ノウハウ本で失敗する方法?

自己啓発本や成功ノウハウ本はたくさんありますが、そういったものを読む人の目的はほとんど、自分が成功するためのヒントを得ることだと思います。

しかし、本を読んで、実際に成功につながる人もいますが、まったく成功につながらない人もいます。

その違いはどういったことにあるのでしょうか。

本を読んだことをきっかけに成功する人に共通していることがあります。

それは、本の内容をまず素直に読んで、そのまま実行しているということです。

逆に、成功につながらないのが、本を読んだあと、すぐに「この本は間違っている」「ほかの本にはこう書いてあった」といった「批評」をし始める人です。

いわゆる成功本のようなものは、少なくとも一度は成功している人が書いているもの。

だからこそ一読するに値します。

成功者の思考は、成功をしていない人と比べると先に行っているはずであり、成功していない人、行動をしていない人が、そのノウハウが正しい、間違っているなどと評価できるはずがありません。

本にもいろいろな種類のものがあります。

小説やエッセイなどであれば、ビジネス書とは読む目的が異なりますし、批評することにそれなりの意味もあるかもしれません。

しかし、ノウハウは実行して初めて意味があるものです。

人と違った発想で成功した人の書いた本は、これまでの自身の価値観と異なることが書いてあるのがあたりまえです。

否定的に批評するのは簡単なことですが、その瞬間、新しいものを自分に取り入れる可能性を排除してしまうことになります。

もし、本を読んでいるとき「これは実行できない」と本当に感じたのであれば、読むのをやめればよいだけの話。

「ほかの本に書いてあるほうが正しい」と思うのであれば、そちらの本に書いてあることを実行してみればよいのです。

残念ながら、「批評癖」のある人は、どの本に書いてあることも実行していないものです。

もちろん、本の通りにやって成功するとは限りません。

しかし、成功することもあります。

反対に、実行しない人には、決してその方法の価値はわかりません。

本の著者に近づくことはできないのです。

「批評壁」のある人は、私のこの文章も批評の対象にするでしょう。

しかし、一度、新たな自分を探すため、自分を変えるため、思い切って実行してみたらいかがでしょうか。

まず、今日、一冊を決め、「必ず実行する」と決意して読んでみてもよいかもしれません。

「チャレンジして失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れろ」 
本田宗一郎

質問力を磨くには、これです。

日常の難しい会話に立ち向かうための1冊。

「夢をかなえる質問」(PHP研究所)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569834949/

【編集後記】

もうすぐ、また新刊が出ます。
といっても、過去に出した本の新装版です。

最近、出版社の傾向として、過去に売れた本の新装版を出したり、マンガにしたり、というのが増えてきたように思います。

本が売れないので、ある程度売上の見込みが立つ方法を模索しているのだと思います。
また、出版されたらお知らせします。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
なぜ紙に書くか
マインド
さて、今回はあなたに実験をしていただきたいと思います。 実際にやらないと、読む意味は全くありません。 といっても、30秒くらいで終わります。...
反論せずに反論する方法
交渉
交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。 反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。 結果、話し合いが完全...
チケット 高額 転売規制法が成立
時事トピック
「チケット転売規制法が成立=五輪にらみ買い占め防止」(2018年12月8日時事通信) 2018(平成30)年12月8日未明、「チケット高額転...
抽象的か、具体的か?どっち?
心構え
皆様は、それぞれの職業で、技術や業務の習得のための勉強をしていることと思います。 新入社員の時や、仕事の内容が変わった時、毎日の仕事をこなす...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 自分では気づかないけれど周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭ですね。 口臭の原因には、胃の不調や虫歯、歯周...
目の前の利益に目を奪われる
心構え
ある山羊飼いが、自分の山羊どもを牧場に追って行った。 すると、野山羊が紛れ込んできたが、そのまま夕方、野山羊も一緒に自分の洞穴に追って帰った...
ほめるか、叱るか
心構え
人を育てる方法は、ビジネスにおいて大きな課題の一つ。 大きく分けて「ほめて育てた方が良い」「厳しく育てた方が良い」という二つの相反する考えが...
危険運転致死罪で懲役11年
時事トピック
「危険運転で懲役11年確定北海道の飲酒死亡事故」(2018年12月12日産経新聞) 2017(平成29)年11月、北海道登別市の道道で乗用車...