こんにちは 管理栄養士の菊池真由子です。

まだまだ、インフルエンザが大流行。
しかも、インフルエンザから風邪に移行してしまう人が増え、
インフルエンザにまだなっていない人にも
風邪にかかっている人が増えてきました。

インフルエンザから引き続いて風邪に

インフルエンザで落ちた免疫力は
風邪にかかりやすい状態でもあります。

冬特有の乾燥した空気になると、
インフルエンザの菌だけでなく
風邪の菌もウヨウヨ、数が増えてしまうのです。
寒いために、部屋の換気をしないのも原因の1つです。

インフルエンザを乗り越えた時には
体力が消耗していて免疫力が下がってます。
このため、いつもなら平気な風邪菌に
あっという間に支配されてしまうのです。

場合によると、免疫システムの崩れから
例年より花粉症の症状が重くなる場合もあります。

これ以上免疫力を下げないためには

前号では「免疫力を上げる」コツをご紹介しましたが、
「上げる」だけでなく「これ以上下げない」ことも重要です。

それには「免疫力を下げる原因」を作らないことです。
そのためには

1)充分な睡眠(睡眠不足にならない:7時間以上が目安)
2)栄養(特に深酒をしない)
3)ストレスを溜めない
4)喫煙しない
5)抗生物質の使用は医師と相談

これがポイントです。

また、肥満や運動不足も免疫力を下げます。
ダイエットは急に効果は出来ませんが、
運動はウォーキング程度で効果がでます。
(64歳までは1日60分、65歳からは40分)

1)~3)は日々の食事でかなり解消されます。

睡眠は夕食を食べ過ぎると、睡眠中に胃腸が酷使されるので
7~8割にセーブ。
しかも睡眠には身体の疲労回復効果だけでなく
ストレス解消効果もあるので、睡眠不足は大敵。

また、暑さ・寒さも身体にとってはストレス。

その日の気温や日中に長時間居る場所の室温にあわせて
服装を調節することも大事。
特にマフラーがおすすめ。
首回りを温かくしておくと、余分に1枚着込んだのと
同じ効果が得られます。
さらには寒い屋外から暖房の効いた室内に入ったときに
調節がしやすくなります。

落ちた免疫力を回復させる食事には肉・魚・卵

肉・魚・卵は優秀なタンパク質源です。
まずはシッカリタンパク質を食べて
免疫細胞を体内で増やしましょう。

同じタンパク質でも、大豆・大豆製品は
食欲や胃腸の調子が回復してからにします。
というのも、大豆や納豆は食物繊維が多すぎて
消化不良になりやすくなります。
風邪で胃腸が弱っている時には
避けておきましょう。

豆腐は水分が多くて、食べた量のわりに
タンパク質量は少なすぎるのです。

肉や魚、卵にはタンパク質だけでなく
身体の代謝をスムーズにする
ビタミン・ミネラル類も豊富。
これらの栄養成分は野菜だけではないのです。
特に肉や卵には疲労回復効果も期待できます。

免疫力が回復したと解る目安は便

免疫力は目に見えない力なので、
推測することしか出来ません。
そこで目安になるのが便です。

身体の免疫力の約7割を支えているのが腸。
腸の状態を知ることで免疫力がどの程度か
解ってきます。

理想は1~2日に1~2回の排便、
バナナ状、茶褐色~黄土色、
味噌ぐらいの柔らかさです。
粒状であれば、ストレス過多や便秘傾向があります。

実は、日頃から下痢・便秘を起こしやすい人は
免疫力が低めなのです。
(便秘と下痢を交互に起こす場合も同じ)

こうなっていると、風邪だけでなく
食中毒にもなりやすいような免疫力。
つまり免疫力は黄色信号なのです。

食事がいつも通りに食べられるようになれば、
コンニャクや根菜類、海藻類などを食べるのがお薦め。
納豆のネバネバも腸の善玉菌を活性化してくれます。
どれも低カロリーなので、免疫力をさげる「肥満」対策にも
うってつけです。

編集後記

我が家では3人全員インフルエンザの
予防接種をしました。
しかし、どうやら娘が学校で感染してきたようでダウン。
入れ違いで主人がインフルエンザ。
すると順番としては私かな?と予想していたのですが、
ひとりピンピンしています。

色々原因を考えたのですが、
「自律神経訓練法」を実践しているからかも?と
思いつきました。

お風呂タイムの終わりに、ふくらはぎに冷水をかけ、
次に温水をかける、その繰り返しを3~5セット。
温水をかけているときには、ふくらはぎを良くこする、
という単純なものです。

1)温冷を交互に刺激する
2)良くこする(乾布摩擦のイメージ)

この2つで自律神経はかなり鍛えられます。
自律神経がシッカリしていると
免疫力が上がりやすく、花粉症対策にもなります。

これをやっているのは我が家で私だけ。

慣れないうちは冷水をかけたときに
心臓が縮み上がるので「足の暖かみが消えるぐらい」から
始めてみてください。

健康の関連記事
  • 食べ方次第で宅配ピザが!?
  • 女性ホルモンの分泌を多くするには
  • ひざにはグルコサミン?健康には青汁?  健康食品の効果はいかに
  • 下がった免疫力を上げるには?
  • ドライアイとドライマウス~乾燥するのは肌だけじゃない!  
おすすめの記事
我慢が忍耐力を低下させる
心構え
今回も時間の有効な使い方について解説します。 忍耐力についての面白い実験があります。 フロリダ州立大学のバウマイスター教授の意志力・忍耐力の...
「結論から話せ」は正しいか?
話し方
「話し方」の書籍などを読むと、人を説得したり、わかりやすく話したりするためのテクニックが書いてあります。 話し方の本は、様々な分野で活躍して...
マインド
資格取得、英語の習得、あるいはダイエット、筋トレ等々、人は様々な目標を持ち、そのための行動を始めます。 そして、その多くは挫折します。 この...
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...
減量終わりました
成功体験
先週まで減量をしていました。 半年で約13キロの減量でした。 減量方法は、「食事」と「運動」です。 減量方針としては、 ●仕事に支障がないよ...
目標設定における期限
マインド
仕事などで、目標を立てるとき、数値など明確な指標により設定することのほかに、「○年で」「○歳までに」といった年限を切ることが勧められます。 ...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...