交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。

膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉は決裂ということになるでしょう。

この膠着状態は、言い方を変えると、どちらかが妥協、譲歩しないと動かない状態です。

たとえば、商品の価格についての話し合いが、こちらが90万円、相手は100万円と主張して膠着しているとします。

この場合、どちらが折れて、相手が主張する価格にするか、双方が譲歩して、たとえば95万円とするか、といったことが考えられますが、互いに譲れない条件であるとき、こういったことは容易ではないでしょう。

このような膠着状態を脱する方法の一つに、視点を変えるという方法があります。

交渉の論点は、一つであるということはほとんどありません。

商品・サービスの売買の場合、料金だけではなく、納期や保証期間、品質等々、様々な要素があります。

視点を変え、これらの条件について聞き、相手が本当に料金のニーズしか持っていないのか、試してみるのでます。

そのケースで、便利な言葉として「仮に~」があります。

いったん料金に関する話を横に置き、

「ところで、仮に、〇月まで納期を伸ばすとすると、どうでしょう」

「仮に支払いサイトを短くすればどうですか」

と、ほかの条件について、仮の話として軽く話題を振ってみます。

「仮に」のよいところは、こちらにとってあくまで仮の話であり、そこでいくら突っ込んだ発言をしても、言質を取られるわけではないということです。

自分の立場を表明せずに、相手のニーズを探ることができます。

ここで「まあ、納期が長ければ別にできないことはないんだけど」などと、ぽろりと隠れたニーズが表れることがあります。

もし、こちらに、そのニーズを満たす用意がある場合、改めてその条件を含め打診してみると、話は再び動き出します。

相手が考える要望、ニーズの情報は、交渉において最も武器になるもの。

相手のニーズがわかればこちらのカードも増えます。

人は前に言ったことと矛盾する行動をとりにくいという「一貫性の法則」がありますので、「仮に」の話での発言は、心理的に人を拘束します。

交渉が膠着状態に入り、「これはなかなか動かなそうだな」と感じたら、自分の要求をひたすら通そうとするのではなく、相手に膠着している論点以外のことで本音を語ってもらう工夫をすることが大切です。

「仮に話法」は、その際のきっかけになってくれるかもしれません。

質問力を鍛えるには、この本です。

「夢をかなえる質問」(PHP研究所)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569834949/

【編集後記】

私の弁護士事務所で弁護士を募集していましたが、ようやく決まりました。

数ヶ月後、1人弁護士が増えます。
バリバリ仕事をして欲しいと思います。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
宮本武蔵は試合をしない?
心構え
今回のメルマガで取り上げるのは、剣豪、宮本武蔵のエピソードとして読んだことがあるものです。 ある日、武蔵の元に、兵法の修行者と称する男が面談...
頭の中で何が起こっているか
マインド
ある時、地方のホテルに泊まった際、こんなことがありました。 最近、私はトレーニングをすることが習慣になっています。 そのホテルには備え付けの...
生まれてきたことを肯定する 続き
人間関係
人や物事に感謝できる人は、「自己肯定感」の高い人です。 たとえどんなことがあろうと、どんな状態であろうと、   「自分は生きるに値する人間だ...
新技開発とは?
心構え
私は大学時代、体育会の器械体操部に所属していました。 体操は、昨年のリオ・オリンピックでも日本人選手が大活躍しましたので、最近興味を持ったと...
その人のいいところは?
人間関係
「イヤだなあ」と思う人でも、その人のいい面を探してみましょう。 きっとあるはずです。 人への見方を変えるカンタンな方法があります。 その人の...
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...