反論

交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。

反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。
結果、話し合いが完全に決裂することもよくあることです。

もちろん、交渉相手とは利害が対立していますから、相手の意見全てに同調するわけにはいきません。

しかし、交渉のそもそもの目的は、相手を否定することではなく、合意にもっていくこと。
決裂してしまっては、目的は達成されないことになります。

そこで今回は、反論に付きまとうネガティブさを避けながら、自分の意見をしっかり主張する方法を紹介します。

名付けて「ポジティブ反論法」です。

その方法は、セールスを例にとるとわかりやすいと思います。

たとえば、今あなたは、中高年の、どちらかというとお金持ちの女性に、自社が作る高級な指輪を買ってほしいと考えているとします。

そこで、その指輪がいかに良いものであるかといったセールスポイントを挙げながらアピールしました。

すると

「でも、デザインがちょっと派手じゃない?」
「私の年齢では、もうこういうのは似合わないわ」

と、断られました。
もし、ここで

「いいえ、このデザインは全然派手ではありません」
「その見方は間違っています。この指輪は年齢が高くても似合います」

と反論すると、どうでしょうか。
これでは、相手の意見を正面から否定することになります。

相手の気持ちは簡単に変わらないでしょうし、下手をすると気分を害し、その時点で決裂です。

こういった事態を避けるひとつの方法として、デザインの話はいったん横において、それ以外の良いところを押すという方法もあります。

例えば

「でも、今なら値段を安くできます」
「使っている宝石の品質が良く、保証書も付いています」

この場合、相手の価値観とは衝突しないものの、相手が最も気にしているマイナスポイントはそのまま放置されます。

アピールによって「それなら買おうかしら」とはなりにくいでしょう。
ポジティブ反論法は、相手がマイナスに見たポイントをプラスに転換するものです。

相手の意見をひとまず認め「だからこそ、良いのです」という形で展開するのが基本です。
たとえば「デザインが派手だ」と言われたのなら

「だからこそ良いのです。きらびやかな宝石を身に着けることで、見た目が若くなりますよ」
「若々しさは、外面と内面両方から出てくるものですが、若々しいものを身に着けるからこそ、内面から若くなるのです。これは、心理学の法則です」

と話を展開します。

ここでは、デザインに関する相手の見方、価値観は否定せず、同じ要素についてポジティブに転換しています。

この方法なら、相手の意見を尊重しつつ反論をすることができるでしょう。

人気のラーメン屋に奥さんや彼女を誘ったら、「30分も待つのは嫌だ!」と言われたとします。

「今回は、待つからこそいいんだよ。30分間、何もすることがないから、全然決めてなかった夏休みの予定をそこで決めちゃおうよ。ちょうどいいじゃん。楽しい予定が決まったところで、おいしいラーメンが来る。最高だよ!」

最後に、ポジティブ反論法を成功させるコツをもうひとつ。

それは、ノーを言われることを前提に、相手の典型的な断り言葉を想定しておくこと。

そして、断りの言葉をポジティブに転換する想定問答をたくさん用意して交渉に臨むことです。

想定通りの理由でノーを言われたら、「よし、うまくいった」と思えるくらいの準備で臨むとよいでしょう。

「YESかNOで、答えろ!」(ゴルゴのlineスタンプ)

【編集後記】

私は、47歳ですが、最近老眼が出てきました。
近くのものが見えにくくなってきたのを感じます。

でも、近くのものが見えるかどうかは、筋肉の働きでしょうから、筋肉を鍛えればなんとかなるのではないか、と思っています。

そこで、これから筋トレに励んで老眼と闘っていきたいと思います。
(あっ、眼の筋トレですね)(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
動きで怒りを制御する方法
マインド
今回は、怒りのコントロールについてです。 怒りを感じた時、怒りを発散するため、サンドバッグを叩いたり、思いっきり怒鳴ってみたり、という方法は...
説得の武器~好意
交渉
相手に何かを頼み、あるいは説得して、「イエス」を引き出すのに苦労することがあります。 他人から「イエス」を引き出すのに、最も確実な方法は、そ...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 自分では気づかないけれど周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭ですね。 口臭の原因には、胃の不調や虫歯、歯周...
「結論から話せ」は正しいか?
話し方
「話し方」の書籍などを読むと、人を説得したり、わかりやすく話したりするためのテクニックが書いてあります。 話し方の本は、様々な分野で活躍して...
直感の重要性
マインド
今回取り上げるのは、俳優としてのみならず、武道家・格闘家、思想家として、死後40年を過ぎても衰えぬ影響力を持つブルース・リー。 彼の代表作『...
口に出す効用4つとは?
心構え
目標は、言葉にして口に出したり、紙に書いて貼ったり、人に発表するのが良いとよく言われます ビジネス書や自己啓発書などでも、さかんに勧められて...
ほめるか、叱るか
心構え
人を育てる方法は、ビジネスにおいて大きな課題の一つ。 大きく分けて「ほめて育てた方が良い」「厳しく育てた方が良い」という二つの相反する考えが...
言葉はブーメラン
人間関係
悪口、陰口を言っていると、気分が晴れることがあります。 第三者はそれを聞いて、喜ぶことがよくあります。 でも、それは一時的なものです。 悪口...