ノウハウ本で失敗する方法?

自己啓発本や成功ノウハウ本はたくさんありますが、そういったものを読む人の目的はほとんど、自分が成功するためのヒントを得ることだと思います。

しかし、本を読んで、実際に成功につながる人もいますが、まったく成功につながらない人もいます。

その違いはどういったことにあるのでしょうか。

本を読んだことをきっかけに成功する人に共通していることがあります。

それは、本の内容をまず素直に読んで、そのまま実行しているということです。

逆に、成功につながらないのが、本を読んだあと、すぐに「この本は間違っている」「ほかの本にはこう書いてあった」といった「批評」をし始める人です。

いわゆる成功本のようなものは、少なくとも一度は成功している人が書いているもの。

だからこそ一読するに値します。

成功者の思考は、成功をしていない人と比べると先に行っているはずであり、成功していない人、行動をしていない人が、そのノウハウが正しい、間違っているなどと評価できるはずがありません。

本にもいろいろな種類のものがあります。

小説やエッセイなどであれば、ビジネス書とは読む目的が異なりますし、批評することにそれなりの意味もあるかもしれません。

しかし、ノウハウは実行して初めて意味があるものです。

人と違った発想で成功した人の書いた本は、これまでの自身の価値観と異なることが書いてあるのがあたりまえです。

否定的に批評するのは簡単なことですが、その瞬間、新しいものを自分に取り入れる可能性を排除してしまうことになります。

もし、本を読んでいるとき「これは実行できない」と本当に感じたのであれば、読むのをやめればよいだけの話。

「ほかの本に書いてあるほうが正しい」と思うのであれば、そちらの本に書いてあることを実行してみればよいのです。

残念ながら、「批評癖」のある人は、どの本に書いてあることも実行していないものです。

もちろん、本の通りにやって成功するとは限りません。

しかし、成功することもあります。

反対に、実行しない人には、決してその方法の価値はわかりません。

本の著者に近づくことはできないのです。

「批評壁」のある人は、私のこの文章も批評の対象にするでしょう。

しかし、一度、新たな自分を探すため、自分を変えるため、思い切って実行してみたらいかがでしょうか。

まず、今日、一冊を決め、「必ず実行する」と決意して読んでみてもよいかもしれません。

「チャレンジして失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れろ」 
本田宗一郎

質問力を磨くには、これです。

日常の難しい会話に立ち向かうための1冊。

「夢をかなえる質問」(PHP研究所)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569834949/

【編集後記】

もうすぐ、また新刊が出ます。
といっても、過去に出した本の新装版です。

最近、出版社の傾向として、過去に売れた本の新装版を出したり、マンガにしたり、というのが増えてきたように思います。

本が売れないので、ある程度売上の見込みが立つ方法を模索しているのだと思います。
また、出版されたらお知らせします。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
非日常の時間をもつ
人間関係
旅はどんなに私に生々としたもの、 新しいもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。 旅に出さえすると私はいつも本当の私となった 田山...
winwinの弊害?
交渉
私が交渉に関する書籍などで繰り返し書いていることで、私の「交渉論」の根本に流れる思想があります。 それは「交渉は勝ち負けではない」ということ...
新技開発とは?
心構え
私は大学時代、体育会の器械体操部に所属していました。 体操は、昨年のリオ・オリンピックでも日本人選手が大活躍しましたので、最近興味を持ったと...
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
教えることの効用
心構え
ビジネスである程度経験を積み、スキルを身に付けると、職場で部下に指導するといった「教える」機会が増えます。 私も、職場ではもちろん、セミナー...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 暑い夏には、冷たいビールがより一層おいしく感じられます。 夏になるとビアガーデンが開かれます。 日本のビアガー...
本当にメールでいい?
交渉
「交渉」という言葉から、どのような光景を思い浮かべますか? 多くの方が考えるのは、会議室や応接室で、相手と面と向かって話し合いをしている光景...
話し合いは短い方がいいか?
話し方
交渉は、数時間で合意に達することもあれば、長期にわたることがあります。 相続に関する交渉などは、数年にわたり話し合いを続けることも珍しいこと...