先日、ある人に「どうして社長についていこうと思ったのですか?」と質問したところ、「社長は運がいいから」と帰ってきました。

なるほど、ビジネスで成功するための秘訣として、「運がいい人の近くにいること」という話を聞くことがあります。

その理由は、運がよい人の近くにいると、不思議と自分にも幸運が舞い込むようになるから。

いわば、運の良さが自分も伝染するからということです。

確かに、感覚的にはわかる気がします。

しかし「運」は実体がないもの。
いま一つ納得できない言い方ではあります。

運のよい人が周りを幸運にしてしまうのは、どうしてなのか。

そもそも運のよい人とはどのような人を言うのか

というのは難しい問題です。

理屈で解釈すると、運の良い人は結果としてビジネスで成功している人のことであり、そのような人の近くにいると、仕事が回ってきやすい、といった直接的な理由があるのかもしれません。

しかし、それだけではない気もします。

いつも幸運を引き入れてしまう人は、基本的に物事に向かう姿勢が人とは異なり、その振る舞いが人に伝染し、影響を及ぼすということも考えられます。

「どんな人の近くにいたら良いか?」という観点から考えると、私は、「ポジティブな質問をする人」の近くにいるのが良いと思います。

ポジティブな質問とは何でしょうか。

たとえば、「成功するにはどうすれば良いだろう?」「この出来事の良い点はどういうことだろう?」といったものが挙げられます。

逆にネガティブな質問とは「失敗したらどうするの?」「なんでできないの?」「だれのせいなの?」といったものがあるでしょう。

質問の効果として、相手に考えさせ、答えを出させ、その答えに言動を拘束することがあります。

「うまくいくにはどうすればいい?」と問われれば、成功のための方法を考え、答えを出します。

そして、その認識に拘束されます。
これにより、成功に向けた行動が自然にとれるようになります。

逆に、人を萎えさせるような、嫌な質問ばかりする人と話すとどうでしょうか。
失敗するイメージばかりが頭に浮かび、後ろ向きに人を縛ります。

質問には強制力がありますので、ポジティブな質問をする人の近くにいると、ポジティブな質問をされ、その結果、物事をポジティブに考える機会が増えます。

ネガティブな質問をする人の近くにいると、ネガティブな質問をされ、その結果、物事をネガティブに考える機会が増えます。

つまり、付き合う人が、あなたにどういう質問をするかによって、あなたは、何をどう考えるか、が決まってきてしまうのです。

そういう意味で、自分が良い方向で物事を考える機会を増やすために、できる限りポジティブな質問をする人の近くにいた方がよいということになります。

でも、ネガティブな質問をする人とも付き合っていかなければなりませんね。

そんな時は、どうすればよいでしょうか。

それは、ネガティブな質問をされたら、自分の中で、その質問をポジティブに変換し、その上で答えるのです。

たとえば、「どうしてこんな簡単なことをやる能力もないのか?」と質問されたら、「どうして私はこんなにダメなんだ?」などと考えないことです。

「どうしたらできたのだろう?」「何を準備しておけばできたのだろう?」などとポジティブに変換し、その質問に答えるようにしましょう。

そうすることによって、ポジティブシンキングを維持することができます。

質問は強い力を持っています。
他人からの質問で、私たちの思考が影響を受けていることを意識しましょう。

【編集後記】

朝起きてからなるべく早く頭をフル回転させたいので、色々工夫しています。

今は、水をゴクゴク飲み、顔を洗って、少し風呂に入って体温を上げ、糖分をとり、コーヒーを飲む、ということを連続してやっています。

そして、すぐにパソコンに向かう、という生活です。
時間は有限ですので、さらに研究してみたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 暑い日が続くと 「お米のご飯がのどをとおりにくくなる」 という現象がおきます。 そこで、外食ではお好み焼きやパ...
説得の武器~好意
交渉
相手に何かを頼み、あるいは説得して、「イエス」を引き出すのに苦労することがあります。 他人から「イエス」を引き出すのに、最も確実な方法は、そ...
即レスするには?
心構え
私が仕事の上で心がけていることの一つに、来たメールにできる限り早く返信する、いわゆる「即レス」があります 私だけではなく、即レスは多くの人が...
勤務間インターバル制度
時事トピック
「勤務間休息は「8~12時間」に厚労省検討委が報告書」(2018年12月5日朝日新聞) 厚生労働省の有識者検討会は、仕事を終えてから次に働き...
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
従業員腕切断で労働安全衛生法違反
時事トピック
「サバ加工機に腕挟まれ重傷水産加工業者を書類送検」 銚子労働基準監督署は、魚の加工用機械を停止しないまま内部を掃除させ、従業員の男性(46)...
ある国の国税庁が使った心理法則
マインド
どこに国でも、税金を滞納する人がいます。 各国の国税庁は、どうやって税金を回収するか、に苦心しています。 ある国の国税庁も、その例に漏れませ...
いかにズレているか?
話し方
相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。 「この自動車は、あなたの人生を変えま...