ビル

最近どの業界においても、事業を展開する際の課題となっていることとして「差別化」の難しさがあります。

製品・サービス自体の内容・性能では差をつけにくく、新しい機能を持った製品等もすぐに追随され、価格競争に巻き込まれます。

その中で顧客の支持を受け、選ばれるにはどうすればよいのか、というのは非常に難しい問題です。

私たちは、なぜ似たようなものの中から、最終的に特定の商品を選ぶのでしょうか。

もちろん、商品を選ぶ際の基準はいろいろあることは言うまでもありませんが、今回注目したいのは、売れる商品は、顧客の頭の中に「将来のイメージ」を描き出している、ということです。

私の学生時代、NIKEの「エア・ジョーダン」などのバスケットシューズ(バッシュと呼んでいました)が流行しました。

NIKEのバッシュが、ほかのバッシュと機能的に大きく変わるところはないと思います。
しかも、ほかのメーカーのものよりかなり値段が高かったのですが、なぜか無性にほしくなりました。

なぜ、あの気持ちが起こったかと考えてみると、私たちの頭の中に、シューズを購入し、履いている自分のイメージが、活き活きと描きだされたからだと思います。

NBAのトップ選手を起用した、洗練された広告の影響もあり「この靴を買えば、明日から生活が変わる」と感じることができたのです。

もちろん、エア・ジョーダンを履いても、マイケル・ジョーダンのようなプレイができるようになるわけではありません。

それどころか、そもそもNIKEのバッシュを欲しがっていた人の多くは、バスケをやっていませんでした。

NIKEは、バッシュの主な機能である「バスケットボールをする際の使い勝手」以外のところで、顧客に豊かなイメージを持たせることに成功していたのです。

最近だと、アップル製品にも、似た部分があります。

はじめてiPadやiPhoneを買った時、多くの人の頭の中には、その実際の用途もさることながら、その製品を持った、魅力的な将来のイメージがあったのではないでしょうか。

そのイメージは、広告やデザイン、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーション等により喚起されたものだったでしょう。

商品を買う際、顧客は売り手から提供される情報をもとに、その商品を買った後の自分を思い浮かべます。

曖昧な将来のイメージが形になった時に、人は物を買うのです。

セールスでは、売り手が考えるその商品のアピールポイントを、一方的に延々としゃべり続ける人は結果が出ないといわれます。

そういったメリットでは、ほとんど差がつかないからです。
広告や営業担当者は、買い手の頭の中のイメージを具現化することができるか否かが勝負となります。

私たち士業も同じ。
また、就職活動などで自分を売り込むのも、逆に会社が募集をかけるときも同じですね。

自分目線の価値を押し付けるのではなく、相手の頭のイメージに合わせ、輪郭を与え、豊かにすることが、今の時代ますます重要になってくるでしょう。

「JUST DO IT.」(NIKEのコピーより)

【編集後記】

週末(あるいは休日)は、何をしていますか?
私たち弁護士は、結構忙しく、週末も仕事をしている人が多いです。

私の事務所でも、土、日のどちらかは出てきている人が多いです。
また、平日も夜遅くまで仕事をしている人が多いです。

結構ハードな仕事です。
でも、個人や法人の大切な権利を守るために仕事をしているので、手を抜けないのは当然ですね。

私もいつまで働けるかわかりませんが、依頼者を守るため、全力を尽くしたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
スターバックスは諦めない?
マインド
世界的なコーヒーショップのスターバックスのCEOだったハワード・シュルツ氏。 同氏は、1982年に同社に入社しました。 当時は4店舗であった...
●●は質問が7割!?
交渉
皆さんは「交渉に強い人」と聞いて、どのようなタイプの人を想像しますか? 多くの人が考えるのは、交渉の場面で、押して、押して、押しまくり、自分...
『ぐりとぐら』に学ぶ
人間関係
「目の前にいるかわいい子どもたちを 喜ばせたいと思って・・・」 絵本作家なかがわ りえこ この頃、絵本にこっています。 前にも紹介したことが...
質問すれば、真意を聞ける
心構え
先日、就職雑誌から取材を受けました。 就職雑誌の取材は初めてですね。 弁護士には縁がなさそうな印象だと思います。 取材内容は、質問力について...
健康
管理栄養士の菊池真由子です。 まず、結論から言うと【花粉症にコーヒーはダメ】です。 花粉症患者にとって、コーヒーがダメな理由は2つあります。...
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...