説得

交渉は、利害が対立する人同士が、それぞれの主張を通すために行うものです。

そのため、交渉の経験があまりない人は、当事者同士で激しい言葉の応酬、言い争いがあると思われていることが多いようです。

しかし、私たち弁護士が、そのように激しく言い争うことは多くありません。
もちろん、そのようなケースもあるのですが、数としては少ないと言えるでしょう。

なぜかというと、交渉において激しい言葉の応酬をする必要がないためです。

交渉というのは、まとまらなければ意味がありません。

交渉がまとまる、というのは、双方が合意をする、ということであり、それはケンカのように、一方が勝ち、他方が敗れ去る、というものではないのです。

無用な衝突があれば、まとまるものもまとまらなくなりますので、交渉はなるべく優しい言葉で説得するのが理想的な展開です。

では、優しい言葉で説得するにはどうすればよいのでしょうか。

交渉の基本は「人」と「問題」を分離することです。

交渉が感情のぶつかり合いになるケースでは

「何だその言い方は」
「失礼じゃないか」

といった、交渉の直接的なテーマには関係がない部分が原因であることが多いのです。

相手を感情的にしないためには「人格」に言及しないことが大切です。
たいがい、交渉のテーマとなっていることは、人生においてたいして大きいものではないものです。

自分の価値観、生き方、家族等々、もっと他に大事にするものがあります。
そこには交渉の場では一切触れず、テーマのみに対象を絞ります。

そして、優しい言葉で説得する前提は、こちらの主張に聞き耳を持ってもらうこと。

どうすれば、相手は、私たちの話を聞いてくれるでしょうか?

そのためには、まず相手が言いたいことをすべて言い切った状態にすることが重要です。

これはいわば、優しく、言葉で説得するために必要な土壌づくりです。
おだやな表情で、全部話を聞く姿勢を見せ、相手の言葉に相槌を打ちながら耳を傾けます。

途中で自分の意見と違う部分も当然出てくるでしょうが、すぐには反論しません。
相手が言いたいことを全て言い終わったら、そこからゆっくりと

「それでは、私の話も聞いていただけるでしょうか」

と話しだします。

そこでも、主張をまくしたてるのではなく、相手が理解していることを確認しながら進めていきます。

さらに口調を優しくするためには、質問形式で話すという方法があります。

「この点はどうお考えでしょうか」

といった質問をし、相手の答えを待ち、相手の意見を尊重する姿勢を見せれば、一方的な主張ではないということを示すことができます。

ただし、相手の言葉に聞く耳を持つことは重要ですが、対立する条件や事実関係には同意しないことも大切です。

あくまでも交渉は、「自分が最大限の利益を得る」ことが目的であって、相手の利益を満たしてあげることではありません。

そして、相手の有利になることをこちらから言わない、といった交渉の基本はしっかり押さえなくてはなりません。

自分の感情を抑え、相手の感情を無用に高ぶらせない、さらに、優しい口調の中に自分の意見を散りばめていくといった技術が必要であると思います。

「優しい言葉で相手を征服できないような人は、きついことばでも征服はできない」チェーホフ

【編集後記】

先週は、BSーTBSの「ニュースまるわかり」という番組に生出演し、法律解説をしました。

テレビに出ると、番組の裏側がわかって面白いですね。

生出演の場合、何を質問されるかわからないので、ドキドキ感がありますが、最近はあまり緊張もしなくなってきました。

緊張するような歳じゃない、ということでしょうか。
谷原誠47歳、まだまだ頑張ります。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
交渉の関連記事
  • 口べただから、うまくいく
  • なぜ順序を変えるだけでこんな結果に?
  • 簡単に説得力を増す方法
  • 説得の武器~好意
  • 心理を誘導する方法
  • 交渉の権限はどこまでか?
おすすめの記事
人と自分は違って当たり前
人間関係
人と比べられる子どもは自分を好きになれません。 自分のやることに自信がもてず、いつも劣等感を抱いて、 どうせ自分はダメなんだと思ってしまいま...
本を繰り返し読むと・・
マインド
ビジネスに限らず、人生において、良い本を読むことの重要性については、語り尽くされている感があります。 そして、良書は一度読むだけではなく、繰...
ウサギとカメの真実
心構え
今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。 ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
話し合いは短い方がいいか?
話し方
交渉は、数時間で合意に達することもあれば、長期にわたることがあります。 相続に関する交渉などは、数年にわたり話し合いを続けることも珍しいこと...
直感の重要性
マインド
今回取り上げるのは、俳優としてのみならず、武道家・格闘家、思想家として、死後40年を過ぎても衰えぬ影響力を持つブルース・リー。 彼の代表作『...
健康
こんにちは 管理栄養士の菊池真由子です。 まだまだ、インフルエンザが大流行。 しかも、インフルエンザから風邪に移行してしまう人が増え、 イン...
簡単に説得力を増す方法
交渉
相手に何かを依頼したい時に、「イエス」という答えを引き出す確率を高める方法があります。 といっても、言い方だとかのテクニックではありません。...