「自分は交渉が苦手だ」と考えている人は、得意だと考えている人より多いのではないかと思いますが、その理由として「私は口下手だから…」というのをよく聞きます。

たしかに「交渉がうまい人」と聞くと、立て板に水のようにぺらぺら話し、相手を圧倒してしまう人というイメージがあります。

口下手な人は、セールスマンにマシンガントークで押し切られたり、交渉の席でほとんど何も話せず、相手の要求を飲んでしまった、などといった苦い思い出から、交渉が向いていないと自己認識している場合も多いでしょう。

しかし、「口下手」と、「交渉下手」は違います。

私の周りの弁護士も、どちらかというと口下手でも、交渉でよい結果を残す方がたくさんいますし、私自身も、それほど自分が口がうまいと思ったことはありません。

口下手な人の多くは、交渉で相手ばかり話していると「押されている、負けている」と思い、慌ててしまいます。

そして、こちらも何か言わなければ、と不用意な発言をして、自分で納得しない合意をしてしまう場合が多いようです。

交渉において、このような「勝ち負け思考」は禁物です。

交渉は双方が納得できる形で合意するものであり、そこに勝ち負けはありません。

何らかの合意に達しなければ、いくらしゃべりまくっても意味はありません。

口下手な人は、押されているように感じられても、その状況に慌てることなく、自分が主張したいところで、すべき主張すればよいのです。

何を言ってよいかわからないのならば、無理に話さず、黙っていてもよいのです。

しゃべりまくっても自分の思う結果が得られない場合、今度は相手が慌ててきます。

だんだん話すこと、自分が切ることのできるカードがなくなってくるからです。

もし、機会があったら、交渉の時、できる限り沈黙し、かつ、相手の言葉に同意せず、首を縦に振らないようにしてみてください。

そして、相手の表情をよく観察してみてください。

不安の表情が出てくるはずです。

そうすると、少し落ち着くことができるでしょう。

必ずしも口べたが不利とは感じなくなると思います。

とはいえ、交渉の場で相手が話し続けているような状態で、冷静を保っているのは非常に難しいのも事実。

そういう意味で、口下手な人が、結果的に満足のいかない合意をしてしまうケースは多いのは確かです。

口下手な人に限った話ではありませんが、交渉の場で冷静を保つための絶対条件として、事前準備があります。

今回の交渉の勘所がどこにあるのか、相手の要望はどこにあるのか、そして自分がどこまでなら譲歩できるのか、どこは譲れないのか、整理して交渉の場に臨むことです。

事前のシミュレーションが十分であれば、交渉の場で相手にいろいろ言われても、重要なこととそうではないことの区別がつき、慌てにくくなります。

交渉がうまくいかないのは、口下手それ自体が原因ではありません。

現状を見失わず、平常心でいられれば、口下手なあなたのままで、交渉の達人になれるかもしれません。

「時をえた沈黙は英知であり、いかなる雄弁よりもまさる」
(プルタルコス)

また、質問も有効な武器です。

日常の難しい会話に立ち向かうための1冊。

「夢をかなえる質問」(PHP研究所)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569834949/

【編集後記】

先日、事務所の弁護士で研修合宿をやりました。

今回のテーマは、「税法」。

最後に試験を行い、試験に合格しない限り、夕食を食べることができない、というものです。

そんな感じで勉強会をすると、皆真剣になります。

ただ単に学ぶ、というよりも真剣度が違います。

もし、あなたが何かを勉強しているなら、自分に試験を課し、試験に合格しない限り●●をしない、という条件設定をすると、より真剣味が増すと思います。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 今回は「酵素ドリンク」を取り上げています。 さて、酵素ドリンクのほとんどがダイエット効果をイメージさせるもので...
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...
完璧主義をやめよう
心構え
皆さんは「完璧主義者」と聞いて、どのようなイメージを持ちますか? ビジネスにおいて、完璧主義者と言われている人は、自分が行う仕事の完遂された...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
一秒で幸せになれる言葉
人間関係
すきならすきと、いってやればよかったのに、 だれもいってやらなかった。 いわなくてもわかるとおもっていたんだね。 『ずーっと、ずっと、だいす...
何が人を動かすか?
交渉
最近どの業界においても、事業を展開する際の課題となっていることとして「差別化」の難しさがあります。 製品・サービス自体の内容・性能では差をつ...
交渉
室町時代に「大和猿楽」の演者として活躍、父の観阿弥とともに、能楽の完成者として知られる世阿弥。 その思想を記した『風姿花伝』は、長く能楽論、...