今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。

ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話。

ウサギは当然、スタート直後からカメに大きく差をつけますが、ゴール直前で寝てしまったため、追い抜かれ、カメが勝利するという結末です。

教訓としては「慢心してはならない」「コツコツ地道に努力するのが大切」といったところでしょうか。

しかし、この教訓は正しいかもしれませんが、ビジネスの世界では、このおとぎ話はほとんど役立ちません。

現実には、カメはウサギに駆けっこで勝つことはできません。
力が圧倒的に上の相手と勝負すれば、当然のごとく圧倒的に負けます。

しかも、勝負が長引けば長引くほど、途方もなく差が開き、追いつくことは不可能となります。
競走中に休んでくれる人はいません。

そもそも、カメはなぜよりによってウサギと駆けっこをしようと考えたのでしょうか。
勝てると思っていたのでしょうか。

お話では、勝負を挑んだきっかけは、「もしもしかめよかめさんよ」と、ウサギに歩みののろさを馬鹿にされたこと。

つまり、挑発に乗って、相手の得意分野で勝負を挑んだということです。
これでは相手の思うつぼ。
絶対にしてはならないことです。

ビジネスパーソンである私たちが、ウサギと亀のたとえから学ぶべきことは、「強い人と同じ競争の土俵に乗ってはならない」ということです。

たとえば、カメは潜水で勝負すれば完勝でしょう。
それは無理でも、なんとか水の中の勝負にもちこむべきです。

ビジネスは、かけっこのような単純な勝負ではありません。

様々な要素が複雑に絡み合い、多数の人材の、多くのスキルを必要とします。

自分の戦えるステージは必ずあるはずです。

たとえば、ライバルと目する優秀な同僚がいて、どうしても負けたくない場合を考えてみましょう。

その同僚の優秀さとは、計算能力・処理能力の高さかもしれませんし、語学が堪能なことかもしれません。

その相手の得意分野で勝負するのは避けたほうが良いでしょう。
それ以外のことで、一点突破で優位に立てる分野を考えるべきです。

たとえばあなたに協調性があり、人とすぐに仲良くなれるのであれば、なるべく多く、知り合いを作ることに注力すれば、あとあとその人脈が力を発揮するかもしれません。

どんなにオールマイティに近い能力を持つ人でも、時間が限られているので、すべてのことはできません。

自分で伸ばす分野が決まったら、それこそカメのようにコツコツ継続し、向上を目指すのみ。

そうすれば、ライバルが「昼寝」をしなくても、あなたが浮上する瞬間が必ずあるはずです。

「いまさら、自分を変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。
自分の得意とする仕事のやり方を向上させることに、力を入れるべきである」
(P.ドラッカー)

【編集後記】

少し体調を崩しました。
熱がなく、風邪でもなく、身体のどこも痛くないけど、気持ち悪い。

ちょっと気味悪い感じです。
こんな時は、やはり基本に戻り、栄養価の高い食事をし、睡眠をとり、運動してみてパフォーマンスを計ってみる、ということですね。

暑くなってきたので、皆様もお気を付けください。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
インスタ成り済ましと発信者情報開示
時事トピック
「米FBに情報開示命じる インスタ成り済まし」 (2019年3月7日 産経新聞) 九州地方でインターネット関連会社を経営する30代の男性が、...
脳によって説得方法を変える
話し方
上司に企画や意見を通す際、あるいは部下に指示を出して動かす際に必要となるのが、説得力。 多くのビジネスパーソンが「説得力のある話し方」を身に...
継続はなぜ苦しいか?
心構え
私は最近、自宅で、平均週6回の筋トレが習慣になっています。 久しぶりのトレーニングだったので、ちゃんと続くか不安はありましたが、何とか2年程...
人と自分は違って当たり前
人間関係
人と比べられる子どもは自分を好きになれません。 自分のやることに自信がもてず、いつも劣等感を抱いて、 どうせ自分はダメなんだと思ってしまいま...
一秒で幸せになれる言葉
人間関係
すきならすきと、いってやればよかったのに、 だれもいってやらなかった。 いわなくてもわかるとおもっていたんだね。 『ずーっと、ずっと、だいす...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 厚生労働省(平成16年度版 労働衛生白書)によると 食中毒事件を原因施設別に見ると、家庭を原因とする食中毒の割...
本を繰り返し読むと・・
マインド
ビジネスに限らず、人生において、良い本を読むことの重要性については、語り尽くされている感があります。 そして、良書は一度読むだけではなく、繰...