交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。

金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が邪魔をして、合意に持ち込めないことは多々あります。

相手が自分をないがしろにしているのではないか、自分だけ得をしようと思っているのではないか、といった感情が沸き起こり、我慢ならない、合意してたまるかといった頑なな姿勢になってしまうのです。

交渉では理性と感情をしっかり分け、感情面に必要な手当てをしてから条件交渉を行うことが大切です。

そのための効果的な方法として、金額など核心の話をする前に、感情から出る言葉をクッションとして入れる方法があります。

その時、相手に伝えるのは「私は、私とあなた、双方ともが満足いく合意を望んでおり、そのために努力している」ということ。

もっといえば「あなたのことを、大事に思っている」ということ。

それを言葉にして伝えるのです。

相続の遺産分割の話し合いなどは、感情が入る交渉の典型でしょう。

相続財産はすべてがお金で、あることは少なく、割合が決まっていても金額だけで簡単に分けられることはほとんどありません。

そして、とくに実家など、家や土地などの不動産には、相続人各人の思い入れがある場合があります。

こちらには、とくに不動産にこだわりがなく、家は兄弟に譲り、自分はお金の取り分を多くして提示するとします。

ここで、実際に分割案について話す前に「家について大切にしていることはよくわかります。それを踏まえて、お互いが満足するよう分割案を考えてきました」

と、まず相手の気持ちに共感し、お互いの希望が叶うように努力しているということを示します。

こういった言葉は、相続だけではなく、意外とビジネスの場でも効果があります。

同じ条件でも、会社にとってメンツが立つ、譲歩した形にならないなど、感情の部分が合意に大きく影響することがあります。

「御社にとっては、この条件が大切だと思いますので、こうしましょう」といった説明があると、同じ条件でもよりスムーズに話を進めることができることがあります。

実際は、交渉に参加する人すべてが、なるべく自分にとって都合の良い結論を得ようとしています。

それは相手も承知しているでしょう。

それでも、こういった感情面を手当てする言葉は大切です。

えてして私たちは、交渉の場での感情を軽視しがち。

気遣いのセリフを、意味がない、しらじらしいと考えたり、照れくさいと感じたりといった理由で省いてしまうものです。

また、とくに家族や友人などには、改めてそういった言葉を入れなくてもわかってもらえるだろう、という期待もあります。

解決の糸口が見えないような激しい紛争も、きっかけは「感謝の言葉が一言でもあれば」「一度でもあのことを謝ってくれれば」といった感情面のしこりであることが多いもの。

言葉足らずのまま要求を通そうとして、する必要のない衝突を起こす、もったいないケースは避けたいところです。

「心情は理性の知らないところの、それ自身の道理を持っている」 
パスカル

【編集後記】

先日、人間ドックに行ってきました。
毎年1回やっています。

今回は、内臓関係が軒並み改善していました。
考えられることは、食事、運動、睡眠の改善です。

まさに、基本中の基本ですね。

来年、さらに改善していきたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
運転中の携帯、罰則強化
時事トピック
「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信) 自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用につい...
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...
労災交通事故への補償増額
時事トピック
「労災交通事故への補償増額自賠責保険で最高裁」(2018年9月27日産経新聞) 勤務中に交通事故にあい、国の労災保険では補いきれない損害を受...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
ピンチはチャンスは嘘?
マインド
「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」という言葉があります。 そして、自分の経験に照らしてみると、その言葉は真実だと思います。 私には、苦...
デメリットをつぶそう
心構え
今回は、就職活動や転職活動についてです。 といっても、対人コミュニケーションの技術を説明するために例にとるだけです。 全ての方向けの内容です...
話し合いは短い方がいいか?
話し方
交渉は、数時間で合意に達することもあれば、長期にわたることがあります。 相続に関する交渉などは、数年にわたり話し合いを続けることも珍しいこと...