交渉

皆さんは「交渉に強い人」と聞いて、どのようなタイプの人を想像しますか?

多くの人が考えるのは、交渉の場面で、押して、押して、押しまくり、自分の主張を押し通す人ではないでしょうか。

また、巧みな話術で、自分にとって有利な条件で相手を言いくるめてしまう人を想像するかもしれません。

私は第三者として交渉の場を見るとき、また自分が行う交渉の場で対峙する相手についてであっても、「この人は交渉が上手だな」と感じることがあります。

そのような人は、自分の主張をし続ける人や、口がうまいだけの人ではありません。
私が思う「交渉に強い人」には、共通してある特徴があります。

それは、「質問が多い」ということです。

交渉で自分が話す内容のうち、7割方は質問をしていると思われる人が、最終的に交渉で良い条件を引き出しているように思います。

交渉の目的は、話をまとめ、何らかの合意に達することです。
当然、相手にも合意する意思がなければ、合意には達しません。

私たちが交渉するとき、「自分にとってどれだけ有利になるか」しか、頭にありません。

当然、相手もそうです。
だとすれば、自分の主張を延々とし続けても、相手の耳には到底届いていない、ということになるでしょう。

できるだけ自分にとって有利な条件で、相手にも納得してもらわなくてはなりません。

その際、交渉の武器となるものは、交渉相手に関する「情報」です。

交渉の前に、金額的に、どのような条件であれば合意する意思があるのか、相見積をしている競合他社はいるのか、契約をまとめたい時間的期限はあるのか等々、こちらが知っておきたい情報はなかなかつかめません。

それらを、交渉の限られた時間で聞き出すのですから、自分がしゃべりまくっている場合ではありません。
相手の情報を一つでも多く引き出すため、質問をする必要があります。

もちろん、相手が交渉慣れしていればしているほど、重要な情報は簡単には答えてくれません。
ですから、正面からの質問だけではなく、多くの方向から何度も質問することもあります。

相手の答えぶりから、だいたいのラインを想像することも必要になります。
また、質問するうち、相手の頭にもなかった情報が引き出されることもあります。

例えば仕事の発注先が「○○円以下の料金なら絶対に請けない」と考えている場合であっても、多様な角度から質問をしていくうち、支払時期が早ければ請けられるということがわかったり、今回は安く受注しても、別の大きな仕事につながるのなら譲歩できることがわかったりすることがあります。

交渉が上手な人、慣れている人は、相手の多様な情報を引き出すことの重要性を認識していますので、自然に質問が増えていきます。

ですから、当の本人は質問を意識的に多くしているわけではないことも多いでしょう。

逆に、交渉に慣れていない、苦手意識を感じている人は、交渉に臨む前から「今日は、7割くらいは質問するぞ」と考えて臨むのがよいでしょう。

それが、「交渉上手」になるための第一歩となるかもしれません。

「質問は俺がする」(ゴルゴ13)

【編集後記】

ここ一年くらい、ほとんど風邪を引かなかったのですが、先週金曜日の夕方、突然体調不良になってしまいました。

熱をはかると、38.5度。

まず思ったことは、「金曜日で良かった~」ということ。
翌日の仕事に差し支えてしまいます。

しかし、一晩ぐっすり眠ったら、翌日はすっきりして、平熱に戻り、すぐに仕事ができました。
日常の体調管理の重要性を改めて感じた次第です。

体調管理をしっかりして、仕事に打ち込みたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
どこで勝った負けたを判断するか
交渉
交渉は、数時間で合意に達することもあれば、長期にわたることがあります。 相続に関する交渉などは、数年にわたり話し合いを続けることも珍しいこと...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 自分では気づかないけれど周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭ですね。 口臭の原因には、胃の不調や虫歯、歯周...
仲良しと仕事をする時の注意点
心構え
ビジネスにおいて、人間関係が円滑であることは言うまでもなく重要。 一緒に仕事をする人が、仲が良いに越したことはありません。 しかし反対に、ま...
人を動かす4つの質問力
話し方
私は質問力の本を何冊か、書いています。 なぜ、質問に力があるのでしょうか。 今回、そのことについて説明をしたいと思います。 なぜ質問が人を動...
決断する時間帯の不思議
交渉
1日のうちのどの時間を、どのような作業にあてればいいのか、についての一つの基準を提示します。 コロンビア大学のジョナサン・レヴァブとベングリ...
本番に強くなる方法とは?
マインド
世の中には「ここぞ」という場面で自分の力を100%出し切れる「本番に強い」と言われる人がいます。 逆に、本番になると緊張してしまい、本来の力...
必殺の勉強法
成功体験
皆様の中には、資格試験にチャレンジしようと、毎日の勉強をされている方がいると思います。 そこで気になるのが「勉強法」についてです。 効率的な...
運転中の携帯、罰則強化
時事トピック
「運転中の携帯、罰則強化=道交法改正試案―警察庁」(2018年12月20日時事通信) 自動車や原動機付き自転車を運転中の携帯電話の使用につい...