感謝

人や物事に感謝できる人は、「自己肯定感」の高い人です。

たとえどんなことがあろうと、どんな状態であろうと、
 
「自分は生きるに値する人間だ」
「自分は愛されている」

と感じている人は、ちょっとやそっとで心は折れません。

子どもは親から無条件に愛されていることを感じると
心が強くなります。

失敗しても、傷ついても、
またやり直すことができます。 

大人もそうです。

自分が愛されていることを感じている人は、
心が強くなります。

倒れても、すぐに立ち上がり、
傷ついても、回復が早いのです。

あなたもそうです。

あなたも愛されていると感じるほどに
心が強くなります。

赤ちゃんの頃の自分を想像してみてください。

あなたも愛を受けて育まれてきました。

だれかの愛なくては、育つことはできませんでした。

これまでの自分を思い浮かべてみてください。

あなたも愛を受けて生きてきました。

だれかの愛なくては、生きてこれませんでした

そして、いまも

太陽の光のように愛が注がれています。

あふれるほどの愛が、

人に与えても尽きることのない愛が、

あなたの中にあります。

私たちは、一人ひとり、そんな価値ある存在なのです。

きっとよくなるヒント

私たちは、一人ひとり価値ある存在。

[br num=”1″]

『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』好評発売中
http://www.t-nakai.com/seibi.html

Facebook「友だちに伝えたい心得」の「いいね」が、11500人。(感謝です)
http://www.facebook.com/kokoroe90

編集後記

真面目だけど、傷つきやすい女の子が伸びていくためには、
「自己肯定感」は重要な心の要素です。

子どもの「自己肯定感」を高めてあげられるのは、親と教師だけ。

4月に発行する家庭教育書の見本サンプルがご覧いただけます。
http://www.t-nakai.com/gakken0401.html

                            

読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんありますように。

Vol.935

人間関係の関連記事
  • 『ぐりとぐら』に学ぶ
  • 人と自分は違って当たり前
  • 笑顔がうれしい
  • 生まれてきたことを肯定する 続き
  • 生まれてきたことを肯定する
  • 一秒で幸せになれる言葉
おすすめの記事
交渉の権限はどこまでか?
交渉
今回は、交渉における決定権限についてお話します。 交渉の場で、頻繁に使われる「常套句」といえるものがあります。 よく使われる言葉は、使われる...
一秒で幸せになれる言葉
人間関係
すきならすきと、いってやればよかったのに、 だれもいってやらなかった。 いわなくてもわかるとおもっていたんだね。 『ずーっと、ずっと、だいす...
反論せずに反論する方法
交渉
交渉やセールスにおいて、非常に難しいのが、相手に「反論」をすること。 反論は、双方の価値観が正面からぶつかり合う場面。 結果、話し合いが完全...
心身ともに元気で
仕事
「願いはするが無理はしない。努力はしても天命に従う。 これが疲れないこつである。」 松下幸之助 現代では、「うつ病」や「うつ状態」の人が多く...
ウサギとカメの真実
心構え
今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。 ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話...
人と自分は違って当たり前
人間関係
人と比べられる子どもは自分を好きになれません。 自分のやることに自信がもてず、いつも劣等感を抱いて、 どうせ自分はダメなんだと思ってしまいま...
直感の重要性
マインド
今回取り上げるのは、俳優としてのみならず、武道家・格闘家、思想家として、死後40年を過ぎても衰えぬ影響力を持つブルース・リー。 彼の代表作『...
winwinの弊害?
交渉
私が交渉に関する書籍などで繰り返し書いていることで、私の「交渉論」の根本に流れる思想があります。 それは「交渉は勝ち負けではない」ということ...