今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。

ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話。

ウサギは当然、スタート直後からカメに大きく差をつけますが、ゴール直前で寝てしまったため、追い抜かれ、カメが勝利するという結末です。

教訓としては「慢心してはならない」「コツコツ地道に努力するのが大切」といったところでしょうか。

しかし、この教訓は正しいかもしれませんが、ビジネスの世界では、このおとぎ話はほとんど役立ちません。

現実には、カメはウサギに駆けっこで勝つことはできません。
力が圧倒的に上の相手と勝負すれば、当然のごとく圧倒的に負けます。

しかも、勝負が長引けば長引くほど、途方もなく差が開き、追いつくことは不可能となります。
競走中に休んでくれる人はいません。

そもそも、カメはなぜよりによってウサギと駆けっこをしようと考えたのでしょうか。
勝てると思っていたのでしょうか。

お話では、勝負を挑んだきっかけは、「もしもしかめよかめさんよ」と、ウサギに歩みののろさを馬鹿にされたこと。

つまり、挑発に乗って、相手の得意分野で勝負を挑んだということです。
これでは相手の思うつぼ。
絶対にしてはならないことです。

ビジネスパーソンである私たちが、ウサギと亀のたとえから学ぶべきことは、「強い人と同じ競争の土俵に乗ってはならない」ということです。

たとえば、カメは潜水で勝負すれば完勝でしょう。
それは無理でも、なんとか水の中の勝負にもちこむべきです。

ビジネスは、かけっこのような単純な勝負ではありません。

様々な要素が複雑に絡み合い、多数の人材の、多くのスキルを必要とします。

自分の戦えるステージは必ずあるはずです。

たとえば、ライバルと目する優秀な同僚がいて、どうしても負けたくない場合を考えてみましょう。

その同僚の優秀さとは、計算能力・処理能力の高さかもしれませんし、語学が堪能なことかもしれません。

その相手の得意分野で勝負するのは避けたほうが良いでしょう。
それ以外のことで、一点突破で優位に立てる分野を考えるべきです。

たとえばあなたに協調性があり、人とすぐに仲良くなれるのであれば、なるべく多く、知り合いを作ることに注力すれば、あとあとその人脈が力を発揮するかもしれません。

どんなにオールマイティに近い能力を持つ人でも、時間が限られているので、すべてのことはできません。

自分で伸ばす分野が決まったら、それこそカメのようにコツコツ継続し、向上を目指すのみ。

そうすれば、ライバルが「昼寝」をしなくても、あなたが浮上する瞬間が必ずあるはずです。

「いまさら、自分を変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。
自分の得意とする仕事のやり方を向上させることに、力を入れるべきである」
(P.ドラッカー)

【編集後記】

少し体調を崩しました。
熱がなく、風邪でもなく、身体のどこも痛くないけど、気持ち悪い。

ちょっと気味悪い感じです。
こんな時は、やはり基本に戻り、栄養価の高い食事をし、睡眠をとり、運動してみてパフォーマンスを計ってみる、ということですね。

暑くなってきたので、皆様もお気を付けください。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
プレイヤーかマネージャーか
心構え
管理職に昇進し、現場で仕事をするプレーヤーから、プレーヤーを管理するマネージャーへ仕事が大きく変化することがあります。 しかし、とくにスペシ...
ある国の国税庁が使った心理法則
マインド
どこに国でも、税金を滞納する人がいます。 各国の国税庁は、どうやって税金を回収するか、に苦心しています。 ある国の国税庁も、その例に漏れませ...
交渉
室町時代に「大和猿楽」の演者として活躍、父の観阿弥とともに、能楽の完成者として知られる世阿弥。 その思想を記した『風姿花伝』は、長く能楽論、...
チケット 高額 転売規制法が成立
時事トピック
「チケット転売規制法が成立=五輪にらみ買い占め防止」(2018年12月8日時事通信) 2018(平成30)年12月8日未明、「チケット高額転...
競走馬 の 逃走 、 車破損 事件
時事トピック
「「馬と衝突」110番競走馬が逃走し車を破損 佐賀」(2018年12月13日毎日新聞) 佐賀県鳥栖市の市道で、軽乗用車を運転していた男性(4...
精神疾患で労災認定
時事トピック
「48日間連続勤務、40代男性塾教室長が精神疾患で労災認定」(2018年11月27日産経新聞) 学習塾の40代の男性教室長が48日間連続勤務...