今回も時間の有効な使い方について解説します。

忍耐力についての面白い実験があります。
フロリダ州立大学のバウマイスター教授の意志力・忍耐力の実験です。

食事を抜いて空腹を感じている被験者を焼きたてのクッキー、チョコレート、ラディッシュ(二十日大根)が乗ったテーブルの前に座らせました。

2つのグループに分け、1つめのグループはおいしいクッキーとチョコレートを食べていいと言われ、2つめのグループはお菓子を我慢して、ラディッシュだけ食べていいと言われます。

その後、被験者達は、別の部屋で、解けないように作られた図形パズルを解くように言われます。
さて、それぞれのグループは、図形パズルを「継続して、何分間解き続けることができるか」という実験です。

【第一グループ】
お菓子を食べてよいと言われたグループは約20分パズルを続けられました。

【第二グループ】
単にお腹がすいていて、何も食べなかったグループも同じでした。

【第三グループ】
しかし、お菓子を我慢してラディッシュのみ食べたグループは、8分しか続けられませんでした。

この実験の結果は、何を表しているでしょうか。

つまり、欲求に我慢をすると、その後、他のことでも忍耐力が低下する、ということです。

継続して使える忍耐力には、限界があり、何かを我慢した後には、他に使える忍耐力が低下する、ということです。

これは、非常に有益な示唆に富んでいます。

通常の人にとっては、勉強や仕事には、意志力や忍耐力が必要なことが多いでしょう。

そうだとすると、より長時間、勉強や仕事に集中するためには、その勉強や仕事の前に、「何かを我慢する」という時間を過ごしてはいけない、ということになります。

経験的にわかっていることですが、朝、すっきりした状態で勉強や仕事をするとはかどる、というのは、このことを示しているといってもよいでしょう。

また、勉強や仕事の合間にリフレッシュする、運動をする、というのも理に適っています。

限界に挑戦するような運動をしてはいけませんが、適度な運動をすると、我慢から解放されますので、リフレッシュ効果がある、ということになるでしょう。

したがって、何か忍耐を要するような作業を控えている時は、できる限り、その直前では忍耐から解放されるようにし、もし、忍耐が続くようであれば、完全に我慢から解放される運動なり仮眠なりをとって、リフレッシュすることが有効な時間の使い方になると思います。

さて、逆に、相手を説得してイエスと言わせたい時は、相手の忍耐力が低下した時の方が有効と言えるでしょう。

したがって、夕方ころ、すでに相手が我慢に疲れたり、集中力を使い果たしたりした状態の時は、もう忍耐力があまり残っていません。

「どうでもいいや」という気分になるものです。
そのような時は説得に応じやすいといえるでしょう。

ナチスのヒトラーの演説も夕暮れ時を狙って説得効果を高めていましたが、くれぐれも悪用はしないようにご注意ください。

【編集後記】

Amazonで本を買うことが多いですが、やはり、書店に行くと、色々発見があります。
Amazonでは、並び替えで売れ筋などの本が順番に並んでいます。

しかし、書店では、必ずしも売れてなくても店員さんが選んだ本が並んでいます。
その中に、売れていなくても光る本が隠れていることがあるのです。

やはり、定期的に書店には行った方がいいな、と改めて思いました。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
疲れをいやす
その他
疲れちょると思案がどうしても滅入る。 よう寝足ると猛然と自信がわく。 坂本龍馬  頑張れば、誰だって疲れます。 100メートルを全力疾走すれ...
ミスをしても素直だと成長できる
仕事
上司から叱られると、逆ギレしたり、すぐに会社を やめてしまう若者が多いそうです。 馴れていない仕事では、ミスをするのは当たり前。 私たちは、...
交渉を整理するには?
交渉
交渉には、話し合うべき大小様々な争点があります。 争点に一つ一つ合意を積み重ね、パズルのように組み合わせることで全体の合意に至ります。 ここ...
人と自分は違って当たり前
人間関係
人と比べられる子どもは自分を好きになれません。 自分のやることに自信がもてず、いつも劣等感を抱いて、 どうせ自分はダメなんだと思ってしまいま...
埋没したコスト?
交渉
埋没コスト、という言葉をご存じでしょうか。 これは、すでに投下してしまって回収不可能なコストのことです。 たとえば、あるコンサートに行こうと...
一流と二流に関するある視点
心構え
最近、書籍、ビジネス雑誌の記事で「一流、二流の違いとは?」といった内容のものをよく目にします。 「二流」というと言葉が強すぎると感じますが、...
競走馬の逃走、車破損事件
時事トピック
「「馬と衝突」110番競走馬が逃走し車を破損佐賀」(2018年12月13日毎日新聞) 佐賀県鳥栖市の市道で、軽乗用車を運転していた男性(40...
敵が味方になる方法?
交渉
皆さんは「交渉相手はパートナーである」という言葉を聞いてどのような印象を持つでしょうか。 なんとなく「きれいごとを言っているな」と感じるので...