世界的なコーヒーショップのスターバックスのCEOだったハワード・シュルツ氏。
同氏は、1982年に同社に入社しました。

当時は4店舗であった同社を、1987年に買収し、店舗数は2万店舗を超える規模にまで成長させました。

彼は、スターバックス社を買収する前に、「イル・ジョルナーレ」というコーヒーショップ店を開業したのですが、その資金集めには、大変苦労しました。

1年間かけて資金を集めようとして、投資家に呼びかけました。
あなたなら、何人くらいに声をかけますか?

そして、何人から断られたら、「どうやら、うまくいかないようだ」と諦めますか?
ハワード・シュルツ氏は、なんと、241人に声をかけました。

声をかけるだけなら、できるでしょう。
しかし、断られた数、なんと217人。

ほとんど断られているわけです。
しかし、最終的には資金調達に成功します。

私たちは、拒絶に弱い心を持っています。
連続して断られたりすると、すぐに「もうダメだ」「どうせうまくいかなったんだ」などと諦めてしまいます。

しかし、成功する人と、そうでない人の違いは、実は、ここにあるのではないでしょうか。

どこで諦めるか。

諦めれば、その時点で失敗。
諦めなければ、その時点は、成功への通過点。

偉大な業績をあげた人達が、何度も何度も失敗し、その末に成功に至った話を、私たちは数多く聞いています。

「諦めなければいつかは成功する」と、心の底では信じたい気持ちがあります。
それでも、何度も失敗すると、心がくじけてしまうものです。

でも、もしかしたら、後一度チャレンジしたら、うまくいくかもしれません。
それでダメだったら?

もしかしたら、もう一度だけチャレンジしたら、うまくいくかもしれません。
そうやって諦めなければ、全てのことに挫折はないのかもしれません。

「諦めないやつに、誰も勝ってこない」
(アメリカの伝説の野球選手ベーブ・ルース)

【編集後記】

自然起床を心がけています。
目覚ましをかけない、ということですね。

当然、余裕をもって起きられる時間に就寝する必要があります。
起きてすぐにハイパフォーマンスを発揮したいためです。

朝起きて強制的にご飯を食べて、出掛ける、という行動をするだけなら、眠くてもできます。

しかし、朝起きて、すぐに仕事を始める、というためには、深い睡眠中に目覚ましで起きたり、睡眠不足のまま起きたり、というのでは、ハイパフォーマンスは発揮できません。

自分の身体の調子を注意深く観察することが大切ですね。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

マインドの関連記事
  • 誰を説得する?
  • ある国の国税庁が使った心理法則
  • 無力感からの脱出
  • 動きで怒りを制御する方法
  • スターバックスは諦めない?
  • なりたい自分になるには?
おすすめの記事
言葉はブーメラン
人間関係
悪口、陰口を言っていると、気分が晴れることがあります。 第三者はそれを聞いて、喜ぶことがよくあります。 でも、それは一時的なものです。 悪口...
ひき逃げ死亡事故
時事トピック
「死亡事故飲酒ひき逃げ容疑22歳男と同乗者計3人逮捕」(2018年11月26日毎日新聞) 酒を飲んでひき逃げし、男性会社員(31)を死亡させ...
障害はマイナスではありません。
その他
ひとつの幸せのドアが閉じる時、 もうひとつのドアが開く。 しかし、よく私たちは 閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気付かない。 b...
即レスするには?
心構え
私が仕事の上で心がけていることの一つに、来たメールにできる限り早く返信する、いわゆる「即レス」があります 私だけではなく、即レスは多くの人が...
生まれてきたことを肯定する
人間関係
満男「人間は何のために生きてんのかな」 寅 「難しいこと聞くな、お前は。 ・・・何と言うかな、あー生まれてきてよかった。    そう思うこと...
必ず企画を通す方法
交渉
上司や取引先に対して、絶対に通さなくてはならない企画や商談があるとき、あなたはどうしますか? もちろん、練りに練ったプレゼンテーションを、熱...
人を動かす4つの質問力
話し方
私は質問力の本を何冊か、書いています。 なぜ、質問に力があるのでしょうか。 今回、そのことについて説明をしたいと思います。 なぜ質問が人を動...
どこで勝った負けたを判断するか
交渉
交渉は、数時間で合意に達することもあれば、長期にわたることがあります。 相続に関する交渉などは、数年にわたり話し合いを続けることも珍しいこと...