世界的なコーヒーショップのスターバックスのCEOだったハワード・シュルツ氏。
同氏は、1982年に同社に入社しました。

当時は4店舗であった同社を、1987年に買収し、店舗数は2万店舗を超える規模にまで成長させました。

彼は、スターバックス社を買収する前に、「イル・ジョルナーレ」というコーヒーショップ店を開業したのですが、その資金集めには、大変苦労しました。

1年間かけて資金を集めようとして、投資家に呼びかけました。
あなたなら、何人くらいに声をかけますか?

そして、何人から断られたら、「どうやら、うまくいかないようだ」と諦めますか?
ハワード・シュルツ氏は、なんと、241人に声をかけました。

声をかけるだけなら、できるでしょう。
しかし、断られた数、なんと217人。

ほとんど断られているわけです。
しかし、最終的には資金調達に成功します。

私たちは、拒絶に弱い心を持っています。
連続して断られたりすると、すぐに「もうダメだ」「どうせうまくいかなったんだ」などと諦めてしまいます。

しかし、成功する人と、そうでない人の違いは、実は、ここにあるのではないでしょうか。

どこで諦めるか。

諦めれば、その時点で失敗。
諦めなければ、その時点は、成功への通過点。

偉大な業績をあげた人達が、何度も何度も失敗し、その末に成功に至った話を、私たちは数多く聞いています。

「諦めなければいつかは成功する」と、心の底では信じたい気持ちがあります。
それでも、何度も失敗すると、心がくじけてしまうものです。

でも、もしかしたら、後一度チャレンジしたら、うまくいくかもしれません。
それでダメだったら?

もしかしたら、もう一度だけチャレンジしたら、うまくいくかもしれません。
そうやって諦めなければ、全てのことに挫折はないのかもしれません。

「諦めないやつに、誰も勝ってこない」
(アメリカの伝説の野球選手ベーブ・ルース)

【編集後記】

自然起床を心がけています。
目覚ましをかけない、ということですね。

当然、余裕をもって起きられる時間に就寝する必要があります。
起きてすぐにハイパフォーマンスを発揮したいためです。

朝起きて強制的にご飯を食べて、出掛ける、という行動をするだけなら、眠くてもできます。

しかし、朝起きて、すぐに仕事を始める、というためには、深い睡眠中に目覚ましで起きたり、睡眠不足のまま起きたり、というのでは、ハイパフォーマンスは発揮できません。

自分の身体の調子を注意深く観察することが大切ですね。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

マインドの関連記事
  • 誰を説得する?
  • ある国の国税庁が使った心理法則
  • 無力感からの脱出
  • 動きで怒りを制御する方法
  • スターバックスは諦めない?
  • なりたい自分になるには?
おすすめの記事
口べたの交渉術
交渉
「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのを...
2冊出ます!
未分類
9月に、私の本が2冊出ます。 まだ出回っていませんが、Amazonで予約できます。 【1冊目】 「雑談の戦略」(大和書房) https://...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
新技開発とは?
心構え
私は大学時代、体育会の器械体操部に所属していました。 体操は、昨年のリオ・オリンピックでも日本人選手が大活躍しましたので、最近興味を持ったと...
続けるための1つの方法
マインド
資格試験や語学、あるいはダイエット等の成功の絶対条件は「継続」。 しかし、わかってはいても、「どうしても続かない」という悩みを持っている方は...
「結論から話せ」は正しいか?
話し方
「話し方」の書籍などを読むと、人を説得したり、わかりやすく話したりするためのテクニックが書いてあります。 話し方の本は、様々な分野で活躍して...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 暑い日が続くと 「お米のご飯がのどをとおりにくくなる」 という現象がおきます。 そこで、外食ではお好み焼きやパ...
マイナス感情を引きずらないために
その他
イライラやマイナス感情が続くのは、それらを引き 起こす原因や人のことを考えてしまうからです。 つい、考えてしまうのはしかたがありません。 で...