メール

「交渉」という言葉から、どのような光景を思い浮かべますか?

多くの方が考えるのは、会議室や応接室で、相手と面と向かって話し合いをしている光景でしょう。

しかし、実際は、交渉を面談の他、細かいことはメールや電話で協議することも多いものです。

今回は、このメールでの交渉はどのように使うべきかを考えてみたいと思います。

メールでの交渉を検討する際、まず考えなくてはならないのが、その交渉が「感情」を伴う交渉なのか、ということです。

事務レベルの話であればメールで問題はありませんが、怒りなどの感情の揺れを伴う交渉は、メールは不向きです。

たとえば、メールをやり取りしている途中に、何かのきっかけで、相手から怒りを伴う文面、不信感を示すような文言を受け取った場合は、すぐに電話に切り替えたり、面談を依頼したりといった方法をとる必要があります。

メールの文章は直接的、攻撃的な印象を与えることが多いため、このタイミングを逃すと、感情がこじれてしまう危険が高くなります。

感情の変化がない事務的な交渉は、メール・面談どちらでもいいということになります。
手間を考えるとメールで済ましてしまいたくなるでしょう。

しかし、メールで交渉を行うことにはメリット・デメリットがあることも知っておきたいところです。

メールでの交渉の大きな特徴は、2つあります。

ひとつは、「返信するまでに時間を置くことができる」こと

もうひとつは「相手の反応が見えない」ことです

こちらからの提案や依頼について、どう回答するか、時間をかけて検討されたくない場合、あるいは、こちらの提案に対して相手がどのように反応するかを見て、新たな提案をしたい、といった場合は、メールでの交渉は向きません。

こちらから送る場合だけではなく、相手からメールが来た時も要注意です。

メールで意思を確認された場合、相手方には、こちらからの返信の内容をみてから、時間をかけて次の展開を考える思惑があることが考えられます。

たとえ、相手がメールでの返信を希望していても、折り返しを電話で行ったり、「その点は、重要なことですので面談で話し合いましょう」と提案したりしたほうが良い結果が得られることがあります。

交渉は、よくボールのやり取りに例えられますが、自分がボールを投げるターンでは、その都度、メール、電話、対面と、どの手段によるのが有利になるのかを考えつつ、切り替えを検討することが重要なのです。

交渉を面談で行うか、電話で行うか、メールで行うか、それ自体も交渉の駆け引きの中に含まれている、ということですね。

【編集後記】

今年のシルバーウィークは、5連休。
長かったですね。

連休前には、読みたい本などを積み上げたり、執筆する分量を予想したりして楽しみにしているのですが、いざ終わってみると、半分もできていないことがあります。

連休前は、「本一冊くらい書けるのではないか」と思っているのですが、そんなに甘くないですね。

連休に頼らず、日々精進することが大切だと思いました。
(*・`д・)ガンバルッス!!

法律相談は、こちらから。
http://www.bengoshi-sos.com/about/0903/

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
膠着状態での二者択一とは?
交渉
交渉は互いにニーズが異なるもの同士が、相違点を一つ一つ埋めて合意を重ねていく行為です。 しかし、その過程で、ある争点でどちらも譲歩できず、議...
面接要領?
交渉
今、私の法律事務所で弁護士の採用活動をしており、先週、司法修習生(弁護士のタマゴ)の面接を行いました。 弁護士にも就職活動がある、ということ...
生まれてきたことを肯定する
人間関係
満男「人間は何のために生きてんのかな」 寅 「難しいこと聞くな、お前は。 ・・・何と言うかな、あー生まれてきてよかった。    そう思うこと...
口に出す効用4つとは?
心構え
目標は、言葉にして口に出したり、紙に書いて貼ったり、人に発表するのが良いとよく言われます ビジネス書や自己啓発書などでも、さかんに勧められて...
スターバックスは諦めない?
マインド
世界的なコーヒーショップのスターバックスのCEOだったハワード・シュルツ氏。 同氏は、1982年に同社に入社しました。 当時は4店舗であった...
誰を説得する?
マインド
電気メーカーに勤める金子さんは、就業時間終了まであと少し、というところで、上司から残業を頼まれました。 聞くと、大切な取引先に明日持って行き...
生まれてきたことを肯定する 続き
人間関係
人や物事に感謝できる人は、「自己肯定感」の高い人です。 たとえどんなことがあろうと、どんな状態であろうと、   「自分は生きるに値する人間だ...
ある国の国税庁が使った心理法則
マインド
どこに国でも、税金を滞納する人がいます。 各国の国税庁は、どうやって税金を回収するか、に苦心しています。 ある国の国税庁も、その例に漏れませ...