許す

人の諸々の愚の第一は、
他人に完全を求めるということだ。
司馬遼太郎

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。

「だれかが罪を犯したら何度許さねばなりませんか。
7回までですか」

と弟子から聞かれたキリストは、

「7回どころか、7の70 倍まで許しなさい」
と言いました。

7というのは、この時代には「完全性」を意味しました。

その70 倍というと……。

つまり、際限なく許しなさいということです。

実は、わたしたちもそれ以上に許されてきたのです。

ほとんどの人は、
許されたという意識がないかもしれません。

そう、気づかれないくらい、さり気なく、許されてきたのです。

母親が小さな子どもを許すようなものです。

約束を破っても、嘘をついても、物を壊しても、
母親は叱った後に愛情をこめて許してくれたはずです。

あなたもそう。
わたしもそう。

これまでの人生で失敗や過ちのない完璧な人間など
一人もいません。

だれもがどこかで失敗をして、何度もまわりの人に
許してもらってきたのです。

それをよく自覚している人は、
自分が許してもらえたことに感謝しています。

そして、人の過ちにも寛大になれるのです。

きっとよくなるヒント

                          
愛をもって許し合う。

【出典】中井俊已著『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』
 

世界初?・・これまでにない画期的な「男女別学習ドリル」が誕生!
http://www.t-nakai.com/index.html
自分から勉強したくなって、賢くなれるドリルです。

Facebook「友だちに伝えたい心得」の「いいね」が、11400人。(感謝です)
http://www.facebook.com/kokoroe90

編集後記

金子みすゞさんの詩です。

わらい

それはきれいなばらいろで、
けしつぶよりかちいさくて、

こぼれて土に落ちたとき、
ぱっと花火がはじけるように、
おおきな花がひらくのよ。

もしもなみだがこぼれるように、
こんなわらいがこぼれたら、
どんなに、どんなに、きれいでしょう。

読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんありますように。

Vol.918

おすすめの記事