精神生物学者のカート・リクター博士の実験を紹介します。

博士は、数十匹のラットをガラス瓶に1匹ずつ入れて、水で満たしました。
そのうち、ラットは溺れてしまいます。

ラットはせいぜい60時間泳ぎ続けるのがやっとだったそうです。
その後、博士は、ラットに教育を施しました。

ラットを瓶に入れ、数分間水噴射を浴びせた後で逃がす、ということを繰り返しました。

その後、ラットを先ほどと同じように瓶に入れ、水で満たしたところ、平均60時間以上泳ぎ続け、諦めなかったそうです。

ラットは、「諦めなければ逃げることができる」ということを学習した、ということになります。

この学習効果は、人間にも応用できます。

挑戦し、失敗し、挫折する、ということを繰り返していると、人間は、何をしても失敗する、と考え、挑戦をしなくなります。

これは、「学習性無力感」というものです。
「どうせ失敗する」ということを学習してしまうのです。

普段から、
「どうせ私なんて」
「どうせ失敗するよ」
「~さえあれば成功するかもしれないけど、ないから無理だな」
などと言っている人は、無力感を学習してきたのでしょう。

自分を変えない限り、成功への道は遠いでしょう。

しかし、ラットのように、成功を学習すれば、目標に向けた諦めない心が養われます。

私は今、筋トレをやっていますが、筋トレは、成功学習に向いています。

私のやっている筋トレの方針は、「昨日の自分に勝つ」ということです。
「前回の筋トレよりも、1キロでも重く、1回でも多く」を目標にします。

筋肉がない状態から、トレーニングを続けていくと、だんだん筋肉がついていきますから、当然、重量も上がっていくわけです。

つまり、日々、「成功体験」を積むことができます。

そうすると、「努力すれば、成功できる」という無意識の学習をすることができます。

それは、他の分野でうまくいかないことがあっても、「いやいや、努力すれば、続けていけば、諦めなければ、いつかは成功するはずだ」という意識につながっていきます。

筋トレでなくても、何でも良いと思います。

継続により、日々向上できることを習慣し、続けていけば、だんだんと成功学習を積むことになり、これまでに蓄積した「学習性無力感」を塗り替えることができるでしょう。

他人を変えることは難しいと思いますが、いつからでも自分を変えることはできると信じています。

【編集後記】

最近、また目覚まし時計を使うようになりました。

自然起床が身体の状態を最高にするためには望ましいと思うのですが、そうすると、起床時間がぶれるため、朝の時間管理が難しくなってきます。

私は今、起きた直後がもっとも頭がクリアなので、その時間に集中して仕事をこなしたいと考えています。
そのために、朝の起き方をテストしている次第です。

今、49歳ですが、いまだにこんなことをテストしています。
小さな努力を積み重ねていきたいと思います。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

マインドの関連記事
  • 誰を説得する?
  • ある国の国税庁が使った心理法則
  • 無力感からの脱出
  • 動きで怒りを制御する方法
  • スターバックスは諦めない?
  • なりたい自分になるには?
おすすめの記事
交渉におけるちゃぶ台返し
交渉
長い時間をかけた交渉が、様々な条件で合意を見て、いよいよ締結寸前。 しかし、交渉が佳境に入った状況で、何かのきっかけで相手が態度を急変させ、...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 まず、結論から言うと【花粉症にコーヒーはダメ】です。 花粉症患者にとって、コーヒーがダメな理由は2つあります。...
動きで怒りを制御する方法
マインド
今回は、怒りのコントロールについてです。 怒りを感じた時、怒りを発散するため、サンドバッグを叩いたり、思いっきり怒鳴ってみたり、という方法は...
営業秘密の漏洩
時事トピック
「元日産社員、有罪確定へ 企業秘密取得、最高裁」(2018年12月5日 産経新聞) 日産自動車のサーバーに接続して企業秘密を不正に取得したと...
あおり運転の摘発1万件超
時事トピック
「あおり関連の摘発1万件超 カーナビ、スマホ注視微減」 (2019年2月14日 日本経済新聞) 2018(平成30)年に、道路交通法違反の「...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は「酵素と酵母の違い」について解説していきます。 酵素ドリンクのブームが続いていますが、酵母を使った健康法...
一流と二流に関するある視点
心構え
最近、書籍、ビジネス雑誌の記事で「一流、二流の違いとは?」といった内容のものをよく目にします。 「二流」というと言葉が強すぎると感じますが、...