敵

三方原の戦いをご存じですか?

徳川家康が、武田信玄にケチョンケチョンに敗北した戦いです。

1572年です。

徳川家康最大の敗北、とも言われていますね。
この戦いの後、武田信玄が追撃を加えていたら、江戸幕府は成立していなかったかもしれません。

しかし、武田信玄は、追撃を加えませんでした。
この戦いの数ヶ月後、この世を去っています。

徳川家康は、この信玄死亡のニュースを聞き、皆喜んだと言います。
しかし、家康は、家臣を諫めてこう言います。

「信玄のような武勇の大将は、古今まれである。 自分は若いころから彼を見習いたいと思っていた。信玄こそ、われらにとって、武略の師であるといってよい。隣国に強敵があるのは幸いである。

なぜなら、こちらは油断怠りなく励みまたかりそめの仕置きにも心を遣うゆえに、政治も正しくなり、家も整う。

もし、隣国に強敵がなかったら、味方は武力のたしなみ薄く上下ともに己を高く思って恥恐れる心を持たぬため、だんだん弱くなるものである。信玄のような敵将の死を味方が喜ぶ理はない」

私たちは、ライバルや敵対している人、他人の不幸を知って、心密かに喜んでしまうことがあります。

ビジネスが有利になる、ということもあるかもしれませんが、その他にも、他人の不幸と比較することによって、自分の自尊心を満足させる、という面もありますね。

でも、もし、自分に向上心があるなら、もし、どんな人からでも学ぼう、という姿勢でいるなら、この家康のように、考えることができるかもしれません。

ちなみに、私は、弁護士になって初めて就職した法律事務所では、ボスが全く弁護技術を教えてくれませんでした。

そのため、先輩達からご指導をいただきました。
しかし、一番勉強になったのは、相手方の弁護士でした。

手痛くやられた時は、その方法論を学びました。

相手方の弁護士と戦いながら、常に観察し、腕のいい弁護士の場合には、その技術を盗み取ろうと努力しました。

その後20年以上が経ち、今の私のやり方を作っています。

ライバルから学び、敵対者から学び、あらゆる他人から学ぶことができれば、私たちは、ずっと成長してゆくことができるでしょう。

「我以外、皆我が師」(作家:吉川英治)

【編集後記】

先週は、不動産投資家向けセミナー講師を務めました。
不動産に投資し、運用するには、様々な法律問題がありますね。

このメルマガを見て参加していただいた方もいらっしゃいます。
ありがとうございました!

今週は、母校明治大学のあるゼミに特別講師として呼ばれています。
学生に有益な話ができるといいのですが・・・。

今、何を話そうか、鋭意検討中です。

今週も、仕事を頑張ります!
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

ライバルの関連記事
  • ライバルの存在・・
  • 敵滅んで喜ぶか?
おすすめの記事
公平にしないと・・・
交渉
弁護士は、様々な法的な問題について依頼を受けますが、その一つに、離婚問題があります。 弁護士に相談に来るケースでは、相当に話がもつれている案...
なりたい自分になるには?
マインド
ビジネスの世界でよく使われる格言に「立場が人を作る」という言葉があります。 たとえば、こんなケースです。 今までは若干頼りないところがあった...
酔って死亡の客を路上に放置
時事トピック
「酔って死亡の客を路上に放置容疑 キャバクラ店長ら逮捕」 (2019年2月21日 朝日新聞) 警視庁は、酒に酔って死亡したキャバクラ店の客の...
教えることの効用
心構え
ビジネスである程度経験を積み、スキルを身に付けると、職場で部下に指導するといった「教える」機会が増えます。 私も、職場ではもちろん、セミナー...
本番に強くなる方法とは?
マインド
世の中には「ここぞ」という場面で自分の力を100%出し切れる「本番に強い」と言われる人がいます。 逆に、本番になると緊張してしまい、本来の力...
勤務間インターバル制度
時事トピック
「勤務間休息は「8~12時間」に厚労省検討委が報告書」(2018年12月5日朝日新聞) 厚生労働省の有識者検討会は、仕事を終えてから次に働き...
人を動かす4つの質問力
話し方
私は質問力の本を何冊か、書いています。 なぜ、質問に力があるのでしょうか。 今回、そのことについて説明をしたいと思います。 なぜ質問が人を動...