今回は、交渉における決定権限についてお話します。

交渉の場で、頻繁に使われる「常套句」といえるものがあります。

よく使われる言葉は、使われるだけの理由があります。

うまく使うことで、高い効果を生むことができます。
また、自分が使う場合だけではなく、相手が使った際も、なぜそう言ったのか、状況を正確に理解したいところです。

今回紹介する言葉が「一旦持ち帰って検討します」「上に確認してみます」です。

皆さんも、取引先で、あるいは営業の場で、使ったことがあるかもしれません。

この言葉は弁護士もよく使います。
代理人として交渉等をしている際「その件は、依頼者に確認し、改めて返答します」といって話を持ち帰ることがよくあります。

では、この言葉はどのような時に発せられ、どのように使えばよいのでしょうか。

この言葉を使う理由として、まず自分に相手の提案や申し出について決定する権限がなく、権限のある人に確認する必要がある場合があります。

会社同士の交渉を担当している人が、決定権限を与えられていない提案等をされた場合、その場ではイエス・ノーがいえませんので、いったん、社に持ち帰るしかなくなります。

その時に「一旦持ち帰ります」「上に確認します」という言葉が出ます。

しかし、この言葉が使われるとき、実は交渉人に権限があることもあります。

即答しない方が望ましい、と考えた時に、イエス・ノーを回答できるにもかかわらず、「一度持ち帰って確認します」と、回答を留保するのです。

このオプションについては、一つ注意したいことがあります。
それは、全ての決定権限のある人が交渉に行くときには、使えなくなる可能性がある、ということです。

たとえば労働組合の団体交渉(団交)を受けるときのコツの一つとしてよく「社長が直接交渉の場に行ってはいけない」といわれます。

総務部長などの肩書の人が会社側として臨むことが多いようです。

これは常套句である「一旦持ち帰り、上に聞いてみます」というオプションを確保するため。
仮に社長が「ちょっと会社に帰って検討します」といっても「自分で決められるでしょう、ここで返事をしてください」と迫られることになってしまいます。

完全な決定権限がある人が交渉に望んだ方が話が早く、スピーディーな意志決定ができることは確かなので、ケースバイケースですが、その場で結論を出したくない要求をされることが想定される場合は、このオプションを確保しておきたいところです。

最後に、このせりふを言われたときの対処法についても簡単に説明します。

この場で結論を出してもらいたい要求に「一旦持ち帰ります」と返されたときは、限定をつけるのが有効です。

つまり、「今決めるならこの条件でよいのですが、持ち帰るならいったん白紙にさせてください」といった言葉です。
もし相手が、実はその条件を飲むことができる場合「今だけ」という限定をつけると、持ち帰るわけにはいかなくなります。

「一旦持ち帰ります」「上に確認します」は便利な言葉です。
上手に使い、また使われた際も最適な対処ができるようにしましょう。

【編集後記】

1日は24時間ですが、普段の生活では、24時間もあるようには感じませんね。
実際に意識があるのは、睡眠時間以外の時間ですが、それでも少なく感じます。

おそらく、それだけ無駄な時間を過ごしている、ということでしょう。
だからといって、分刻みで活動する気にはなりません。

常に精神的に余裕をもって生活をしたいと思います。
そのためには、時間管理をしっかりすることですね。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
行動の断捨離はできない?
心構え
ビジネス誌や自己啓発書の定番のテーマの一つに「時間管理」があります。 「時間管理」という言葉の定義ははっきりとしていませんが、すべき仕事の優...
第三者に代理を頼むとき
交渉
交渉には、その結果に利害がある当事者がいます。 しかし、実際に交渉の席に着き、話し合いを行う人は、当事者以外の第三者であることが少なくありま...
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
何が人を動かすか?
交渉
最近どの業界においても、事業を展開する際の課題となっていることとして「差別化」の難しさがあります。 製品・サービス自体の内容・性能では差をつ...
ある国の国税庁が使った心理法則
マインド
どこに国でも、税金を滞納する人がいます。 各国の国税庁は、どうやって税金を回収するか、に苦心しています。 ある国の国税庁も、その例に漏れませ...
不機嫌に対処する方法?
未分類
みなさんは、日々の生活の中で「不機嫌」になることはありますか。 また、仕事や日常生活で「この人はいつも不機嫌だな」という人とかかわったことが...
成功体験と変化
成功体験
ビジネスにおいて、自分が行った仕事の「成功体験」は大きな財産です。 その成功を収めるまでには、様々な苦労があったはずですが、二度目からは余計...