%e4%bc%9a%e8%a9%b1

アメリカの作家ジャック・ウッドフォードの言葉に次のようなものがあるそうです。

「どんな褒め言葉に惑わされない人間でも、自分の話に心を奪われた聞き手には惑わされる」

私たちは、褒められると、自尊心が満足し、褒めてくれた相手に対して好意をいただきます。

しかし、自分が感じていること、関心があること、自信があることなどを話している時、相手がその話しに心を奪われているならば、褒め言葉を言われるよりも、さらに相手に対して好意を抱くだろう、ということだろうと思います。

共感されれば仲間と感じ、自信がある話について、「すごい」などと言われれば自尊心が満足します。
そして、相手に好意を抱く、ということですね。

私は、稀にですが、「話し上手だ」と言われることがあります。

ところが、私は雑談をするときに一方的に話すことはほとんどありません。
大抵聞き手に回っています。

それで「話し上手だ」などと言われることがあるのです。

つまり、雑談においては、如何に上手に話すか、よりも、いかに楽しく話ができたか、という感情の方が重要だ、ということではないか、と思います。

だから、上手に質問され、楽しく話ができた時、自分がたくさん喋っていても、
「あー、楽しかった。あの人は雑談上手だなあ」
などと感じるのではないでしょうか。

私は、昔も今も雑談が苦手です。

しかし、雑談で仕事を乗り切って、今があると思っています。
雑談が苦手な人が、如何にして雑談を武器にして仕事を乗り切っていくか、本にしましたので、参考にしてください。

「雑談の戦略」(大和書房)
https://www.amazon.co.jp/dp/447979543X/

質問力を鍛えたい人は、発売3日で増刷のこちらを。

「『いい質問』が人を動かす」(文響社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4905073499/

【編集後記】

新刊が2冊出て、やれやれと言った感じです。
本業は弁護士ですので、その合間に本を1冊書き上げるのは、簡単ではありません。

今回の質問の本は、以前に書いた「人を動かす質問力」(角川書店)の焼き直しなので、良いのですが、雑談本は、1冊書き上げなけ
ればなりませんでした。

平日は無理なので、どうしても週末作業になってしまいます。
でも、一生懸命書いたので、少しでも雑談が苦手な人のお役に立てればと思っております。

「雑談の戦略」(大和書房)
https://www.amazon.co.jp/dp/447979543X/

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

話し方の関連記事
  • いかにズレているか?
  • 人を動かす4つの質問力
  • 夢をかなえる質問
  • 話してないのに雑談上手?
  • 会話が続くとっておきの方法
  • 話し合いは短い方がいいか?
おすすめの記事
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...
プレイヤーかマネージャーか
心構え
管理職に昇進し、現場で仕事をするプレーヤーから、プレーヤーを管理するマネージャーへ仕事が大きく変化することがあります。 しかし、とくにスペシ...
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...
夢を思い描くと実現に近づく
その他
夢を見ることができるなら、あなたはそれを実現できる。 ウォルト・ディズニー 夢はどうすればかなうのでしょう。 これまで夢をかなえてきた人たち...
継続はなぜ苦しいか?
心構え
私は最近、自宅で、平均週6回の筋トレが習慣になっています。 久しぶりのトレーニングだったので、ちゃんと続くか不安はありましたが、何とか2年程...
ピンチはチャンスは嘘?
マインド
「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」という言葉があります。 そして、自分の経験に照らしてみると、その言葉は真実だと思います。 私には、苦...
障害はマイナスではありません。
その他
ひとつの幸せのドアが閉じる時、 もうひとつのドアが開く。 しかし、よく私たちは 閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気付かない。 b...