものはありません。
減量もまたしかりです。
仕事に支障のない範囲でのみ行います。

減量というと、とたんに断食をしたり、糖質をカットしたり、という方法をとる人がいます。
しかし、そうすると、筋トレに支障が出ます。

筋トレも減量も健康のためです。
健康のための減量が、健康のための筋トレに悪影響を及ぼすのは避けなければなりません。

そのため、糖質オフは採用しないこととしました。

仕事に支障がないようにするためには、糖質を摂取しなければなりません。
脳のエネルギーは、第一にブドウ糖だからです。

糖新生を待っている間、脳の働きが悪くなる気がします。

筋トレを続ける上でも糖質を必要量摂取する必要があります。
糖質を制限すると、フラフラしますし、倦怠感があって、運動するには強い意志が必要となってしまうためです。

上記方針からすると、断食は、採用できませんでした。
糖質を摂取できないことのほか、筋肉を落としてしまいます。

減量中の食事量に関する実験があります。

減量前の体脂肪が30キロの人が1日あたり1000キロカロリー以上のエネルギーを摂取していると除脂肪組織(肝臓や筋肉)の減少は体重減少の15%ほどなのに対し、450キロカロリー以下のエネルギーしか摂取しないときは、体重減少に占める除脂肪組織の割合は60%近い、というものです「ジムに通う人の栄養学」(岡村博嗣、講談社91頁)。

ということは、断食をすると、脂肪より筋肉を減らしてしまう、ということですね。

そして、筋肉を減らすと、基礎代謝が落ちますので、その後のカロリーバランスに悪影響が出てしまい、痩せにくくなる、ということです。

1キロ減量するには、約7000キロカロリー減らさなければなりませんので、普通のホルモンバランスの人であれば、食事制限が不可欠です。

1日の摂取量より1日の消費量の方が上回るようにします。
そのために、摂取カロリー量をコントロールし、かつ、運動により消費カロリーを増やします。

ほぼ毎晩、何らかの会合に出席しなければならないので、飲酒はOKにしました。
その上でのカロリーコントロールをしなければいけません。

運動のための時間確保も重要です。

減量の専門家は、減量のことばかり考えていればよいでしょうが、ビジネスパーソンは忙しい仕事をこなしながら減量のための時間を確保していかなければなりません。
やはり、ビジネスパーソンには、それ独自の方法論が必要になるように思います。

仕事に支障なく、かつ、他の日常的な活動にも支障なく減量しようとすると、少しずつ時間をかけて減量をしていかなければならないのだ、ということがわかりました。

減量の仕方がわかったので、今後はカロリーオーバーを少し続けながら筋肉の増量に努めたいと思います。

【編集後記】

減量が終わったので、好きに食べていたら、3日で2キロ増えました。

減量には強い意志が必要ですが、増量には弱い意志が必要ですね。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

成功体験の関連記事
  • 減量終わりました
  • 成功体験と変化
  • 挫折から立ち直る方法?
  • 必殺の勉強法
おすすめの記事
即レスするには?
心構え
私が仕事の上で心がけていることの一つに、来たメールにできる限り早く返信する、いわゆる「即レス」があります 私だけではなく、即レスは多くの人が...
無力感からの脱出
マインド
精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。 博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。 そのうち、ラッ...
減量終わりました
成功体験
先週まで減量をしていました。 半年で約13キロの減量でした。 減量方法は、「食事」と「運動」です。 減量方針としては、 ●仕事に支障がないよ...
新技開発とは?
心構え
私は大学時代、体育会の器械体操部に所属していました。 体操は、昨年のリオ・オリンピックでも日本人選手が大活躍しましたので、最近興味を持ったと...
一秒で幸せになれる言葉
人間関係
すきならすきと、いってやればよかったのに、 だれもいってやらなかった。 いわなくてもわかるとおもっていたんだね。 『ずーっと、ずっと、だいす...
口べただから、うまくいく
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...
障害はマイナスではありません。
その他
ひとつの幸せのドアが閉じる時、 もうひとつのドアが開く。 しかし、よく私たちは 閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気付かない。 b...