時間管理

ビジネス誌や自己啓発書の定番のテーマの一つに「時間管理」があります。

「時間管理」という言葉の定義ははっきりとしていませんが、すべき仕事の優先順位を決めて効率的に配分することで、タスクを遂行し、かつ高いパフォーマンスを挙げる方法といえます。

そのような方法論が巷に溢れているのは、多くの人が、

「仕事が多すぎる」
「時間が足りない」
「もっとよい時間の使い方があるはずだ」

と考えているからといえるでしょう。

私自身も、当メルマガや自著で、この時間管理に類することを書いたことが何度かあります。
しかし、実は、時間管理の前にすべきことがあると考えています。

というより、自分自身が時間管理の前に無意識的にやっていることに気づいたといった方が近いかもしれません。

私が時間管理の前にすることとは、「行動の取捨選択」です。

何をして、何をしないか、を決めることですね。
「なんだ、当たり前じゃないか」
と思うかもしれません。

しかし、「●●をしよう!」と決断した人が、「行動の取捨選択」をしたならば、「時間がなくてできなかった」などとは言えないはずです。

時間がないという人は、時間管理を検討するより先に、今までの行動を「捨てる」決断を意識的に行うことの方が大切なのだと思います。

1日24時間、私たちは何をして過ごしているでしょうか。

仕事、食事、睡眠、読書、テレビを見る、ゲームをする、飲みに行く等々、常に何かをしています。
「ただボーっとしている」というのも一つの行動といえます。

その24時間の中に、新たに何かの行動を組み入れようとすれば、必ず何かを押し出さなくてはならないことになります。

時間管理がいつも困難なのは、今までしていた行動を捨てないまま、新しい仕事を押し込む方法を考えているからではないでしょうか。

新しい仕事をしようとすれば、趣味の時間、遊ぶ時間を減らさなくてはならないかもしれません。

また、仕事の一部を自分でするのをやめ、部下に任せたり、外注に出したりという判断をすべきかもしれません。

これらには決断が必要なため、なるべく避けて通りたいと考えます。

結果、従来の行動はそのままに、新たな行動を押し込むノウハウ、つまり「時間管理術」がもてはやされるのだと思います。

従来の行動を捨てることから目をそらし、時間管理だけをしようとすることは、部屋に物が溢れかえっている状態で「整理整頓」を考える状態に似ています。

必要なのは、いわば「断捨離」です。

まず「行動の断捨離」をすることが、時間管理のスタートラインに立つために必須のことなのだと思います。

「時間を管理するには、まず自らの時間をどのように使っているかを知らなければならない」
ピーター・ドラッカー

【編集後記】

先週は、税理士の先生方を対象に、関与先からの損害賠償請求を回避する方法について講演をしました。
皆さん真剣に聞いていただき、関心の高さがうかがえます。

士業は他人の権利を守るため、仕事をしていますが、まずは自分を守らないと、他人のための業務に専念できないと思います。

自分に余裕がないと他人に親切にできないのと同じ原理ではないか、と思います。
税理士会の支部等での研修も受け付けておりますので、お声がけください。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
ひき逃げで頸椎捻挫
時事トピック
「女子高生ひき逃げ目撃の母が1カ月後に車発見し詰問「正直に言って」、犯行認める」(2018年12月12日) 兵庫県警加古川署は、女子高校生を...
わずかなものでも全体を活性化する
人間関係
「この世では、大きいことはできません。  小さなことを、大きな愛でするだけです。」  マザー・テレサ ある外国人がはじめてニギリ寿司を食べた...
怒りに対処する?
心構え
怒りは人間の基本的な感情の一つ。 怒りの感情は人の心をかき乱し、正常な判断を阻害したり、人間関係を破壊してしまったりといった負のパワーをもっ...
ある国の国税庁が使った心理法則
マインド
どこに国でも、税金を滞納する人がいます。 各国の国税庁は、どうやって税金を回収するか、に苦心しています。 ある国の国税庁も、その例に漏れませ...
成功体験と変化
成功体験
ビジネスにおいて、自分が行った仕事の「成功体験」は大きな財産です。 その成功を収めるまでには、様々な苦労があったはずですが、二度目からは余計...
必ず企画を通す方法
交渉
上司や取引先に対して、絶対に通さなくてはならない企画や商談があるとき、あなたはどうしますか? もちろん、練りに練ったプレゼンテーションを、熱...