ライバル

交渉の基本中の基本のテクニックとして、競業他社など、ほかに交渉している相手がいるということをちらつかせながら、良い条件を引き出すという手法があります。

「なんとかこの交渉をまとめたい」と思っていれば思っているほど、ライバルの存在を示されると、狼狽してしまうもの。

交渉が相手のペースになり、譲歩を繰り返してしまう事態にもなりがちです。

私は、数多くの経営者が、こういった状況で、入ってはならない領域まで譲歩し、それが原因で経営危機に陥ってしまう姿を見てきました。

このような事態を防ぐために必要なことは、交渉の事前準備です。

まず準備すべきことは、「交渉が決裂した時にどうするか」というオプションです。

「もしだめだったら次はこの会社に行こう」といった、自分を守るための方策を用意しておくことが、交渉を有利に進めるための武器になります。

そして、無限の譲歩をしないため、「これ以下だったら絶対に受けない」という条件の最低ラインを準備します。

無理な提案にNOを言う用意があれば、落ち着きを失いません。

ただし、何についての最低ラインを用意すればよいのか、ということはよく考える必要があります。

まず思いつくのは料金だと思いますが、それだけではありません。

たとえば納期、入金時期などの支払い条件、保証の有無等、金額以外にもいろいろな条件があります。

それらの諸条件を「この料金なら保証はつけられない」「この料金なら支払いサイトを短く」等、クロスして詳細に決めておくことが重要です。

これを行わないと、交渉の場で提出される様々な要求の意味を理解できず、契約をした後に予想外の悪条件であることに気づくことになります。

事前の準備をしっかり行ったうえで交渉に臨み、実際に競合他社の存在をちらつかされたときは、どのように対処すればよいでしょうか。

無視する、という方法もありますが、相手が他社の存在を示すときは、何らかの反応をしてくれることを望んでいるため、気にする様子を見せないと、相手の感情を害します。

それなりのリアクションを行いましょう。
「それは困る。あなたと取引がしたいのだ」という姿勢を示すチャンスとなるものです。

そして、その他社の条件を質問することです。

質問をすることで、その条件に負けないように頑張る姿勢を見せることができます。

これは譲歩することとは異なります。
相手との合意できる地点を探るプロセスです。

競合他社のことを質問するのは、タブーではありません。
答えたくなければ答えないだけです。

そして、この質問は、「本当に競合がいるのか」ということを確かめるためでもあります。

他社の条件を聞いたとき、あやふやな答えになるようなら、カマをかけるために架空の競合他社の存在を示している可能性が高いため、その存在は気にしなくてよいでしょう。

他社が提出している条件をある程度聞き出すことに成功したら、その条件に関する相手のスタンスを知るように努めましょう。

どの条件に魅力を感じているのか、どの点が不満なのか、知るように努めます。

それによって、自分の交渉戦略を練り直す非常に重要な情報を得ることができるでしょう。

【編集後記】

ここ2、3日、眠くて仕方ありませんでした。
睡眠時間はしっかり取っていたのですが。

年齢を重ねてくると、眠りたくても一定時間以上眠れなくなってくるので、眠れる時はしっかり眠るように心がけています。

十分睡眠を取って、運動をして、栄養を補給し、ガツガツ仕事をしたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

法律相談は、こちらから。
http://www.bengoshi-sos.com/about/0903/

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

ライバルの関連記事
  • ライバルの存在・・
  • 敵滅んで喜ぶか?
おすすめの記事
人を動かす4つの質問力
話し方
私は質問力の本を何冊か、書いています。 なぜ、質問に力があるのでしょうか。 今回、そのことについて説明をしたいと思います。 なぜ質問が人を動...
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
夢を思い描くと実現に近づく
その他
夢を見ることができるなら、あなたはそれを実現できる。 ウォルト・ディズニー 夢はどうすればかなうのでしょう。 これまで夢をかなえてきた人たち...
車の名義貸しにも損害賠償責任
時事トピック
「車の名義貸し“事故時に賠償責任負う”最高裁判断」(2018年12月17日日本経済新聞) 自動車の名義貸しに関わる賠償責任について争われた訴...
精神疾患で労災認定
時事トピック
「48日間連続勤務、40代男性塾教室長が精神疾患で労災認定」(2018年11月27日産経新聞) 学習塾の40代の男性教室長が48日間連続勤務...
交通事故の被害に遭ったら
未分類
今回は、交通事故の被害に遭った時のことをお話します。 交通事故の被害に遭うと、加害者が任意保険に入っている場合には、保険会社が出てきて、治療...
反論せずに反論する方法
交渉
交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。 反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。 結果、話し合いが完全...